ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

ぼけませんべい 2007/1/27

2ヶ月近く何もせず、2月のスケジュールは絶望的。この季節に一人で川に行くのも寒いし、四万十川は渇水のようだし、週末はスキーにでも、・・・と思っていたら、ボケへのお誘い。ありがたく参加させていただきました。

今回はOさんが、急遽不参加、12/2ご一緒のSさんとYさんの3名で出発、大歩危を目指します。8時過ぎに出発して出艇地の豊永の河原に着くのが10時過ぎ。着替えて車の回送の間河原を散歩したり、新鋭の艇と自艇の比較をするため、並べて観察したり。

11時過ぎ回送組が帰ってきて出艇。相変わらず水はキンキンに冷えます。ロールをするとキーンときます。ウォーミングアップをしてスタート。水量は前回と同じかやや大目。今回は前回より全長の短い艇を持ち出しましたが、それほど違和感なく漕げました。しかし、2ヶ月も何もしていないと体力が落ちていて、息が上がり、同行の年配パドラーが元気に瀬に突入して遊んでいる間エディーで休憩。

大歩危も二度目となると流れになれて、大分リラックスして川下り。三段や国境の瀬もルートを覚えていたので偵察無しで下りました。
f0115851_14302517.jpg
これが国境の瀬の入り口。一段目、右岸側から入って矢印の岩の右(川下を向いて)を抜けて中央の流れに乗って二段目の落ち込みを下るのがメインルート。

1時過ぎ、国境の瀬で昼食。今回はSさんがバーナーを持ち込んで川の水をすくってお湯をわかし、カップラーメンをいただきました。冷えた体が一気に暖まり。

午後は、たんたんと漕ぎ進み、3時過ぎにゴール。ゴール後の艇の担ぎ上げは急な階段をひたすら登るので疲れた体にはかなりしんどいのです。
f0115851_1438960.jpg
吉野川は深い谷を流れていますので。これはゴールの石段から見下ろした吉野川。

15時半過ぎ艇を積んで出発松山帰着17時半ころ。
料金は3人の割り勘で3000円でした。

そうそう、帰りは学生へのお土産にタイトルの名前のお煎餅を買って帰りました。お味の方はどうやら?
[PR]
by river_paddling | 2007-01-28 14:42 | 川遊び