ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

庭弄り

金土と出張で佐賀へ。日曜日は引越の残り物片付けと庭弄り。郊外岡の上の住宅地でそれなりの庭があり。森となってる一角は流石に手の付けようがないけれど、隣家との境の隙間とかの雑草をいつまでも放置するわけにもいかず。おまけに、桜並木の枯葉が庭に舞い落ちて堆積してる。というわけで、草むしりに、伸び放題の木々の枝の剪定に、落ち葉拾いで気が付くと夕方。

いい気分転換にはなるかもしれない?

とはいえ、草木とか何も知らない。とりあえず、木に分類できるもの以外は、雑草なのか植えた植物なのか全く区別がつかず、一通り全てむしりとることになりました。前オーナー、木の植え方とか結構センスあるし、内装や家具類もセンスある人だったので、わざわざ植えた草花もあったかもしれないとは思いつつ。さすがにガーデニングの勉強をする時間は取れそうに無いし。

そのうち、車庫の拡張がらみで庭の手入れをどこぞのプロにお願いして、庭木についても色々と聞いてみたいと思う秋の日でした。ってか、秋というには寒すぎる週末だったし。標高が少し町から高いのと、一軒家なのと、部屋が広いのとで、夜の冷え込みは結構きてます。これから先、冬が思いやられます。

ところで、金土の佐賀出張はなかなか興味深い体験も。
今回は、10代からの付き合いの方で佐賀大で教授になった外国籍の方に呼んでいただいての講演会。この方、かなり顔が広く、また日本国内に加え、祖国でのネットワークも幅広く、というわけで、たまたまそういった関係者ともお会いする機会となり。40代前半で事業を一から立ち上げ、数千人の従業員を抱える社長さん、うーーーん。私の知り合ったはじめてのVIPかもしれない?会話の意思疎通ができないのが難。

土曜日は、研究打ち合わせに加え、産廃処理事業者の事業所見学が予定に加わり。最終処分場とか、分別施設とか色々と見せていただき。来年は環境系の講義担当があるので、こういった実地を見せていただけるのは何かと参考になりました。

まあ、産廃事業者も、違法な投棄して計画倒産してドロンの会社もあれば、ちゃんとした、いつでも見学OKの会社もあり。処分場建設反対なんてニュースが多い中、産廃処分場でも、地元に受け入れられて設置してる会社もある。コストアップもあるだろうけど、一貫したポリシーにいたく感動したのでした。

・・・しかし、ここの社長さん元気すぎ。お年は70を越えて、野球の朝錬をやって、朝礼やって、年を全然感じさせません。66の時はシニアの陸上競技で100m12秒台で走ったそうな。
[PR]
by river_paddling | 2007-11-20 19:18 | 庭弄り