ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

カテゴリ:出張( 22 )

出張で中国の大連に行ってきました。

中華料理を満喫した5泊の旅だったけれど、観光は一切せず。

招待講演で国際会議で話して、ついでに大連工科大でもワークショップを開いて、そっちでも講演をしてきた。

f0115851_18124182.jpg

同行した九州大の先生からもらったGPSデータ。

大連の人口は270万位はいるそうで、結構大きな町。

空港の送り迎えは専用車で、それ以外の移動は基本的にタクシー。

キロ2元(25円くらい)なので、しれてる。

問題は言葉で、街中では英語もなかなか通じないのだけれど、今回は中国人の教授と同行だったので、専属通訳つきの出張みたいな感じになった。

中華料理、おいしかった。

ちょっと太って帰ってきたので、また減量しないと。
[PR]
by river_paddling | 2011-10-27 18:17 | 出張
1枚あればOK…IC乗車券10種、相互利用へってことで、伊予鉄のカードとsuicaの統合を一瞬期待したのだけれど。JR四国はICカード乗車券を導入しておらず、四国で検討会に参加予定の鉄道会社などはない。

JR四国は先日の宇和島出張でも利用したけれど、松山以南がまだ機動車だとか、単線で特急でもすれ違い待ち多発とか、そういった現実以上に、無人駅があって、ターミナル駅での改札は人力による切符回収。ICカード以前に磁気切符も導入されてませんから。

私鉄の伊予鉄はバスや市電にICカードを導入していて、利用頻度が少ないのでまだカードを買わずに毎回現金で支払いをしていたのだけれど、出張用に残しているsuicaと統合されたら便利だなあ、とはずっと思っていたのだ。

icocaとsuicaの統合くらいかなあ、メリットは。ともに出張用だけど、関西はJR利用率が低いのでicocaは持ってなくて現金利用。suicaが使えるなら多少は便利になるかな、位。

まあ、先日の学生との会話
「金が無いとどこにも行けない」
「金が無くても暮らすのは可能」

それが、松山という地の特徴らしいから。
[PR]
by river_paddling | 2010-12-19 18:53 | 出張
宇和島にある高校(正確にはちょっと違うのだけれど)に出張講義に行った。数年前から出張講義担当要員として登録されていたのだけれど、毎年、出講の打診があるたびに、学会その他の出張と重なっていたり、その他もろもろで御断りをしていた。今回も研究室のセミナーと日程が重なっていたのだけれど、第一希望になっていたのと、これ以上断り続けても申し訳ないと思い、引き受けることにした。

時間は、休憩挟んで90分。日ごろの一コマ分の長さなのである意味やりやすい。しかし、忙しい日が続いて、講義準備をする間もなく前日の夕方になった。まあ、共通教育や非常勤講義、教員免許更新講習でやった内容と同じなので、直前の準備でも何とかなるさとたかをくくっていたというのもある。更新講習の内容を適当にアレンジしたけれど、出張の電車の中で残りは対応することにした。

朝9時発の電車で宇和島へ、と思ったら正確には電車じゃないらしい。1時間半の間に、資料の並べ替えや修正をして、ふと、高校生はppmという単位は習っているのだろう?、「死」を具体的に扱うことについて教育現場における問題はあるのだろうか?、などの疑問が浮かんだ。ニュースで授業中の教諭の不注意な話題提供がメディアで話題になる世の中だし。しかし、食の安全に死の話は不可欠。

結局、講義に入る前に高校の先生に確認を取ることにした。ちなみに、資料調整をしながら、車窓の風景も楽しんでみた。海をきれいに見下ろせる場所があったけど、どこらへんだったかは、よく覚えていない。宇和島駅で出迎えの先生の車で高校へ。

複数の大学から出張講義にきているようで、他大学の先生とも軽く挨拶など。

講義は受講者50名ちょっと。教室が満員。講義開始に際しては、起立・礼、などがあったり、変なところが妙に新鮮だった。理系のクラスだったので、女子生徒はわずかで男子生徒がほとんど。まあ、みんなまじめに聞いていた。大学の講義で、共通教育当たりになると、結構の学生が寝てるから、これも新鮮だった。

90分好きに話して、生徒さんの簡単な感想をgetして終了。教育学部の先生と一緒だったので、帰りコンビニで弁当を一緒に買って列車に。ビールも買ったら食事後眠くなって松山に戻ったら、3時過ぎ。もうぐったりして仕事をする気がなくなった。半日仕事と思った出張だけど、往復も含めるとたっぷり一日仕事になった。

