ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

安易に引き受けていると・・・

「研究費の成果発表があります。日程を空けといてください。」ラジャー
「学会で依頼講演をおねがいしたいのですが。」ラジャー
「院生向けのセミナーで講師お願いできるかなあ」ラジャー
「大学の講演会でぜひ講演を」ラジャー

などと引き受けていると、気が付くと一ヶ月の間に講演が4回。

10/15 これは学内の講演会だから出張とかもそれほど気にせず、だけど専門バラバラの院生向けだから資料は作り直さないと。ついでだから研究室の学生も引き連れて聞かせるようにするか。夕方の講演だからバイト禁止令を出しておかないと。
10/31 研究費の成果報告会。継続の可能性がゼロじゃないので、こりゃ手を抜けません。何とか高評価を得るべく工夫が必要。
11/11 学会の依頼講演。いつもとは依頼の内容が違うので資料作りが大変。
11/16 3っつテーマを出して相手に希望を聞いたところ、以前やった公演内容をほぼそのまま流用できる内容でセーフ。しかし、松山から九州って距離的には近いけど、時間的距離は結構あるよね。

救いは休講無しで全部対応できるということか。研究室空けるのもミニマムで済むので、卒研本番の学生の仕事もそれほど影響でなくて済むでしょう。

でも、この合間に科研費申請と、化学実験Iの担当がある。
無機化学IIが、当面、3年生や院生向けの講義の内容の流用でそれ程、準備に時間を取られないのが救いだけど、別に一件内緒のプロジェクトがあるので、当分土日もなさそう。
[PR]
by river_paddling | 2007-10-08 20:10 | 大学での事