ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

カテゴリ:大学での事( 79 )

XPが比較的安定していたので、研究室では基本XPを利用していました。特にVISTAの評判があまりよろしくないこともあって、VISTAにダウングレードでXPを載せて、利用したり、7に同じくXPを載せて、ということもしたり。

おととしから7のパソコンを7のまま使うようになったけれど、ここにきての研究室のPC事情は、教員は7を使用、学生用PCは7を入れたのが3台で残りはすべてXP。

ただし、このXPのうちいくつかは7のダウングレードしたもの。7のインストールディスクを見つけ、データをすべてバックアップした後で、OS入れなおしで、なんとかXPサポート停止問題を新規買換えなしで対応できました。

PCのOS入れなおし、結構な手間でしたが、データのバックアップのほうがもっと手間だったり。さらに、研究に必要な個別のソフトの入れなおしも結構大変で、シェアウェアの登録キーの確認だったりとか、普段整理していないと結局家探し状態で進めました。

新規買換えはなかったんですが、実は、出先用のPCも画面の小さいノートでは辛くなってきたので、少々重くても画面の大きさを重視したPCに買い替え。8って、従来のWINDOWSとだいぶ設計思想が違うようで、慣れるまでは違和感を覚えまくりでした。
[PR]
by river_paddling | 2014-04-13 14:18 | 大学での事
研究室の学生がBBQがしたいというので、家で使っていたBBQコンロを持っていきました。

カメラを持って行ったついでにお花の写真をいくつか。

以前、家のゼラニウムを挿し木でふやしたときに、おすそ分けしたもの、立派に大きくなって、本家の自宅のより立派に育っています。蕾もいっぱい上がってるので来週や再来週には花いっぱいになりそう。
f0115851_20185046.jpg


BBQ会場予定地近くのフラワーポットには赤い豪華な花。葉っぱの付き方はチューリップみたい。
f0115851_20161227.jpg


BBQ会場の奥、光を透かしてきれいな花は?、と思って近づくとアイフェイオンが群生していました。こいつも自宅ではなかなか定着してくれなくて、母の家では元気に咲いている・・
f0115851_20212611.jpg


午後から火をおこしてBBQ開始。会場はこんなところ。学生さんが写ってるけど、サイズ小さくして人が識別できないのでいいでしょう。
f0115851_202216.jpg


最初は肉ばっか。若さだね。
f0115851_20225146.jpg


焼けるとわっと群がるのがしばらく続き・・
f0115851_20232857.jpg


焼けても焼けても肉が出てきて、野菜も少々。
f0115851_2024844.jpg


さすがに三時を回るとお肉もつきて、お開きに。

アイフェイオンの群生も日陰になっていました。
f0115851_20245864.jpg


またやりたいというので、BBQコンロは研究室に置いておくことにして、片づけて終了。

酔っぱらった後でバイトに行くという学生もいてちょっと心配をしつつも、暖かく、涼しい風も吹いて、なかなかいい感じで楽しめました。

ちなみに、今回はかみさんは家で待機でした。
[PR]
by river_paddling | 2013-04-13 20:28 | 大学での事
職場のPCを買い替えたのだけど、なかなか古いPCから新しいPCに移行できないでいた。

理由は随分と古い環境を引きずっていたから。

OSはXPから7にバージョンアップ。
オフィスソフトは2007を入れてはいても、実質2003形式の保存をしていたので、2010へは何段階ものバージョンアップ。

それ以外のソフトの再インストールもOSのバージョンが違うときっとトラブルあるだろうなという、不安。

最大の問題がメールソフト。

学生時代からずっとOrangesoft 社のwinbiffを使っているので今さらメールソフトの変更はしたくないのだけれど、winbiffが二年前に販売終了となってしまった。

前回、PCの更新をした時には、そのうち後継ソフトが出るかと期待して継続して使っていたけど、残念ながら、webメールに移行するようで、クライアントソフトの後継はなさそう。

さすがに、販売終了して二年もたったメールソフトをいつまでも使うというのは、どこにセキュリティーホールがあるやもしれず、外とのつながりが頻繁なメールソフトなだけに不安。

また、ある種のメールの読み込みがおかしくなる時もあり、これを機にメールソフトも新しいのにする時がきたなあ、と。

使用頻度の最も高いソフトの一つなだけに、使い勝手などに不安が残りつつ、Thunderbirdにしてみようか。
[PR]
by river_paddling | 2012-04-30 19:46 | 大学での事
卒業生から更新が無いぞ!のメールが入ったのでとりあえず更新。

最近の話題。

M2が1名
1年休学して実質M1のM2が1名
M1が5名
B4が6名

研究室がずいぶんと大所帯になりました。



教育コーディネータの職を外れました。

代わりに学科長が回ってきました(学科長になったのでECを外れた)。

学科長、大変です。

何が大変って、挨拶するのキライ。



卒業生のY君がGWに遊びに来て、懐かしいのう、と話しつつ、女の子と一緒。

「結婚します」の報告でした。

おめでとう!

