ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

大谷温泉・かじか荘

山陰旅行+α。
泊まった宿は大谷温泉・かじか荘。山陰地方の山の中にある一件宿の温泉。山の中といっても、益田からすぐ近くで標高もそれほど高いわけではなく、雪もありませんでしたし国道から農村を通って、山の中に入っていくとすぐ温泉で、秘湯という感じでもなかったのですが、静かな雰囲気の谷間にありました。
f0115851_18152594.jpg
ちょっと古い建物で設備面でも最新のものを期待するわけにはいきませんが、場所柄こんな感じの建物の方が、雰囲気があっていいかも。

温泉は、大浴場のほかに濁り湯,治療湯と三種類あり、冷泉を沸かしているのですが、スキーで疲れた体にはなかなかいい感じ。平日だったので、独り占めできたのもgood。沸かし湯でも朝から利用できました。

従業員もなかなかいい感じの応対。食事もおいしくいただけました。
周囲の景色も四季折々楽しめそうだし、食事も旬の食材を使っている感じで、季節を変えて再訪したいと思える温泉でした。

益田で有名なのは、雪舟。雪舟庭園のあるお寺が二つ。
f0115851_1824266.jpg
こちらは医光寺の庭園。
f0115851_18245360.jpg
こちらは萬福寺の庭園。

ともに冬枯れで、写真ではあまりお目にかかれない風景。建物もかなり古いつくりで国の重要文化財などもあるようです。こういった観光地めぐりは最近とんとご無沙汰でしたが、海外旅行で名所旧跡めぐりをするようになって、国内のこういった場所も機会があれば今後も観光してもいいかなと、思うように。

帰り日本海を見た後は津和野を軽く見物。
f0115851_1828441.jpg
太鼓谷稲成神社。稲荷じゃないのがミソですが、赤い鳥居が連なる感じが川向こうから見えました。筋肉痛を押して昇り降り、結構しんどかった。
f0115851_1829391.jpg
津和野の町といえば古い町並み、白壁、なまこ壁、鯉の泳ぐ堀割。人力車も客待ち。さすがに有名観光地だけあって他の場所に比べると人は多いのですが、季節柄人ごみというほどでもなく。
f0115851_18325522.jpg
津和野といえば、明治初期のキリシタン弾圧。乙女峠のマリア聖堂は弾圧が行われた地にひっそりと立っています。峠といっても、山間の谷間が開けたところで、駅からだと踏み切りを周ってぐるっと歩く分時間がかかりますが、実際の山道はせいぜい5分程度の登り。

さすがにここまで来る観光客は少ないようで、静けさが周囲を支配していました。
[PR]
by river_paddling | 2008-02-29 18:36 | 山登り・旅行