ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

カテゴリ:庭弄り( 56 )

4月、桜の後に咲く花で我が家で一番鮮やかなのがコデマリ。

背丈を超えるような大株になり一面に花をつけてくれました。
f0115851_2153394.jpg


開花時はこんな感じ。
f0115851_2154280.jpg


数十の花が固まって咲いて、それが枝一杯に咲くのですごい華やかになります。
f0115851_2155296.jpg


かみさんも気に入って、通販でほかの植木を買うついでにコデマリも買い足しました。

しかし買い足したコデマリはなぜか八重咲でした。
f0115851_21552012.jpg


八重咲は八重咲でかわいいけれど、かみさんは一重が好みだそうです。

一重については、買い足すのも大変なので挿し木でふやすことにしましょう。
[PR]
by river_paddling | 2013-05-03 21:57 | 庭弄り
f0115851_11431337.jpg

予定日前からもうすぐ生まれそうといわれながら、三週間、予定日を過ぎて少しじれてくるGW、夕方帰るといつもの張りと違う感じ、とかみさん。

夜中に陣痛、となって、病院へドライブ、即入院。

始めのころは、長丁場だから今のうちに休んどこう、などと余裕もあったけど、だんだんと痛みが増してくるようで。

それでもずっとがまんしてるかみさん。

講義で二時間ほど大学に行って戻ってみると、苦しそうなかみさん。

看護士さんを呼ぼうかといっても、いい、といいながらの一時間は横にいて辛くなるくらい。

そのあと、分娩室に移動して、あれよあれよという間に、赤ちゃん誕生、となりまいた。

赤ちゃんは検診のエコー通り女の子。

3000gちょっとで大き目とはいっても、小さい、かわいい。

かみさんも赤ちゃんも元気でした。

そんな赤ちゃんの写真を載せるわけにもいかないので、ピンクに咲いたグランドカバーのクリーピングタイムの写真。

この季節、一面にピンクの花が咲いて絨毯のようになります。
f0115851_11331391.jpg


咲き始めはこんな感じ。
f0115851_11343113.jpg


満開近く。
f0115851_11345374.jpg

f0115851_1135675.jpg


ぼちぼち刈り込まないとどんどん厚みを増していき、また広がっていくのですが、雑草よりはまし、というのがグランドカバーですね。
[PR]
by river_paddling | 2013-05-03 11:37 | 庭弄り
庭いじりを始めて、庭に植えたいなと思ったのがこの花。
f0115851_19591431.jpg

シャガという春に咲く花。

里山なんかには自然に生えてるそうですが、ホームセンターやよくいくお花屋さんでもまず売ってません。

結局おととし購入しましたが、花の季節が終わった後。

去年はいろいろと忙しくて開花を楽しむこともなく、ってか、咲いてたっけ?、くらいの感じですぎてしまい。

桜の木の下の株が立派に育って今年は花が次々に。
f0115851_2013471.jpg


アジュガとならんで咲いています。
f0115851_2045086.jpg


一日で終わる花ですが、花茎にたくさん蕾がついて、次々に咲いていきます。
f0115851_2035023.jpg


まあ、なんといいますか、地下茎で、どんどん広がるところは、どうやらミントと同じだそうで。

桜の木の下でよかったかな。

庭に植えて暴走されたら大変だから。

といいつつ、庭の狭い区画に植えた一株は、地下茎から育つ小さい芽があちこちから出てきて、植え替えが必要そうです。

GWはほかの場所も含めて庭仕事で過ごすつもり。

f0115851_2035931.jpg

[PR]
by river_paddling | 2013-04-26 20:08 | 庭弄り
3月下旬から庭も花が咲きだして明るくなってきました。

冬中咲いていたプリムラ・ジュリアン、もうぼちぼちシーズンオフになりそう。
f0115851_21293787.jpg


3月に咲き始めたのがユキヤナギ。真っ白できれいです。正確には庭の外ですが植えたのは私なので。
f0115851_21302098.jpg
f0115851_21302544.jpg

