ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

カテゴリ:庭弄り( 56 )

3月から土日の午前中とかを利用して少しずつ庭仕事。その一つの成果がこれ。
f0115851_15575412.jpg
多すぎるカシの木を切った後の木材を組み合わせてハンギングバスケットを吊る。防腐処理とかしてないから、何年も持たないだろうけど、花期の長い這性のアイビーゼラニウムとか、吊り鉢にあいそうなものをぶら下げる。まだ花芽が開花してないのでちょっと色がさみしいけど、しばらくすると色々咲いてくれるはず。

一年、色々植えてみて、草花の育て方みたいなのも何となくわかったような。今年は、またちょっと違った、だけどてのかからない庭作りをしていくつもり。

さて、表庭の様子はというと。
f0115851_1624893.jpg
植えたときはこんな感じだった花壇も、
f0115851_1631127.jpg
花で溢れかえるように。植えつけるときは、株間とか空けたつもりでいても、予想以上に広がってしまう。特に右上の白ビオラの勢いが強い。そしてプリムラマラコイデス。後ろのストックを隠すほどに成長。まさかここまで大きくなるとは。チューリップもようやく咲いてきて、しっかり存在をアピール。

11月上旬に植えつけて、丸々5ヶ月花が咲き続けた。もう一月もすると早春の花は終わりだとおもうので、これが最盛期ということになるのかも。

f0115851_1661111.jpg
多肉も表に出す。急な環境の変化に加えて植え替えとかしたので、ちょっと傷んだりした奴もあるけど、だいぶ増えたね。

f0115851_167739.jpg
これはサフィニア。このサフィニアは昨年の初夏にご近所さんからいただいたもの。
f0115851_1691910.jpg
こんな感じの大苗が、ぐんぐん生長して、20日たらずで
f0115851_169745.jpg
紫の大きな玉に。玄関前の門柱にのっけて、道行く人の目を引いていた。切り戻しとかしなかったので、夏の終わりにはかなりだらしない姿になって、秋ばっさり剪定して、忙しくて特に植え替えとかせずにいてほったらかしていたら、茎から芽がたくさん出て成長し、冬を越して、上の写真のように新芽が一杯になった。

この時期に出回るサフィニアの苗はまだ小さいものばかり。ここまで大きいのが4月から咲いていたら結構珍しいかも。
[PR]
by river_paddling | 2009-04-11 16:15 | 庭弄り
今年は研究室で花見をやった。3月31日、教員二名、来年度院生4名、新配属の来年度四年生5名、総勢11名で道後公園へ。夜は寒いので、昼の花見。裁量労働制だからできる、昼の花見。

天気もよく気温も温かく、なかなかの花見日和。開花も八分咲きといったところか?

4月4日、カヌーの仲間と花見。こちらはあいにくの雨。気温も低く、夜だし、ロッジの中での宴会。あれ?いつ花見をしたんだろう?。と思いつつ、大洲のあたりはもうだいぶ散りはじめ。

我が家の裏手のサクラは今が満開。
f0115851_18345060.jpg
サクラの下に机と椅子を持ち出して一仕事、とか、家の窓からも結構きれいにサクラの花を見ることができる。ちなみにこの場所は
f0115851_18344349.jpg
こんな溝があって殺風景だったのを手前はブロックを並べて花壇にして、奥はカラーストーンを並べて多少は見栄えがよくなった。今後はグランドカバーでも植えていくつもり。
f0115851_18381377.jpg
サクラの花をアップで。雨が降ってるので水滴が花びらについてる。

花見の写真が無いので、ご近所の桜の木も。
f0115851_18381046.jpg
町内の花壇はサクラの木の下に。
f0115851_18381722.jpg
桜並木を見下ろす。向うの山が雲でかすんでます。
[PR]
by river_paddling | 2009-04-05 18:39 | 庭弄り
雑草生え放題もかなわないし、こまめな草取りも面倒なので、所謂グランドカバープランツをいくつか植えてみた。サザンカの足元にはヒメツルソバとヒメツルニチチニソウ。道路に面したキンモクセイの足元にツルニチニチソウ、ヤブコウジ、ヘデラ。ヒメツルソバは開花して広がってコボレ種で芽が吹いて、サザンカの足元をしっかりカバーしつつある。
f0115851_1553882.jpg
こちらはツルニチニチソウ。斑入りの葉のついた茎が直立してそこに青い花がつきました。キンモクセイの足元で目立っています。葉ものと思ってあまり花は期待せずにいたので、ちょっと得した気分。奥や手前、ヘデラもだいぶ広がって、春になってまた新芽が元気にのびてきてます。落ち葉やウッドチップと一緒になって、それらしいグランドカバーを形成しつつあるような。
f0115851_1553475.jpg
ツルニチニチソウのアップ。青い風車。咲き始めは色が濃く、だんだんと淡くなっていくようです。
f0115851_15535311.jpg
こちらはヒメツルニチニチソウの花。葉も花も小ぶりで、モッコクの足元にひっそりと。
f0115851_15535919.jpg
サザンカの下のヒメツルニチニチソウは白い花を咲かせていました。遠景赤いのはヒメツルソバ。こいつらも暖かくなってきたし、また一気に成長を始めるはず。
[PR]
by river_paddling | 2009-03-28 16:00 | 庭弄り
ユキヤナギは数少ない子供の頃から知っていた花木です。
f0115851_17906.jpg
早春、桜の咲く前から真っ白に咲く様子は、日本の風物詩といってもいいほど。我が家にも一本植えることに。
f0115851_17112599.jpg
こんな小さい花が枝にびっしりと咲きます。
f0115851_17115352.jpg
直径1cmあるかないか、位でしょうか。

