ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

春の庭仕事

3月から土日の午前中とかを利用して少しずつ庭仕事。その一つの成果がこれ。
f0115851_15575412.jpg
多すぎるカシの木を切った後の木材を組み合わせてハンギングバスケットを吊る。防腐処理とかしてないから、何年も持たないだろうけど、花期の長い這性のアイビーゼラニウムとか、吊り鉢にあいそうなものをぶら下げる。まだ花芽が開花してないのでちょっと色がさみしいけど、しばらくすると色々咲いてくれるはず。

一年、色々植えてみて、草花の育て方みたいなのも何となくわかったような。今年は、またちょっと違った、だけどてのかからない庭作りをしていくつもり。

さて、表庭の様子はというと。
f0115851_1624893.jpg
植えたときはこんな感じだった花壇も、
f0115851_1631127.jpg
花で溢れかえるように。植えつけるときは、株間とか空けたつもりでいても、予想以上に広がってしまう。特に右上の白ビオラの勢いが強い。そしてプリムラマラコイデス。後ろのストックを隠すほどに成長。まさかここまで大きくなるとは。チューリップもようやく咲いてきて、しっかり存在をアピール。

11月上旬に植えつけて、丸々5ヶ月花が咲き続けた。もう一月もすると早春の花は終わりだとおもうので、これが最盛期ということになるのかも。

f0115851_1661111.jpg
多肉も表に出す。急な環境の変化に加えて植え替えとかしたので、ちょっと傷んだりした奴もあるけど、だいぶ増えたね。

f0115851_167739.jpg
これはサフィニア。このサフィニアは昨年の初夏にご近所さんからいただいたもの。
f0115851_1691910.jpg
こんな感じの大苗が、ぐんぐん生長して、20日たらずで
f0115851_169745.jpg
紫の大きな玉に。玄関前の門柱にのっけて、道行く人の目を引いていた。切り戻しとかしなかったので、夏の終わりにはかなりだらしない姿になって、秋ばっさり剪定して、忙しくて特に植え替えとかせずにいてほったらかしていたら、茎から芽がたくさん出て成長し、冬を越して、上の写真のように新芽が一杯になった。

この時期に出回るサフィニアの苗はまだ小さいものばかり。ここまで大きいのが4月から咲いていたら結構珍しいかも。
[PR]
by river_paddling | 2009-04-11 16:15 | 庭弄り