来年度も、登録要因になるよう依頼が来ている。年に一回くらいなら、まあ、やっても新鮮で面白いかもしれない。それでも近い高校でやる方がいいかな。移動が楽だし。
[PR]
by river_paddling | 2010-12-11 16:56 | 出張
触媒討論会で山梨県甲府市へ。数年前に別の学会で来たことがあったけど、今回は油断したら宿をとりそこなった。しかたがないので、一人の一泊目だけ駅近のホテルを確保、二泊目からは学生と一緒にタクシー移動のホテル利用になる。

あいにくの空模様になったけど涼しくていい。荷物持っての移動はちょっと面倒だけどね。

本来は朝一の便で出たかったけど、値段の安さに引かれて昼の便を利用したら甲府到着が16時過ぎ。ホテル直行と思ったけど、元ボスが座長をやってるので、サクラで会場へ。発表自体は結構面白かった。元ボスは偉くなって役職のしがらみがあるらしい。偉い人と一緒に気を使うのも嫌でさっさとホテルへ。と思ったら、ホテルにも偉い人が一杯。夕食のカレーサービスがあるらしいので、町に食事に出ずにホテルに閉じこもる。やることは一杯あるからね。

カレーおいしかった。ホテルの自販機のビール、コンビに並みの値段。結局チェックインして外に出ずにホテルの中だけで過ごした。学会会期中にこういった行動は珍しいかな。でも、明日からは学生が来るから賑やかになるはず。



メールをチェックすると緊急の連絡請うが数件入ってる。いやー、無理ですがな。外からじゃメール読むこと出来ても書くこと出来ないのだよ。うちの大学のメールサーバは。プロバイダーのメールアドレスから送ったらspam対策で撥ねられたし。そういえば新しいメールアドレスが発行されてwebmailが使えたはず、と思ってログインしようとしたら、IDかパスワードがおかしくて入れない。あれー、どこ間違ってるんだろ?

電話番号がめーるになかったので、さて、どうやって連絡を取ったものか。



賢い大人は気づかなかったふりをするんだろうけれど。
[PR]
by river_paddling | 2010-09-15 22:09 | 出張
今年も滋賀県立大学で非常勤講師をやりました。彦根で宿がとれなかったので、大阪から。

ところで、行きは普通に切符を買って1890円。

帰りは、バスを降りて食事できるところを探しつつホテルに荷物を取りに歩いていると、同じバスから降りた人が怪しげな自販機で何か買ってる。

彦根-大阪、1400円くらいの切符が売ってた。

正規料金と500円の違いは何?

1.回数券のばら売り 

10/11の値段になる

2.距離でコマ切れ。

ちょっと解説。

JRの運賃設定はこんな感じで、階段状のジグザグ。
f0115851_18365011.jpg

kmあたりの運賃を計算したらこんな感じでkmあたり15円から20円。
f0115851_18343698.jpg


彦根-大阪の営業キロ104.5km。

101から120km 1,890円の料金設定で、km単価が18円と割高。

これをkm単価が割安になる距離で区切っていけば安い切符の組み合わせが作れるわけ。

3. 電車特定区間

大阪-京都間は電車特定区間で料金設定が割安。

4. 昼間特割きっぷ

大阪-京都間は昼間の利用はさらに割安。

で、結局。

大阪-彦根 1890円のところ

大阪-京都 305.8円(42.8km)
京都-野洲 436.4円(29.7km)
野洲-能登川 290.9円(18.2km)
能登川-彦根 209.1円(13.8km)

合計1242円。

個人がこんなばらばらの回数券を買って使い切るのは結構大変だけど、チケット屋さんがまとめ買いすると、お得な切符の組み合わせがつくれてしまう。

これにマージン100円くらい乗っけてるのかな、ということで1400円前後で売られているというわけ。

旅先の怪しげなチケット屋で買うのはリスクもあるけど、他に買ってるサラリーマン風の人がいると、大丈夫かなと思えて買ってみたら、こんな仕組みだった。
[PR]
by river_paddling | 2010-08-12 18:50 | 出張
一昨年の夏、非常勤講義のためにお世話になった先生を松山に呼んだことがあります。当初は、さっと講義をやって、その後はのんびり温泉につかってもらって、いろいろと議論をしたり、ということを計画していましたが、実態は、7.5回分の講義を二日でまとめてやるという、ああ、確かに集中講義だ、というものでした。
結果的に騙したわけで、非常に恐縮したものですが、こういったのはお互い様、今年も受けてもらうことになりました。