MR残酷物語の実情を聞きつつ、元気に頑張ってる様子、何よりでした。



特に載せるものもないので、20万倍のFE-SEMの画像を貼ってみる。
f0115851_20314218.jpg

[PR]
by river_paddling | 2011-05-10 20:32 | 大学での事
定期的にチェックしてるらしい学生に更新が無いと怒られたのだけれど、寒い、という以外に、余り話題はないなあ。

寒いつながりで、週末も寒そう。それで、天気が悪くなりそう。松山も雪の予想でどうなりますか。松山での積雪はまずないので、今の車には冬用タイヤを買っていないのだけれど、今までの経験が、週末にも適用されるわけではない。例外がたまたま今週末に起こる可能性はありそうで。しかし週末に雪が積もると結構困るのだ。住んでる場所が山の上だから、雪用タイヤ無しでどこにも出れなくなる。でも、朝一で大学に行かないといけない、行事があったりするわけで。

まあ、何の行事かは明記しないけれど、全国一斉の行事だからバレバレだな。

それでも松山はまだましかも。山陰地方で正月のように、鉄道、道路とも閉鎖で交通機関麻痺なんてことになったりすると、どうなるんだろう。日本海側なんて、雪の対応普通にあると思っていたけど、山陰地方の積雪は例年それほど多くないのかな?

そうそう、代休取れ、といわれてるけど、休める日、無いよね。例年通り、出席簿に休んだことになってる印がついて、結局大学に行ってるんだあ。
[PR]
by river_paddling | 2011-01-14 21:30 | 大学での事
ご近所さんにモモとナシをいただいた。

1人では食べきれないので大学へ。今年の学生さんは自分たちでもむいて食べる。以前はむいてあげないと食べない年もあったけど。

ところで、現在は料理をしない人で炊飯器も自宅に置いてないけど、果物の皮むきは意外と得意だったりする。1人暮らし長かったからね。

とりあえず成果。
f0115851_19365635.jpg


以前は、立って手を上にのばしてもまだ床でとぐろを巻くくらいに細長くむいたりもしたけど(2m以上?)、少し練習しないとそこまではちょっと無理。それにリンゴと違ってナシは失敗しやすい。

それでも果物一個一本つながりで皮をむく。意外とできる人は少ないのだ。
[PR]
by river_paddling | 2010-08-31 19:42 | 大学での事
民主党政権になって、無くなる、と、思っていたこの講習ですが、なかなか法律改定にならないうちに、参院選で民主党が負けたので、当面はやらざるをえないのかなあ、という状況になりました。

仕事柄、学科の取りまとめもやりつつ、今年は講師もやってます。今年の講習計画を立てたのはH20年度の冬。H21年度、もしかして来年無くなる?、と期待しつつ、、H23年度の講習計画を立てつつ、H22年度の準備を進めて。

今年の講習参加者のべ人数は、昨年並みだとか。ちゃんとした統計はそのうち政府から出るのだろうけど、制度的には2年間の更新期間に30時間分の講習を受け認定をされないといけなくて、スタートしたのが昨年。昨年は一年目の受講者しかいない。今年は1年目と2年目の受講者で昨年の倍近い受講者を予想していたのだけれど。

今年度で免許の切れる先生は、制度の無くなるのを期待して受講辞めた、という選択肢はさすがになさそう。来年度まで余裕のある先生は、もしかして様子見だったかなあ? 制度的には今年が一年目の先生は制度改正をにらみつつ受講を最小限に抑えるということはあるのかも。

通常は一年目のうちに取れるだけ取っといて、2年目は余裕を持った方が心理的にもいいのだろうけど。ということで、もしかしたら、来年は2年目の先生と1年目の先生の受講が重なって、講習が混み合うかもしれません?