我が家の庭に咲いていると言ってもいい距離感の桜。咲き始めは白い感じだけど
f0115851_21311337.jpg

満開になるとかなりピンクを帯びてくる感じです。
f0115851_21315721.jpg


チューリップもきれいに咲きました。
f0115851_2132315.jpg


ひっそりと咲いているやつもいます。ローズマリーも香だけじゃない・・
f0115851_21363718.jpg

そしてグランドカバーとしてひっそりと咲いているのがツルニチニチソウ。どんどんと広がって結構主張を始めてます。
f0115851_21334841.jpg

そしてアジュガ。庭には根づかなかったけど、桜の木の下に居場所を見つけた模様で濃い青の花を咲かせました。
f0115851_21345974.jpg


昨秋の植え替えでジャノメエリカは根が傷んだのか今年は花を開きませんでしたが、根づいてくれるでしょうか。

それでも4月になって落葉樹が新芽を吹いて、宿根草も芽を出して、そして4月の花が咲き始めています。

今年はどんな花が咲いてくれるでしょうか。
[PR]
by river_paddling | 2013-04-17 21:41 | 庭弄り
色々な花がありますが、青い花が一番好きなのです。青い花、少ないですけどね。昨年トライして気に入ったのがロベリア。小さい花をびっしりと咲かせてくれる、吊り鉢にも良く合う花です。

昨年度のロベリア
f0115851_1642479.jpg
アップすると
f0115851_1643390.jpg
真中は白の濃い青の花。

今年度のロベリアは吊り鉢と外机の上の木の組鉢に、濃淡二色
f0115851_16435538.jpg

f0115851_1645982.jpg
下の写真の左の白い花はアレナリア・モンタナ。

全景はこんな感じ。
f0115851_1647831.jpg
ピンクを基調にしたゼラニウムが多い中で吊り鉢のロベリアの濃い青がアクセントになります。まだ、花の咲かないアイビーゼラニウムも蕾があがってきました。

来週末位が、春のピークになりそうな予感がします。

まあ、表の花壇はチューリップが終わって、ビオラも弱ってきて、ボチボチ模様替えの時期ではあります。何を植えるか、と悩む前に、撫子がとっても元気を継続中。全部抜いて土を耕して堆肥をすき込んで、というのがやりにくそう。

花壇の話はまた別の機会に。
[PR]
by river_paddling | 2010-05-16 16:51 | 庭弄り
f0115851_10564718.jpg
黄色いバラの花が満開。前のオーナーが植えていたバラ。今年で三年目の開花を迎えますが。一年目は蕾があまり上がらなかったけど、昨年と今年はにぎやかに開花してくれています。特にシーズン最初のバラは栄養状態がいいのか大輪の花を咲かせてくれます。シーズンが早いとまだ病害虫の影響もそれほど出ていませんしね。
f0115851_10592019.jpg
開いたばかりの花のアップ。木漏れ日が当たって、背景が暗く沈んでくれて花だけがハイライトされています。

バラの花は結構花持ちしないので、一週間もしたら一旦全部散って、適当に切り戻すと二番花、ってことになります。昨年は、黒星病が広がって、咲くごとに花も小さくなっていきましたので、今年は、消毒を定期的にしたり、肥料を与えたり、蕾の数を適切に制御したりして、うまくコントロールしたいですが、どうなりますか。

ちなみに、ミニバラは一番花が咲く前から黒星病がはびこっています。あまりにひどい鉢は、一旦全部切り戻しましたが、さて、うまく回復してくれるでしょうか。冬の間の消毒は必須なのかもしれませんね。ミニバラに比べると、このバラの木は昨年の台風での枝折れその他、色々ありますが、まだしも強健です。そういった品種なのかもしれませんね。

