ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

カテゴリ:出張( 22 )

今週は、学会で四日間の北海道出張でした。

北海道は十代の頃からよく長期滞在旅行をしていました。夏の山登りと貧乏旅行で1ヶ月、バイクで周って一ヶ月、冬も二回2週間以上の旅行をしてますし、住んだことのある地域以外では多分最も滞在期間が長い場所になっていると思います。それでも、今回の学会出張の前はいつだったかと思い出すと、博士課程の学生時代にまで遡ることに気付きちょっと愕然。

最近は、博士課程進学者も増えて、学位を取得してもなかなか大学で教育研究職に付く事は難しくなっています。結果、学位取得後任期付の研究員をしながら職探しをするのが当たり前に。それでも定職に就ける保証は無く、新聞などでも「博士余り」何ていわれて問題化しています。

私が学生の頃は、大学院重点化の走りの頃で、まだ博士課程を中退して教育職に就くケースがあたりまえでした。そんななか、普通に博士課程の学生をやって、装置の設定やデータ解析のプログラミングで四苦八苦して研究の進展が滞りがちだった時の学会発表。同期で、既に教育職に就いていた人、学生でも成果が次々に出て順調の人、修士を出て企業に就職し学会に参加してる人、周りのみんなが輝いて見える、そうした人の中で、未だに稼ぎも無く借金(奨学金)だけが膨れ上がる将来のあてもない自分の状況に嫌でも直面せざるを得なかった、そんな頃だったなあ、とほろ苦く思い出し。

それでも、根が楽天的だったのか、当時は研究の過程で出てくる苦労を楽しんでいたかな。装置が無事に動いてデータの解析もできるようになると、その先はルーチンワークになってモチベーションが下がったりもしたし。

あ、ちなみに学会の後、大学に戻る前ちょっとした小旅行をしたのは内緒の話にしなくてはいけない?最近は色々とうるさいですからね。まあ、10年以上も昔の学生時代のことはそんなうるさく言わないでもいいんじゃないかとも思いつつ。

話し戻って、今回の出張の目的は、といえば、前任地の学生の発表を後押しすること、最近の研究動向をさぐること。学生も就職先も決まったM2と研究の順調なM1、横で適当にチャチャ入れるだけでもいいという、ある意味、お気楽な出張ともいえますね。

北海道は9月中旬も過ぎるとなかなか涼しく、快適に過ごせます。そして夜はおいしい海の幸を堪能。北海道で学会があると参加者が増えるという話をよく聞きますが、学会ついでの食事が楽しみなんですよね。人によっては前後に休みを入れたり、会期中、中抜けしたりして観光も堪能してるようですが、・・・私は結構まじめに会場に出向いては健気に質問などしてました。若い発表者でてっきり学生だろうと思っていたら、後で成り立て教員だと聞いたり、大学教員も10年もやってると、どんどん若い世代が教員についています。そして、学会をリードしていた教授も気付けば引退。

などと、とりとめもなく。

ぼちぼち後期の準備を始めないといけないなあ。
[PR]
by river_paddling | 2007-09-22 13:27 | 出張
明日から札幌へ出張。台風が九州の向うを通過中で、断続的に強い雨が降っています。

台風シーズンの出張は交通機関の乱れがちょっと気になります。研究費に余裕のあるときは、正規の変更が効くチケットを予約しておいて、状況をにらんで、早めの出発とか対応できるのですが、さすがに札幌を正規で往復するとなると8万円ですよ。ビジネスリピートなんてのを使えばもう少し安くなるけどそれでも7.5万円。最もうちの大学だと東京や大阪は利用回数が多くビジネスリピート使えますが、札幌だと無理かもしれませんが?未確認。これに+宿泊費で10万越え。

で、どうするか?宿泊セット一人から出発の出張パックツアーなんてのがありますから、それだと、宿泊費を入れても6万円代とか。さらにANAの直行便よりJALの東京経由の方が安いぞ?。どうも航空関係の料金設定はようわかりません。まあ、松山空港の利用状況を見るとANAの方がJALより搭乗率が高いのが、ここら辺の差になってるのかもしれませんが。