で、西予市は宇和高校まで講習に行ってきましたよ。大学教員経験はそこそこだけど、実際に授業するようになったのは愛媛に来てからだから、まだ、4年程度の経験しかないわけで。そんな人間が、10年以上の教育経験のある方に講習ってのもなんだかなあ。それに、受講者は35,45,55歳相当だから、2/3は自分より年上の勘定。で、教員の年齢構成も上に偏ってるから、もしかして、年配の方が大多数。なんか、やりにくいなあ、と。

午前中が担当だったので、前日入りしてホテルへ。小さな町なのでホテルは一つくらいしかないらしい?事務方が予約を入れてくれたホテルにチェックイン。施設は古目? 部屋が暑いので、先に夕食へ。で、夕食を食べようと町で何か特産物でも、と思ったら、この時間だと、Joy○○○がいいですよと。夜遅くまでやってる店が少ないらしい。遅くといっても20時過ぎなのだけど。しかたなくファミレスで全国一律の食事をして、ビールを買ってホテルに引き上げ。

ホテルには冷蔵庫が無いから、冷やせない。冷たいうちに飲むために、ペースを上げたら、いい具合に酔いがまわって、翌日の講習準備ができなかった。さっさと寝て、早起きをして講習準備をした。講習当日は朝からサンサンと日が照りつけなかなかに暑かったけど、教室は多分事務方が早くからエアコンを入れていてくれたからか、涼しく助かった。講師控室で教室を一つあって、掲示物とかいろいろ見ながら、高校と大学はやっぱり違うなあ、とか。講習の中身とか、受講の先生方のこととか、余り詳細に書くと差しさわりがあるかもしれないので、日記風はここまでにして。



事務方はこの季節あちこちで色々なタイトルの講習会の準備を行っていて、それこそ、毎日が受験会場の設置と撤収を行ってる感じ。大学でできればまだ楽だけど、よそで教室を借りると、設営の勝手も違うので色々と大変そう。それに、妙に時間きっちりの講習になっていて、講習時間終了予定5分前位に教室に入ってきて後ろの方に座ってる。時間通りきっちりやってるかどうかの監視を受けてるわけですね。

なんせ、きっちり6時間の講習をすることになっていますから、時間管理は受験並みにやらないといけないということのようで。

そんなこんなで、午前中で無事終了して、午後の担当者に引き継いで、大学に戻りましたとさ。
[PR]
by river_paddling | 2010-08-07 19:42 | 大学での事
青いドラゴン。
f0115851_2052247.jpg

何の変哲もないはず。

なのに。少し回してみると。

f0115851_2063944.jpg

あれ、振り返ってる?

もう少し回すと。

f0115851_2072080.jpg

肩越しに振り返る目線が可愛げ。

今度は逆に回す。

f0115851_2075821.jpg

目線がカメラを追ってる?

さらに回しても。

f0115851_2085118.jpg

どこまでも追ってくる。



ちょっと前に、はやったらしい?錯視を利用したトリックアートらしいです。

Youtube では動画もたくさんある模様。

設計図も公開されていました。
f0115851_20114491.jpg

小さめに貼りつけましたが、リンク先では、赤、青、緑、三色のドラゴンの設計図が公開されています。

A4でカラー印刷して、切り抜いて、折って糊付けするだけ。

結構簡単に作れますし、意外と、しっかり、騙されます。

何でこんなのに興味を持ったかって?

それは、夏休みの親子の科学実験のネタですがな。

大学生は、強がって錯視に騙されない風を装っていまいち面白くないけれど、子どもは素直で正直に感動してくれるので、必要な時の注目集めに使えるし、し、暇を持て余すようなときの時間つぶしに、印刷した紙を渡してのペーパークラフト作りにも使える。

ドライアイスカーリングをやる時にドライアイスの上に置いておくオブジェとしても、面白そうだし。
[PR]
by river_paddling | 2010-07-14 20:20 | 大学での事
学生から、エアコンがおかしいです。

うん、確かにおかしい。

研究室の他の部屋を見てみると、全部、おかしい。

事務に問い合わせに行って見ると、エアコンを集中管理してるパソコンの前で業者の人と事務担当。

ちょっと話をすると、週末に雷で停電があったらしい。

集中管理がおかしくなっているらしい。

どうもうちの研究室だけエラーになってるらしい。

おいおい、ピンポイントかい?

業者さんが研究室に来てエアコンをチェック。

うーーん。

結構深刻そうな顔。



別件が気になって、分析室に。

FE-SEMが落ちてる!

