ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

四万十 2007/3/31

出張、引越(自宅じゃなくて研究室の方ね)のドタバタも一段落、四万十川の水量を見ると結構の水位。土曜日に行ってみることにしました。

天気は曇り空でしたが、三島は菜の花に加えて桜も咲いて、春を思わせます。
f0115851_1382766.jpg
四万十川の風物詩ともいえる沈下橋を背景に。

漕ぎ始めると、水もそれ程冷たくなく、雪解け水を漕いでいた由良川や長良川、関東を思うと恵まれた環境ですが、今日も漕いでいたのは私一人。四国のカヌー人口は意外と少な目のよう?。それともまだ冬眠中で始動してないのか?

水位はスタート時80cmゴール時82cm。今までの三島~昭和で一番の水位です。ここまで水位が上がると三島の三段の瀬も流れが強くなってきています。一段目の波にサーフィン・・・と思ってふと我に返ると、結構危険なことやってるなあーと。強く速い流れが連続しますから一人遊びで脱すると、かなり流されるし、流されてる間に岩に当たって怪我する可能性もあるわけで。一段目や二段目で一人遊びは少しリスクを感じ始め、そうすると漕ぎにもマイナス心理が表れて。

ということで、下流の心配の少ない三島の三段目でサーフィンに明け暮れ、大材の瀬の波でサーフィンに明け暮れ、3時間ほど濃いできました。

f0115851_13195634.jpg
大材の瀬のサーフィンウェーブ。向かって右の波は結構しっかりしていてその気になればいつまでもサーフィン可能。左の波はこの水量だと崩れかけ、艇速の遅いフネだと乗り切れないかも。

f0115851_13235623.jpg
カートップした現在の愛艇。98年購入だったかな?もう8年以上も前の艇ですね。全長2.2m程度。現在のプレイボートの主流は2mを切ってますのでやはり長め。またコクピットまわりにボリュームを集中させる現在のデザインとは大分違います。
[PR]
by river_paddling | 2007-04-01 13:26 | 川遊び