ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

勧誘電話

異動して二年もたつとあちこちから勧誘電話がかかってきます。個人情報はある程度公表せねばならない職種なので、WEB情報を見ながらかけてくる奴もいるようで。

勧誘電話の撃退法は?
常に留守電にしておく、って先生いらっしゃいますね。要件を切り出された内容で出るかどうかを決めるらしい。もしくは「●●です。・・・・・・・・。ただいま留守にしております」の・・・・の間に喋る相手の声で、だれからかかってきたか見当つけるとか。

留守電設定できない電話だと? 忙しい時に電話にでて、それが勧誘電話だと本当に腹が立つのですが。まともな営業筋だと、個人情報の取り扱いについてチクリとやるだけで引き下がってくれるのだけど、話の通じない相手はどうする?

国民生活センターにはこんな警告まででているし。

マンションの悪質な勧誘販売が増加!
-恐怖を覚えるような強引、脅迫まがいの電話勧誘-
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20081009_1.html

うちにも来るけど、この手の手合いを相手にするのは時間の浪費。精神的にもよく無い。

毅然と断れとか何とかアドバイスがあるけど、それで通用する相手なら社会問題にもならないし、誰も苦労しないって。「非常に悪質な勧誘を受けた際、業者名、連絡先がわかる場合は」行政の担当課へ申し出ろとか、も書いていますが。でも、この手の迷惑行為で行政指導を受けたり、逮ーー捕されたりという事例が一回も無いってことが、そうした行為が個人レベルでは何の解決にもならないことを証明している。

ネットの脅迫は証拠が明白だから事実関係は明らか、電話勧誘の場の脅迫行為なんて、証拠がないし、録音とっても行政はいつも及び腰。相手の情報を逐一取って申し出てなんてーのは、現状の行政でははっきりいって時間の無駄。

とはいえ、愚痴ってもいられないので、とりあえずの対策は、というと、これは「無視」しかないのです。

相手が何を喋っても一切返事もしない。否定もしない。相槌もうたない。受話器転がして、パソコン叩いたり、紙をめくる音を聞かせてあげて、遠くから聞こえる苛立ちの声を聞くともなしに聞いていると、そのうち諦めて電話を切ってくれるようです。

電話のベルがなっているのに気付いて隣の部屋から駈けて来た自分の浪費された時間は帰る事はないけれど、少なくともそれ以上のロスは抑えることができる。消費者庁なんてのも、コンニャクメーカー叩くより、こういった勧誘電話叩いた方がはるかに国民の共感を得ることが出来ると思うぞ。行政がやる気を見せて、はじめて国民も情報を上げるようになるというもの。
[PR]
by river_paddling | 2008-10-26 19:14 | 大学での事