ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

卒業生訪問

週末卒業生が大挙して遊びに来ました。

卒業生といっても、松山に移ってからの卒業生で社会に出ているのはまだ2名ですから、前任地での卒業生です。四国は初めてということでの観光ついで。道後温泉も楽しみだったらしい。

最初はちょっとよそよそしかったけど、研究室を見学して、自分の使ってた装置を懐かしげに触っていったり、使用法説明書や記録簿見て、自分の字だと騒いでいたり。気が付いたら学生時代と変らない賑やかさ。

一緒に夜の街に出て、アルコールが入って色々と近況なども話しつつ、聞いてもみる。研究開発職で働くのか、生産管理に近い仕事か、職場によって同じ企業とはいえ求められるものは全然違ってくる。

私も企業と一緒に仕事をしてきて、パテントならぬペテントなどという言葉を知ったりして、企業の研究事情というのもそれなりに知ってる。開発現場での、ペテントの実態はともかく、パテントでも、10個の測定から、トップ3を平均化して数値を出すという実態は、製品を出荷する部署の生産管理ではとても想像がつかないはず。生産管理では、チャンピョンデータがいくら良くても、結局平均がどこか、品質が安定しているかが問題になる。どちらも企業にとって営利を出すためには必要なことなのだが、入社して2年程度だと、自分の所属している部署以外でどういった文化で仕事がなされているのかは、なかなかわからない。

同窓生どうしの話でも、視野の広がる話も多かった模様。



とりあえず、年度末の試験関連行事は一通り終了。後は、合格判定会議があるのみ。今年は監督の当たり年だったなあ。

肩書きが変って、学内校務も一杯回ってきて、来年度はなんか、とっても忙しくなりそう。
学部長は、土日も休まず学務に奔走との話を聞き、まだ研究時間が取れるだけまし、と思ってしまったら、実はすでにマイナスのスパイラルに入っているのかもしれない。

全然関係ないけど海の写真
f0115851_18211169.jpg
山陰旅行の時の一こま。観光地でも何でも無いところだけど、いい雰囲気の海岸線が続いていました。
[PR]
by river_paddling | 2008-03-12 18:21 | 大学での事