こういったパッケージツアーの場合、天候が崩れて欠航が予測される場合も事前の対応が難しい。事後対応も基本的には同一区間での他便への振り替え。さすがに北海道から松山を飛行機以外の交通機関を利用することは想定しにくい。ならば、一日一便しかない直行便より、東京経由の便の方がいざというときの選択肢が豊富。

というわけで、久しぶりのJAL利用となりましたが、とりあえず、今日の天候でも飛行機は飛んでるようで、意外と空の足も安定してますね。もっとも機中は相当揺れるのかもしれませんが。

明日もきっと大丈夫でしょう。




ちなみにパックツアーにして出張費を安く上げたぶんは、研究費の目減りが抑えられるだけで、こっちの懐に余分に入るわけではありませんから、念のため。領収書を事務に回して、出張の交通費は実費支給ですね。おまけに、帰った後、チケット半券の提出を求められます。割高になるビジネスリピートの場合、大学が契約してる旅行会社からの手配になるので、ここら辺の事務処理は省略できるのだけど。
[PR]
by river_paddling | 2007-09-16 15:33 | 出張
9月は学会シーズン。今年は、異動の忙しさもあって、申し込みは控えめにしていたので、行かないという選択肢もあったのだけど、やはり共同研究の打合せとか、その他諸々・・・。幸い9月は比較的学務があいているので、出かけることに。

行き先は名古屋。飛行機で行っても電車で行っても、現地到着時刻はほとんど同じ。それなら時間に融通の聞く電車にしましょうということで。予約とか取らないで済むから楽だし。で、宿泊はさすがに学会中は満室だったり、前日はネット予約受付終了してたり、でも何とか名古屋駅近くのホテルを確保。

というわけで、明日明後日は名古屋に行くのでした。名古屋土産いうたら、やっぱりういろうですかね?

来週は北海道。
北海道土産はやっぱり白い恋人でしょう、と思ってたら、何や不祥事で製造販売を自粛中。さて何がいいかリクエスト受付中。










最大の目的はリクルート?という話も
[PR]
by river_paddling | 2007-09-11 19:25 | 出張
日本化学会の年会と触媒学会の春討論会にハシゴで参加のため大阪に来ています。化学会の年会は阪急千里線沿線の関西大学での開催。触媒討論会は神戸大学。こちらも阪急が便利ということで、梅田に宿をとることにしました。ちょっと出遅れたら、安めの宿は全て空きなし。ちょっと高めの宿ですがおかげでインターネットに接続できるというメリットも。

千葉在住の時は学会で遠出の時は安いツアーを探して結構安く出張できましたが、松山からだと安いツアーはなかなかないし、忙しい時期、いつ何時予定変更があるかもしれないと思うと、便変更の出来ない安いチケットはちょっと不安。繁忙期でビジネスリピートが通常料金と変わらない値段なので、ちょっと高めの出張旅費です。飛行機の中は結構すいていましたけどね。事情通によると、この時期四国から外を結ぶ交通は安いバスが激混みになるとか。大学の出張でバスを使うのがいいのか、もしかしたら問題になるかもしれないという不安があってけっこう微妙、安く上げたいと努力をして、後で不正支出と文句を言われそうなご時世です。

今回は4泊でホテル暮らし。官舎暮らしだとホテルの生活は快適です。
日曜日、H教授の講演を聴いて。
月曜日、依頼講演、化学会での依頼講演はそういえば初めて。夜は懇親会へ。各大学の先生と情報交換。
火曜日、元素戦略のセッションへ。大きな部屋に入りきらないほどの人出。今後の無機化学の方向性の一端が示されている気がします。
水曜日、触媒討論会、神戸大学は噂通り坂の上だった。千葉で指導していた学生の発表を横目に他大の先生や企業の研究者と情報交換。
木曜日、明日の午前は触媒討論会、午後は松山に戻ります。実は午後に、聞きたい講演があるのですが、松山で仕事が待っています。はい、引越しの片付けです。引越しの顛末はまたの機会に。

