ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

みかん狩り

付属農場のみかん狩りの案内が来たので、外国人研究生の思い出づくりを兼ねて研究室有志で出かけました。

場所は、大学から車で30分程度、受付をしてミカン山へ5分ほど歩いて、後は食べ放題の籠一つ分のお持ち帰り。日本のみかんは外国人にも口に合うようで、オレンジよりおいしいと。英語にしたら日本のみかんもオレンジなんでわかりにくいですが、外皮を手でむけて、内皮はそのまま食べられて、甘さとちょっとした酸味。日本の食卓で愛されてきた味です。

他のお客さんは子連れが多く、しかも大学内で見かけた人がちらほら。教職員の福利厚生の一環?のようにも感じられますが、学生ばっかの若者集団はうちだけだったかも。うちも、外国人研究生という名目が無かったら多分来なかったでしょうから。

学生には、おじいちゃんのみかん畑で収穫手伝ってるなんてのもいるので、それほど物珍しさも無いようですが、私にとってもみかん狩りは多分初体験。みかんがたわわになっている木を楽しみながら、どこら辺の実がおいしいのか、などとワイワイしながら摘みたてのおいしさを楽しんで、小一時間でおなかいっぱいになって、籠いっぱいのおみやげも摘んできて、帰りはレストランでランチをとって、大学へ。

インフルにも負けず、無事学祭をやっていました。うちの研究室はメインの会場から外れているので、余り祭りの雰囲気は感じませんが、外国人研究生は他の留学生がやってる異文化交流なんたらへ、学生も模擬店冷やかし等々に散っていき、午後は静かな休日の仕事となったのでした。

そのうち写真でも。
[PR]
by river_paddling | 2009-11-15 15:25 | 大学での事