ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

出張講義@宇和島

宇和島にある高校(正確にはちょっと違うのだけれど)に出張講義に行った。数年前から出張講義担当要員として登録されていたのだけれど、毎年、出講の打診があるたびに、学会その他の出張と重なっていたり、その他もろもろで御断りをしていた。今回も研究室のセミナーと日程が重なっていたのだけれど、第一希望になっていたのと、これ以上断り続けても申し訳ないと思い、引き受けることにした。

時間は、休憩挟んで90分。日ごろの一コマ分の長さなのである意味やりやすい。しかし、忙しい日が続いて、講義準備をする間もなく前日の夕方になった。まあ、共通教育や非常勤講義、教員免許更新講習でやった内容と同じなので、直前の準備でも何とかなるさとたかをくくっていたというのもある。更新講習の内容を適当にアレンジしたけれど、出張の電車の中で残りは対応することにした。

朝9時発の電車で宇和島へ、と思ったら正確には電車じゃないらしい。1時間半の間に、資料の並べ替えや修正をして、ふと、高校生はppmという単位は習っているのだろう?、「死」を具体的に扱うことについて教育現場における問題はあるのだろうか?、などの疑問が浮かんだ。ニュースで授業中の教諭の不注意な話題提供がメディアで話題になる世の中だし。しかし、食の安全に死の話は不可欠。

結局、講義に入る前に高校の先生に確認を取ることにした。ちなみに、資料調整をしながら、車窓の風景も楽しんでみた。海をきれいに見下ろせる場所があったけど、どこらへんだったかは、よく覚えていない。宇和島駅で出迎えの先生の車で高校へ。

複数の大学から出張講義にきているようで、他大学の先生とも軽く挨拶など。

講義は受講者50名ちょっと。教室が満員。講義開始に際しては、起立・礼、などがあったり、変なところが妙に新鮮だった。理系のクラスだったので、女子生徒はわずかで男子生徒がほとんど。まあ、みんなまじめに聞いていた。大学の講義で、共通教育当たりになると、結構の学生が寝てるから、これも新鮮だった。

90分好きに話して、生徒さんの簡単な感想をgetして終了。教育学部の先生と一緒だったので、帰りコンビニで弁当を一緒に買って列車に。ビールも買ったら食事後眠くなって松山に戻ったら、3時過ぎ。もうぐったりして仕事をする気がなくなった。半日仕事と思った出張だけど、往復も含めるとたっぷり一日仕事になった。

来年度も、登録要因になるよう依頼が来ている。年に一回くらいなら、まあ、やっても新鮮で面白いかもしれない。それでも近い高校でやる方がいいかな。移動が楽だし。
[PR]
by river_paddling | 2010-12-11 16:56 | 出張