ってことで、事務担当を読んで、再起動。

こっちは無事に立ち上がったけど。



エアコンの方は、室外機の基盤がやられてるとか、なんとか。

とうめんは、エアコンなしの研究室ですかい。

XRD測ると部屋が灼熱地獄になるので、測定を止めさせた。

電気炉入れると部屋が灼熱地獄になるので、保留にさせた。

乾燥機が・・・、必要なの以外、電気を止めて。

グローブボックスが蒸し蒸しします。

・・・・頑張れ。



夕方、お疲れ様の慰労を兼ねて、ビール12本とチュウハイ10本とジュースとアイス10個を買い出し。

微妙な時間の誤差は気にせず、おれたち、がんばってるよね、と気分転換。



いつエアコン直るんだろう?

てか、なんでうちの研究室だけ、ピンポイントで壊れるかなあ?
[PR]
by river_paddling | 2010-07-05 19:54 | 大学での事
共通教育の夜間向け講義について、受講者が少ないこともあって、一回を実験日としてた。
内容はいろいろと考えたすえ、夏休みに小学生相手にやる予定のドライアイスの実験の予行演習をやってみた。

1kgのドライアイスがどれほど持つのか。
知識だけの実験について、実際にやってみたときの現実と予想のかい離。
いろいろな小ネタでどれくらい時間を使うのか。

そこらへんの再確認と、リアクションを見ての、やる内容の優先順位の調整。

子供向け実験では割り当てが1時間、その中に、最初の注意を含ませたり、終わりのアンケート調査をしたり、というのがあるので、実質の時間は40~50分程度。さらに終わりに爆発事故への注意喚起をせねばならないので、40分コースの実験と考えたほうがよさそう。



ドライアイス・・・触ってみる、冷たい。何度くらい? 熱電対を接触させて温度をみる。マイナス60度程度。-80度程度のはずだけど? 液体窒素に突っ込んだときは-196度を示してたので、固体との接触で行う温度測定の限界か? それでも十分日常の温度より低いというのは理解できるはず。

金属の接触で音がする。大学生になると、一度くらいはどこぞでドライアイスを触ったことがあるようで、乗りが今いち。コインを立てると、コインが動く。リアクションが低い。

NaOHの希薄溶液にフェノールフタレインを入れてドライアイスを入れ、熱電対を入れる。フェノールフタレインの色はすぐに消えて、0度を指してそこで温度低下が止まる。そこでしばらく放置して、氷ができても全体が凍ることは無さげ。

エタノール+ドライアイス。こちらもPETボトルで作った容器でやったせいか、-60度程度までしか温度が下がらない。気にせずに家から持ってきたペチュニアの花を突っ込んでみる。液体窒素と違って冷たいエタノールの切れが悪いので素手で大丈夫かちょっと心配だったけど、凍った花のパリパリ実験は、それほど心配しないでもよさげ。

バケツ内で発生させた二酸化炭素にシャボン玉が浮くかどうか?、二酸化炭素をためるのが不十分だったのか失敗。もう少し時間をかけて貯めたほうがいいのかも?

シリンジにドライアイスを入れて密封。ドライアイスが溶けて液体になったところを観察させて圧力を解放すると再度ドライアイスに。霜状に固化した後は、数回繰り返し。霜状のドライアイスのほうが液化は観察しやすい。相当の圧力になるということを確認させて、いよいよPETボトルロケット。

リアクションをあえて抑えているようにも見えるが? 全員にやらせてみて、それなりに楽しんだそぶりも感じて、最後に、国民生活センターにあったPETボトル爆発実験の動画を見せる。ついでに外国の映像でブロックをぶっ飛ばす実験も。密閉すると危険! 十分注意してだいたい50分。

いい感じのペースでした。



ついでに、この後、高校生の課題実験があるので、最初に余ったドライアイスでPETボトルロケットをやらせてみる。失敗して濡れても、暑いくらいの日差しですから。若いせいか、キャーキャー言って騒いで、ひとしきり楽しんでから課題研究へ。

先週に比べると、だいぶ進歩してる。意外といい線までいくかもしれない?

SEMのPCを修理したので、さっそくSEM観察もやってみた。光学顕微鏡と違った被写界深度の深い、境界のくっきりした、ピントのあう像にそれなりに感動した様子。リアクションがあるとこちらもやりがいはあるのだけれど、時間がかかるのは難。

最後は時間が過ぎていくのを気にしながら、巻いて巻いて、6時半で何とか終了。

来週はどうなりますか?
[PR]
by river_paddling | 2010-05-29 22:41 | 大学での事