お互い様、というのは、先方も集中講義を依頼する立場になり、私も集中講義を引き受ける立場になった、ということで。

正月休み明け、先方の大学とうちの大学で開講カレンダーに隙間のある1月6,7日に出かけてきました。

5日の夕方、最終便はとれなかったので、その一本前の飛行機はお馴染みのボンバルディア。偏見というか、先入観というか、故障で胴体着陸したという悪いイメージが残ってるこの機体。今回は大丈夫でしょうか?
f0115851_15285316.jpg


との不安をよそにさっと飛んで、無事大阪に到着。バスで梅田に出て、コテコテのお好み焼きを頂いて、たこ焼きとビールを持ってホテルにチェックイン。講義資料の準備をしながら、のんびりたこ焼きつまんで、ビールを飲んで。

次の日、JRで南彦根まで移動。バスに乗り換えて、滋賀県立大学へ。
f0115851_1531445.jpg
これは二日目の朝の写真ですが、テーマパークのような建物に、一面の緑。海外の大学みたいな雰囲気が漂います。
f0115851_15312325.jpg
こんな掘割もあったり、まあ、端的に言うとバブル時代の遺産、ってわけで。

学生時代の指導教官がここの学長をやっていたり、学生時代にお世話になった先生がいたり、以前の勤務地で共同研究をやっていたり、という経緯もあって、5年位前までは時々訪問していたりもしていたのだけど、比較的規模の小さい大学で、これだけの敷地を管理しきれるのか、ちょっと不安もあったのだ。ボロボロだったらどうしよう、という。

案外すっきりしていて安心しました。もっとも先方の先生に話を聞くと、草刈する頻度が減った、夏のひどい時は背丈ほどの草が生い茂っている、とか。


講義のほうは、大学院向けなので、受講者は10名ちょっと。松山でやってるのと同じ位の数が相手。材料系の学科で、環境関連の話題を、と求められていたので、ちょうど、学部でやった環境化学の講義の内容をそのまま流用してみた。ちょっと視点の違う環境化学、ということで、意外と新鮮に聞いてもらえたよう。

夜は、学長の恩師も交えて軽く一杯。酒豪で鳴らした先生ですが、最近は年でひかえられているとか。数えてみると、70を軽く過ぎてる。まだまだ元気でした。

二日で1単位分の講義をやって、結構疲れて、研究室を見せてもらって出発。また次もお願いしようかな、という本気とも冗談とも社交辞令ともつかない言葉に見送られて帰って来ました。
[PR]
by river_paddling | 2009-01-18 15:44 | 出張
9月は学会シーズン。大学の仕事も一段落をつけて、9月16日~19日は北九州へ。3人で移動、公共の交通機関は結構不便、工学部の先生が以前車で学会の話をしていたので、それならと、車での出張を計画。

しかし、北九州は遠かった。片道400kmで5時間。ドライブ中って電車と違ってパソコン弄りとかもできないし、結構無駄な感じの移動時間に。どうも広島に高速船で渡って新幹線を使うのが正解だった模様。

ところで今回の学会出張を悩ましたのが台風の動き。会期中の直撃予想から、ちょっと遅れて、おまけにほとんど影響なし。拍子抜けでも、ま、いいか。学生に発表させて、自分は気軽に色々と聞いて周る。

f0115851_20323884.jpg
帰りの関門大橋。台風の影響か低い雲が垂れ込めています。
f0115851_2033735.jpg
ちょっと角度を変えると逆光の狭い海峡が延びていました。

9月20日、バタバタと松山で仕事をして、21日は飛行機で千葉へ。古巣の研究室によってガスクロやもろもろについて、色々教えを請うて、ついでに引越の際忘れてきた小物を物色。結構高価なものも置いてきたのが見つかったので、よかった、よかった。

22日は一転名古屋。こちらは新幹線。色々と勉強して25日に帰り。時間束縛を嫌って電車にしたら、やっぱり予讃線特急できっちり電車酔いして松山帰着。

来週から授業が始まる、最後の土日。久しぶりに川に浮かぶ予定。
[PR]
by river_paddling | 2008-09-26 20:38 | 出張
昨日今日と中国地方のとある企業を訪問。研究費受入の縁があって、打合せを兼ねて講演にでかけました。企業での講演でも大学の講義と同じで、眠ってる姿がちらほら。自分の研究分野と全く違う内容で頭数併せに呼ばれたりするだろうから、とも思いつつ。ざっくばらんな意見交換もできてなかなか面白い話も聞けて楽しめました。