なかなか盛りだくさんの内容の出張でした。来年の春までには愛媛大の学生さんを学会発表に連れて来れるようになりたいですね。
[PR]
by river_paddling | 2007-03-29 00:07 | 出張
先日、高知空港で胴体着陸した全日空のボンバルディアDHC-8。私も今度の大阪出張で予約を入れた便の機種がこの飛行機でした。トラブルがあったと聞いてちょっと不安になり、トラブルが多発していると聞いて更に不安に。しかし出張の際の時間効率を考えると飛行機の利用が望ましいのは仕方がありません。

これだけ騒ぎになってますから当面は整備などきっちりやって問題が発生する事は無いと思いたいですけど。
[PR]
by river_paddling | 2007-03-18 16:11 | 出張
先週は展示会で東京ビッグサイトに出かけてきました。
千葉在住だった頃は充分日帰り圏内の出張ですが、松山からだとそれは無理、と思いきや、朝7時代の飛行機に乗ると10時前には東京ビッグサイトに到着、5時過ぎに出て7時の飛行機で9時前には松山に帰着。日帰りできるじゃん。なんてことは思わず、装置の移管の準備もあるので2泊の出張にしました。

東京ビッグサイトに来たのはそういえば初めて。
f0115851_13403032.jpg
これは昼飯時に撮影したもの。
変な形の建物ですね。口の悪い知人はバブルのアダ花と形容していました。地面のコンクリの下は基本的にはゴミの山でしょうが、陸の上は近代化した町並み。

今回の展示会では広い会場の中、入り口のそばで入って斜めにパネルが見えるという絶好のロケーションを準備してもらいました。共同研究のT社の協力もあって三日間フルに人を張り付けて説明。以前大阪で別の展示会に出したときは、当初用意した配布資料が50部、不足して50部追加で残有、論文別刷りは展示だけのつもりでいたら持ち帰り希望も多く、という状況でした。それが、今回は、100部用意した配布資料が初日の午後には残ゼロ、50部用意した論文別刷りは午前中で残ゼロ。T社の担当者は追加コピーに四苦八苦だったそうです(二日目で)。
名刺受けも順調に増えたかと思いきや、名刺を配りつくしてもう無い、という人も多く、また、資料収集が目的なのか、ひたすら資料だけをかき集めていく人も。

資料も作りすぎて余剰が大量に出てももったいないし、かといって、不足すると追加に苦労するしで、色々と難しい面がありますね。

ちなみに出展した展示会はこちら
ナノテク2007

そうそう、どっかで見たことのある人が数人を従えて歩いていて、誰だろうと思っていたら元財務大臣の谷垣さん。確か今は無役職のはずと思って不思議でしたが、ホームページを見てみると、ナノテクノロジー推進議員連盟 会長なんてのをやってるようで、それで視察に見えたのでしょうね。知り合いのパネルの前で説明を聞いてそのまま帰りの途へ。ちょっとしたニアミスでした。
[PR]
by river_paddling | 2007-02-25 13:58 | 出張
春の出張は2,3月に分散してますので、昨年の9月ほど忙しくはないのですが、それでも出張が立て続けで入っています。

今週は、千葉で修士論文発表会。その準備の指導と当日の発表会を聞きに出かけてきました。

来週は、千葉で卒業研究発表会。今日はその準備の予定でしたが、仕上がり状態が問題無しだったので、予定の飛行機を一便早くして帰ってきました。来週は発表の直前の準備指導と発表会参加でまた出張。

再来週は、愛媛で卒論発表会。うちの研究室も学生さんが一人、発表する予定。新任教員の研究室でどんなことやってるの?、と注目を集めてますぞ。ガンバレ!

その次は、東京のビッグサイトで展示会に出典予定。

3月は装置の移設関係で千葉出張が1回、学会で東京出張が1回、学会で神戸大阪の梯子が1回、計3回の出張が確定。しかし、この季節、試験の倍率いかんでは監督業務が回ってきたりするので、予定がまだ流動的。

入試も全入時代を迎えた大学にとっては、重要な行事になってきています。志願状況に一喜一憂するのも年中行事ですね。

f0115851_1932511.jpg
今日の写真は貝殻でできた帆船
[PR]
by river_paddling | 2007-02-02 19:04 | 出張
今朝のフライトで松山に戻りました。
本当だったら夕方の便でのんびり帰ってきたいところですが、午後は講義があるので、新任早々休講もできませんので。学生さんは、出張先で歓迎会もやってもらって、ちゃんと馴染んで、実験もこなしてる様子。こちらは安心して、以前見てた学生さんの指導などやったり。