残念ながら、バラの品種が多すぎて、この木の品種が何なのかは、まったくわかりません。
[PR]
by river_paddling | 2010-05-08 11:07 | 庭弄り
ゴールデンウィークは結局五連休、全部天気が良かったですね。気温もあがって、絶好のアウトドア日より。今年も、仕事が気になって大学にでてきたので、庭弄りが気分転換になりました。

今年の冬は去年より冷え込みが厳しかったでしょうか。冬越しのダメージからの回復がまだボチボチです。それに4月中低温で雨が多かったのも、植物には余り良くなかったかも。

今日はゼラニウムの成長の記録。

f0115851_11342526.jpg
二年前の6月、植えたばかりのゼラニウム。品種もわからず、ゼラニウムというのがどんな花かも良く知らず、とりあえず植えてみた、位の勢い。

f0115851_11355423.jpg
去年のGW。日当たりの関係か、キンモクセイの陰になる手前が成長が遅れがちですが、こんもりと良く成長中。

f0115851_11365653.jpg
去年の最盛期。塀の上のサフィニアとあわせて、明るい花色で演出。

f0115851_11375648.jpg
今年のGW。成長の遅い右端をピンクの鉢植えにしていた株と入替。冬越しで傷んだ葉も枯れた葉とともに整理して。輪紋の丸い葉の品種が三つ。3種の大きさのバランスが良くなりました。

雨がつづいたため、花の痛みが続いていたけど、ここにきてきれいな花が咲いてきました。痛んだ花も整理して。

ちなみに左の二つは品種不明、右端はブラッシングブライド。

f0115851_11511819.jpg
左端はサーモンピンクの花を咲かせます。この写真だけでも蕾がたくさん上がってるのが確認できますね。

f0115851_11521858.jpg
中央のレッド。今のところ一番小さい株になって両端からもおされぎみ。

f0115851_115358.jpg
右端のブラッシングブライド。咲きはじめは白っぽく、日を追うごとに色が濃くなる。ということで、同じ花茎の中に、色違いの花が咲いています。植え替えで成長が止まることも無く、蕾がたくさん上がっています。

中旬には昨年のような最盛期を迎えてくれると期待。
[PR]
by river_paddling | 2010-05-05 12:03 | 庭弄り
我が家の裏は地域の公共の土地があって、コンクリートのよう壁上のコンクリートのテラスと排水溝、細い土の露出した部分。桜の木が植えてあって、ある意味、裏庭ってことになるのだけど、桜って開花時はきれいでも、昼間家にいないし、夜桜見るには寒いし、すぐに散ってしまう。フェンスの向こうで手入れも行き届かず、結局雑草生え放題。

一年目の春はとりあえず、出入りが楽なようにフェンスを取っ払って、降りる段を作り、ヒマワリを植えた。
f0115851_16524460.jpg

排水溝があって殺風景。肥料不足もあって?、害虫の影響も受けて立派とまではいかなくてもそれなりに開花を楽しめた。
f0115851_16402275.jpg

しかし、土は痩せてるし、かたいし、排水溝のおかげで細長く、また排水溝に向かって傾斜してもいる。コスモスの種をまいたら全部水やりの際に流れたらしく、まったく芽が出ず。

で、改造第一弾は、ブロックで排水溝を覆っての、雑草生え放題の隙間の地面の花壇化。ヒマワリの後キバナコスモスを植えた秋の風景。
f0115851_1643225.jpg


さらに、降り口の手前と向こうで雰囲気を変えてみた。桜の咲いてる頃の写真。これは二年目の春。
f0115851_16472051.jpg
手前は花壇として新しい土を入れるのでブロックを土止めにした。奥はカラープレートで溝をふさいで、色のアクセントをつけた。当初この部分何を植えるか悩んだけど、やはり日蔭はシェードガーデン、ということで雑草を抜いて、レンガで土止めを並べて日陰に合う植物を植えたのが、三年目の現在。
f0115851_16562769.jpg
手前の白はスィートアリッサム。昨年まいた種から育った苗からのこぼれダネ。日当たりが悪いのと栄養不足のせいか、それとも手入れが悪いからか、分枝も少なくひょろ長くアップするには不格好すぎるけど、とりあえず咲いている。

クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)もほとんど分枝もせずにパラパラと咲いている。

当初イネ科の雑草と思っていたのはどうやらユリらしい。というのに昨年気付いた。一年目一生懸命抜いていたけど根が深く球根なので、頭の草しか毟れない。二年目管理をほったらかしたら大きく伸びて何だろうと思ってるうちに、ユリが咲いた。その種が落ちたのか、今年はユリの芽が多く出てる。

挿し木で根付いたアベリアの斑入り品種と日陰でもひと夏咲いてくれるはずのインパチェンス。それにギボウシやらツルニチニチソウの苗をせっせと植えて、サニー花壇で芽吹いてるキバナコスモスの芽をこっちに移植。どんなガーデンになるのやら?
[PR]
by river_paddling | 2010-05-03 17:05 | 庭弄り
ネリモーザという品種の小苗を買ったのが昨年。

6号のプラ鉢に植えて、一年、時々水切れをおこしたり、日当たりが悪かったり、雑草が繁殖していたり、色々あってひと夏とひと冬をこして、春になると、大きな蕾が。昨年も一輪さいたのだけど、ちっちゃな花だった。ネリモーザというのは、小輪種なのだ、とその時は思っていたのだけれど、年を越した苗は明るい色の大きな花を咲かせた。
f0115851_13455460.jpg
花弁(ガク)が八枚。冬越しの痛みを引きずった鉢も多い中、庭がぱっと明るくなった。どれだけ、大輪かというと、宿根ペチュニアの「天使のワルツ」と並べてみる。
f0115851_13475665.jpg
蕾は残り三つ。一つの花がどれだけ咲き続けるかわからないけど、明るい春を楽しめそう。

ちなみにネリモーザに気を良くして、新しいクレマチスの苗を2つ買ってきた。
f0115851_135006.jpg
来年までじっくり半分放任しながら待ってると、これらも花を咲かせてくれるかも。テッセンとしか書いてないので花の種類はわからないけど、青い花と白い花のラベル付き。

クレマチスでgoogle

テッセンとかカザグルマとか、の名前でも呼ばれているよう。

p.s.次々に蕾が咲いた。最初の花が一番大きいけれど、三つともきれいに咲いている。
f0115851_1785282.jpg

[PR]
by river_paddling | 2010-04-29 14:02 | 庭弄り
5月になってイボタノキが満開。
f0115851_12371463.jpg
樫の木の森を切り開いて日当たりが改善されたためか、昨年より樹勢も強くなって花も満開に。
f0115851_1238548.jpg
こんな感じの小さな白い花が全ての枝先に咲いています。花の季節は短いですけどね。

ヤマボウシは移植後、根を張るのにエネルギーを使っていたのか、今年の花は少なめ。代わりにクチナシにつぼみがたくさん付き始めました。昨年は三輪しか咲かなかったけど、今年はたくさんの花を楽しめるかもしれません。

表庭は、冬バージョンから夏バージョンに。
f0115851_13244561.jpg
満開のころ。チューリップが散り、葉が枯れてきて、次にプリムラとストックも元気をなくし。

f0115851_13263732.jpg
最後はビオラが残り。そのビオラもだんだんと花数が減っていきます。えいや、と全部引き抜いて、土をならし、肥料を追加して、夏花壇に植えたのは。
f0115851_1329286.jpg
奥に三つ、色合いの違うマリーゴールド。手前は左からニチニチソウ、ジニア、メランポジウム。今年は黄色の一角を作ることにしました。元気に育ってくれるでしょうか。ちなみに秋に植えた時は苗を11植えたのだけど、あっという間に混雑してしまったので今回は6つに限定。それでも、朝顔の種も播いたので、なんだかんだと窮屈になりそうな予感。
[PR]
by river_paddling | 2009-05-24 13:33 | 庭弄り