ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

就職活動と論文

投稿準備論文執筆の最終段階と、修正論文の再投稿と、採択論文のゲラチェックが同時にやってきました。これに、なぜか立て続けにやってくる論文審査に、教育コーディネータ関連の仕事があって、ちょっとした仕事の山でやられそうです。それでも、今の年齢で研究から引退はできませんからね。

今書いてる論文をまとめたら、別のM1の仕事もB4の仕事と合わせ技でボチボチまとめ頃。これらをやっつけたら、前任地の未処理の成果もどんどん論文にしていかないと。前任地でもっともアクティブに成果の出ていた学生たちの結果が異動にからむ忙しさで、ほとんど手つかず残ってる。論文にしないと、世間的には無かったことにされてしまう。パテント出してるから、どこぞの外国にそっくりぱくられる危険性もある。学生の努力を無駄にはできないからね。



さて、就職活動をしてるM1から、○○化学のリクナビページに卒業生の声があったと。どれどれ、と活動ページを見せてもらうと、確かに見覚えのある顔が。そっかー、数年たって会社でも信頼されて採用の顔になったかー、なんて思って、数えてみると卒業して約一年だった。

振り返るに、今年一年は、例年以上に、あっという間に過ぎ、だけど、つい去年のことが遥か昔のように。きっと充実していたんだ。そうに違いない。



…そう思わないとやってられない。

振り返ってみて、前任地の研究室指導学生の年次進行、もうだいぶ忘れていました。現任地は今年で4期生の卒業、まだ、年次の順と顔と名前、一致してるけど、そのうち忘れていくのかなあ。
[PR]
by river_paddling | 2010-03-03 18:25 | 大学での事