ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

桜の木の下

我が家の裏は地域の公共の土地があって、コンクリートのよう壁上のコンクリートのテラスと排水溝、細い土の露出した部分。桜の木が植えてあって、ある意味、裏庭ってことになるのだけど、桜って開花時はきれいでも、昼間家にいないし、夜桜見るには寒いし、すぐに散ってしまう。フェンスの向こうで手入れも行き届かず、結局雑草生え放題。

一年目の春はとりあえず、出入りが楽なようにフェンスを取っ払って、降りる段を作り、ヒマワリを植えた。
f0115851_16524460.jpg

排水溝があって殺風景。肥料不足もあって?、害虫の影響も受けて立派とまではいかなくてもそれなりに開花を楽しめた。
f0115851_16402275.jpg

しかし、土は痩せてるし、かたいし、排水溝のおかげで細長く、また排水溝に向かって傾斜してもいる。コスモスの種をまいたら全部水やりの際に流れたらしく、まったく芽が出ず。

で、改造第一弾は、ブロックで排水溝を覆っての、雑草生え放題の隙間の地面の花壇化。ヒマワリの後キバナコスモスを植えた秋の風景。
f0115851_1643225.jpg


さらに、降り口の手前と向こうで雰囲気を変えてみた。桜の咲いてる頃の写真。これは二年目の春。
f0115851_16472051.jpg
手前は花壇として新しい土を入れるのでブロックを土止めにした。奥はカラープレートで溝をふさいで、色のアクセントをつけた。当初この部分何を植えるか悩んだけど、やはり日蔭はシェードガーデン、ということで雑草を抜いて、レンガで土止めを並べて日陰に合う植物を植えたのが、三年目の現在。
f0115851_16562769.jpg
手前の白はスィートアリッサム。昨年まいた種から育った苗からのこぼれダネ。日当たりが悪いのと栄養不足のせいか、それとも手入れが悪いからか、分枝も少なくひょろ長くアップするには不格好すぎるけど、とりあえず咲いている。

クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)もほとんど分枝もせずにパラパラと咲いている。

当初イネ科の雑草と思っていたのはどうやらユリらしい。というのに昨年気付いた。一年目一生懸命抜いていたけど根が深く球根なので、頭の草しか毟れない。二年目管理をほったらかしたら大きく伸びて何だろうと思ってるうちに、ユリが咲いた。その種が落ちたのか、今年はユリの芽が多く出てる。

挿し木で根付いたアベリアの斑入り品種と日陰でもひと夏咲いてくれるはずのインパチェンス。それにギボウシやらツルニチニチソウの苗をせっせと植えて、サニー花壇で芽吹いてるキバナコスモスの芽をこっちに移植。どんなガーデンになるのやら?
[PR]
by river_paddling | 2010-05-03 17:05 | 庭弄り