ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

出張講義

昨年度、「river_paddlingさん、来年度の高校の出張講義、退官の○○先生の代わりにお願いできないかな」、「謹んでやらせていただきます」なんてやり取りがあって、学部の出張講義教員のリストの中に私の名前も入っているわけです。「うーん、僕は一昨年一回、昨年はゼロだったしあまり要望がないみたいだね」見たいな話もあったので一年目は色々講義準備も大変だし開店休業をもくろんでいたのですが、ここに来てから、何故か入る、直接指名。

御指名を頂いたら、忙しいので結構大変なのですが、それはそれとして、有難く引受させていただく所存ですが、・・・出張講義の開講は8月中としたのに、何故か9月とかに指名が入るし。おまけに指名が入った日にちはピンポイントでこちらの予定とかぶってる。

数週間前、「○○の資格とってもらえませんか?」、「謹んでやらせていただきます」なんてやり取りがあって、その試験の日にピンポイントでご指名が入ったり、学会で依頼講演を受けたその日に指名が入ったり。あまり断ってばかりだと、事務の心象も悪くなるだろうから、まずいんだけどなあ。今年はそれほど学外の予定が無いはずなのに、何故出張講義の日程がここまで予定と重なるんだろう?

とりあえず、
トルマリン 似せ科学
ゲルマニウム 似せ科学
マイナスイオン 似せ科学
みたいな感じでやって、
「ありがとうというとキレイな結晶を作る水」 デタラメ
あたりに止めを刺しつつ、といった感じを予定。

納豆ダイエットを例にテレビの流す情報が商売と直結し、真偽の確認もなしに垂れ流される、そういった話題とか。先日、川での会話「○○ゼリーでミネラル補給!」「ミネラルって?」「銅、亜鉛、云々」「それって劇物だし、環境排水基準決まってるし」なんて話題も含めて。

食塩あたりだと、過ぎたるは及ばざるが如しを理解でき、過剰摂取も摂取不足も体に悪いということをあたりまえに理解できる人も、初めて聞く単語には○か×かという考え方に毒されている、そういった現状認識は科学リテラシーの入り口として、文系の子にも聞いて欲しい内容ではあるのだけど。
[PR]
by river_paddling | 2007-06-28 18:48 | 大学での事