結構古くからある反応プロセス。とあるモノが副生品で出てだぶついてる。20年以上も代替プロセスの研究が大学でも企業でも進められ、某企業がついに工業化。学会賞も関連学会で軒並み受賞して、話題をさらって数年、今ではその副生品の値段が高騰して某企業の稼ぎ頭になっているとか。その理由も風が吹けば桶屋が儲かる式の理由だったりする。

学会賞を取ったプロセスを開発した企業は、・・・副生品ができないため、逆に価格競争力が落ちるのかもしれない。さすがに、こういった事情は誰も予想つかないよね。化学って基本的に装置産業だから初期投資が大きく、ベンチャーとかまず難しい。大手企業も、一つのプロセスラインを建設するのに相当の投資がいるから、ゴーサインが出ないまま埋もれていくケースも多いのだとか。

ところで、中国地方へ出かける時は、例えば山口県なんて海を挟んですぐそこなのに、交通の足が無い。ぐるっと岡山まで電車ででて、新幹線なんてのが確実だったりする。広島-松山の高速船が最速のようだけど、時間の約束があるのに、初めての交通機関で不安定そうな印象の船を選ぶのも気が引ける。

で、予讃線は相変わらずで、車内でパソコンを開けて一時間も作業してると乗り物酔いで気分が悪くなる。帰り授業準備とかでつい集中してたら、一気にやられてしまって。ふらふらになって研究室へ。学生と雑談中、学生の携帯電話にコーヒーこぼした。メンゴ。壊れたら言ってちょうだい。
[PR]
by river_paddling | 2008-05-13 20:15 | 出張
東京で桜が開花したようですね。一週間後には満開か?、とのことなので、来週の東京学会出張の時には桜が満開かもしれませんね。帰り、土曜日の最終便に間に合わず、日曜日に松山に戻るスケジュールなので、時間があったら少し桜の下をぶらぶらするのもいいかもしれません。

松山の開花はいつでしょうか。二年前面接に来た時は、東京は結構満開で、南国のはずの松山がまだチラホラ咲きだったのに驚いた記憶があります。東京で開花が早くなってるのは、やっぱりあれ、ヒートアイランド現象っつーやつですかね。

それでも、庭木もだんだんと元気が出てきています。観葉植物?と思っていたのが花を咲かせていたり、枯らしちゃった?とおもっていたアジサイから緑の葉が出てきてたり、木々の芽も膨らんでいたりで、マンション生活では感じられない季節の移ろいが見られる点、戸建住まいもいいものです。雑草君もなにやら元気が出てきたようですが・・・



しっかし、植物の種類を知らないのもちょっと寂しいので、なんとか時間をつくって、庭にある植木の種類を確認したいもの。
[PR]
by river_paddling | 2008-03-22 17:29 | 出張
高校へ大学の説明に訪問。行き先は広島県の某高校。二校を回るので、車ででかけました。てか、車以外の交通手段って事実上遠回りで時間がかかって使えない。で、実はしまなみ海道を車で走るのは初めてだったり。時間が読めなくて早めに出たら、予想外に早く今治について尾道までもあっという間。広島県内の移動もわりとスムーズで、アポより早く行っても授業中だったりで迷惑だろうし、ということで、無駄に時間つぶしも交えながら。

まあ、このしまなみ海道景色がいいですね。三本ある本四連絡架橋の中では風景としては一番お勧めかも。岡山-香川線は海の上を一直線で走って終わりの感があるし、兵庫-徳島ルートも淡路島は島の雰囲気が余り無いし。天気が曇りだったのがいまいちでしたが、よく晴れてたら、きっと海の青と砂浜の色のコントラストとかきれいでしょうね。PAごとに停車していきましたが、どこぞの島で降りて、のんびり楽しむのもよさそう。

この時期、高校訪問の旬は外したようで、高校生も最後の追い込みに入っている時期。うちの大学の説明といっても、私が説明できるくらいの内容は進路担当の先生は既に知ってるようで。時期が時期というのもあるけど、昨年も説明に訪問してるとか、卒業生からの情報とか色々入ってくる模様。雑談も交えつつの、出張をこなして、帰り。夕暮れのしまなみ海道もなかなか。余所見運転で事故なんてなったら、シャレになりませんね。

往復8880円+ガソリン代、ちゃんと出張費出るのかな?事実上業務命令での出張なのですが。
[PR]
by river_paddling | 2007-10-20 11:54 | 出張