午前の便に乗ろうと思うと、結構の早起きになるし、通勤電車に揺られて空港まで行く必要があり結構しんどいのですが、前方右側の窓際の席を確保でき、おかげでいい景色に恵まれました。

空港を飛び立つと、右旋回しながら上昇。空港を見下ろすような形になり。羽田空港って空から見るとこんな感じなのね。

f0115851_18575987.jpg


ちょっと画像処理ソフトで弄ってますが。あらためて写真を見てみると東京上空には嫌なモヤがかかってます。



f0115851_18571288.jpg
こちらは、機窓から見下ろした南アルプス。11月、山肌は紅葉で、山頂部分だけ白く冠雪していました。もう3000メートルの山は冬山ですね。ちなみにどこの山かわかりますか?

他にもいい感じで写真撮れましたが、ずらずら並べてもなんなので、この辺で。これからの季節、空気も澄んでくるので、出張の移動はできるだけ翼のかからない位置の窓側で風景を楽しみたいな、などと思いました。
[PR]
by river_paddling | 2006-11-22 18:58 | 出張
出張で学生を引き連れて千葉に来ています。
正確には、全学生に自分と同行程で旅費を出すのはしんどいので、夜行バスで来てもらうことになってます。研究室立ち上げて日も浅いので、セミナーなども学生に対する講義と変わらない状態になってしまいます。研究設備もまだ千葉に残してますので、古巣の研究室との合同セミナーと、実験を行う予定なのです。

研究費から、学会発表以外で学生の出張旅費を出すのは結構つらいのですが、研究の進展や今後の学生のモチベーション向上につながって、安い投資になてくれるといいのですが。

ところで、いい雨が降ってますので、川の水量気になります。国土交通省の水位情報を見に行っても余り増えてないですね。週末に向けてもう少し増えて欲しいですが。
[PR]
by river_paddling | 2006-11-19 20:12 | 出張
展示会に出展のため、大阪の国際会議場へ。
台風シーズンで飛行機で飛ばないと面倒だなと思ったので、JRで行くことにしました。電車でも大阪まで4時間、飛行機でも空港から町までの移動や空港到着時間の余裕を考えるとたいして時間も変わらないだろうと思ったのですが。

12日、松山発の特急しおかぜに乗って愕然としたこと。特急なのにすれ違い待ちがある!。予讃線は電化はされていますが単線なのでした。で、パソコンを開いて仕事をしていたら、一時間もすると気分が悪くなりました。屈曲が多くて揺れるので、電車酔いです。というわけで、車窓をボーッと見るしかなく。

岡山から新大阪までの新幹線は1時間で快適ですが、岡山までの3時間は結構しんどく、できるだけ飛行機を使おうと決心。

会場について明日からの展示会の準備に、と思ったら、共同研究先のT社のYさんが既に来ていて、荷物の受取とかも終わってるとのこと。することもなくて、NEDOの担当者に挨拶して、いったんホテルに引き上げ。夕方、T社のYさんの上司のMさんを交えて三人で食事をしながら研究の進行とか、パテントとかの打ち合わせ。

13日は、展示会初日、Yさんと二人で担当。結構のお客さんがきて、資料持ち帰り希望者も多くてありがたい限り。なんとかビジネスにつながるとうれしいですけどね。昼食時に「名刺受が無い」ということで、近くのスーパーに買出しに行って応急の名刺入れを作成しました。夕方T社のIさんが合流。時間になって、引き上げ、三人で、大阪駅に出向いて夕食。ギリギリの時間まで歓談して楽しんで、引き上げ。再び4時間の電車のたびに付きました。

松山帰着23時過ぎ。タクシーで自宅へ。結構肉体的にしんどい出張でした。

ちなみに展示会の二日目はIさん、三日目はMさんに担当いただきました。
[PR]
by river_paddling | 2006-09-13 21:15 | 出張