ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

カテゴリ:川遊び( 31 )

今日は久しぶりのパドリング。
以前住んでいた千葉は楽しめる川まで遠く、仕事の忙しさもあって、結構長い間川から遠ざかっていました。まともに漕ぐのは利根川通いをやめて以来ですから、5年くらいのブランクが空いてることになります。

四万十川は、更に以前、京都に住んでいた頃、土佐昭和から河口までファルトボートで下ったことがあります。
松山から川くだりだと多分四万十川が一番手軽でしょう。
四万十川・川下り・マップと言うホームページを見つけ、情報収集。

久しぶりなので、とにかく長距離を漕ごうと、十川~江川崎までやってみることにしました。松山に移ってからほとんど雨がありませんので、川の水量が不安でしたが、いざ出かけてみると結構の水量があります。川を覗きながら上流に向かい、十川で艇の下ろせそうな場所を探します。

十川駅から上流側数百メートルのところにトイレのあるいい場所があるのですが、このときは気付かず、下流側の駐車場をスタートにしました。艇を下ろして江川崎に戻ると、列車の時間まで一時間以上。初めてなので余裕を見すぎました。夏休みシーズンで結構の旅行者が来ている模様。列車も結構の乗客がいました。



十川に戻って、早速スタート。暑い日でしたので、川の水が気持ちいいのです。

ロール練習をやってみると、久しぶりにもかかわらずちゃんと起きれました。さすがの四万十川も炎天下では、水の綺麗さも低下するようで、パドリングの後の石鹸による泡はなかなか消えません。それでも、長瀞あたりに比べるとかなりましな感じです。

暑いのでロールしながら下ることに。瀬もそれ程大きいのも無く、長い瀞場に泣きが入りながら下っていきます。川原ではあちらこちらでキャンプをしてましたので、ロールの実演をして歓声を聞きながらくだることにしました。子供たちも川遊びに興じています。

ところで、スプレースカートのシームシールがへたっていて結構の水が漏れてきます。ふさぐことも考えましたが、面倒なのと10年くらい前に買った奴なので買い替えを検討。>>コンパスさんで新調しました。


長走のあたりから、何か空が暗くなり、夕立でも来そうな雰囲気。ちょっと急ぎますが、雨雲に追いつかれ、・・・ちょうど半家の沈下橋のところだったので橋下で雨宿りをすることに。風も強く、結構の豪雨、雷もなりちょっと不安になって橋から左岸側の道を上がって見るとお堂があったので、底に移動して雨宿り。

1時間もすると雨も上がりましたので川下り再開。豪雨で水量が多少とも増えたような気もしますが、気のせいかも。江川崎までのんびり、といいたいところですが、一生懸命漕いで下って15時過ぎに到着。



翌日は土佐昭和を下りたいので、艇を車に積んで上流に移動。昭和のふるさと交流センターは、お盆の時期とあって結構の賑わい。四万十まで遠征に来てるグループもあり、また一般のキャンパーもいてるようです。まだ、キャンプ道具など全然持ってきてませんでしたので、駐車場に車を止めて、車中で泊まることにしました。

津野川 水位  -0.30m 程度 (夜間 -0.20m 程度) 
[PR]
by river_paddling | 2006-08-13 19:09 | 川遊び