ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

山陰旅行・帰りの道中

金曜日、パインなんとかスキー場で滑って、温泉で一泊。
土曜日、日本海の観光などやって、須佐のホルンフェルス断崖で日本海の荒波を堪能して、帰りは津和野経由。天気は晴れたり曇ったり。ざっと観光などして津和野を出る時はいい感じの冬枯れの街並み。
f0115851_19474084.jpg
ちょうど西日が差し込んで暖かな光に包まれています。で、帰りは六日市から中国道→広島→山陽道→しまなみ海道を予定。

六日市までの下道は順調に走って、さて高速に乗ってしばらく、県境にさしかかることに舞い散り始める雪。
f0115851_19491783.jpg
写真にして解像度落とすと雰囲気出ませんが、車の走る速度もあって車窓は吹雪の様相。いよいよ西高東低で雪が来ましたね。などとのんきに構えて、積もると大変なので速く走りたいが、あっという間に
f0115851_1950819.jpg
追い越し車線の方はすぐにでも雪が積もりそう。走行車線もタイヤの後を除くと積もってきてるし。

一応スタッドレスなので、高速でタイヤ規制がかかっても平気だが、こうなってくるとスピード出せないし、でも遅くなって雪がどんどん積もって通行止めになって下道に回されたら最悪。雪はどんどん激しさを増し、ガスで視界も途切れがち。

f0115851_19521773.jpg
気が付けばこんな状態。まあ、前後に車がほとんど無かったので、それ程気を使わずに運転できたけど、時々路肩に止まってチェーン巻いてる車があって、注意しないと人を跳ねそうになる。高速の路肩で、横を雪道でスピードをおとしてるとはいえ、それなりの速度で通過する車が通る中、タイヤの横に座ってチェーンをつける。あんまり嬉しい作業じゃないですね。タイヤからの雪はねで衣服もびしょびしょになるだろうし。

まあ、降り始めの雪は気まぐれで、積もってるところがあったと思えば、数分後には路面の雪が無くなってたりもして。それでも広島市内間近でも雪は降っており。山陽道でも雪の中の走行とあいなりました。

帰りのしまなみ海道は強風で結構あおられながら、なんとか無事に松山帰着。



24日は想像以上の強風になったようで、富山県では高波による防波堤の決壊が起こり、死者行方不明者もでたとか。のんきに荒天を期待、とか書いた記事、物好きでもなんでもやっぱり、観光客。地元の人たちにとっては冬の季節風による荒波は災害にもなる。浮かれ気分を少し反省しつつ。被災者の方々には謹んでお見舞い申し上げます。
[PR]
by river_paddling | 2008-02-25 20:05 | 山登り・旅行