ユキヤナギの次はサクラも咲き始めています。今年は学生と研究室で花見をしようと企画していますが、サクラの開花と花見の予定、どうなるでしょうか?
[PR]
by river_paddling | 2009-03-27 17:13 | 庭弄り
玄関横の斑入りの大きな葉っぱ。ふと見ると黒っぽいポツポツ。
f0115851_15281143.jpg
よーく見ると地味ーに濃い紫色の花が咲いているのでした。
f0115851_1529241.jpg
花より赤い実のほうが目立つかもしれません。しばらくすると直系1cm弱の赤い実が生ります。マンリョウの実は鳥についばまれてすぐなくなってしまったけど昨年のアオキの実は結構ながくなってました。実の生る季節の違いか、実の味が違うのかはよくわかりませんが。春は木の実以外にも色々と鳥の餌になりそうなものがあるでしょうから。
[PR]
by river_paddling | 2009-03-22 15:33 | 庭弄り
今年の春の庭にはビオラが七種類。少しずつ広がりながら冬中ずっと咲いていました。これからも、当分咲き続けるでしょう。暖かくなって、どこまで株が大きくなるでしょうか。
f0115851_22324337.jpg
白で縁に青みが入った花
f0115851_22325126.jpg
真っ白の花
f0115851_22325899.jpg
薄い紫
f0115851_2233616.jpg
濃い目の紫
f0115851_22315794.jpg
チョコレート色
f0115851_22321363.jpg
青紫
f0115851_22322011.jpg
縁が薄くてフリルの入った紫

こうした微妙な花の色って、昔のデジカメってなかなか表現できなかったけど、最近のデジカメ技術は素晴らしいです。近接撮影も簡単だし。
[PR]
by river_paddling | 2009-03-17 22:37 | 庭弄り
温かくなって色々な花が咲き始めています。
f0115851_22181650.jpg
白花のジンチョウゲが咲き始めました。
f0115851_22182389.jpg
香りで有名な花ですが、余り香らない、のは花粉症のせい?

開花したのを買ってもよかったのだけれど、昨年の秋に、花芽のついた苗を買って鉢植えにしました。花が終わったら玄関横に移動して、緑をかざるつもり。新芽も芽吹いています。
[PR]
by river_paddling | 2009-03-17 22:22 | 庭弄り
トゲトゲ葉っぱで、日陰で放任でOK。軒下なのだけど水遣りもしなくていいくらい。春に黄色の花が咲き、紫色の実をならします。

f0115851_19584272.jpg
放射状に伸びた葉っぱの真ん中から花茎が伸びて、黄色の小花がつきます。
f0115851_195852100.jpg
花の寿命はそれ程長く無いけれど。次々に咲いてはしおれ、を繰り返し。
f0115851_195939.jpg
アップ。
3月になると、バラの新芽も出てきて、コデマリ、イボタノキも新芽を伸ばし始めました。宿根ペチュニア系のボーダーパープルラインが茎を伸ばして又花を咲かせ始めました。冬の草花もまだ頑張ってるし庭のあちこちが楽しみです。
[PR]
by river_paddling | 2009-03-12 20:05 | 庭弄り
3月になるとだいぶ庭木の新芽もほころんで、草花も元気になってくるような。
f0115851_205836.jpg
プリムラが咲き始め、奥の空いたところにワスレナグサ。チューリップの芽もだいぶおおきくなってきました。ストックはどんどん高くなって、ビオラはどんどん広がって。
f0115851_206849.jpg
プリムラポリアンサ。大輪の花が2月中旬から咲き始めました。一つの花の寿命が長く、花で株が埋もれるほど。
f0115851_2072148.jpg
プリムラマラコイデス。細長い茎が伸びて小さな小花が咲きます。咲き始めは頼りない感じでも、次々に花茎が伸びて小花が鈴なりになってくると結構にぎやか。
f0115851_2094749.jpg
プリムラジュリアン。こちらは壁にかける鉢に植えてみました。11月に開花株を買って冬中咲いていたけど、最近は元気が無く。

プリムラは桜草。春の花。ジュリアンとポリアンサは親戚のようですが、マラコイデスは花の付き方の様子がだいぶ違うようです。
お店ではいろんな色のプリムラが咲いていて、ひときわ賑やかです。
[PR]
by river_paddling | 2009-03-09 20:12 | 庭弄り
ひっそりと多肉植物なんかも集めてます。冬越しは面倒だけど、水遣りは忘れた頃でも大丈夫という、無精者にはぴったり。成長速度もそれ程速くないみたい?
f0115851_19121199.jpg
去年の6月頃、多肉寄せ植えを植え替えたりとかしてこれだけ。鉢は基本的に100円ショップの陶器。
f0115851_19134668.jpg
ひと夏を経て、現在出窓で冬越し中。意外に成長しました。暴れて写真写りの悪いのは外してます。
f0115851_19145050.jpg
グリーンネックレスの花。小さな花が伸びた茎の先に。数十の集合花で一つ一つは星型の花びらで真ん中に蘂。
f0115851_19175477.jpg
処分品で鉢ごとで1000円しなかったので、思わず買い。
f0115851_1919326.jpg
裏は長く育った暴れっぷりが処分の理由。もうぼちぼち、寒さも薄らいで、外でも大丈夫だろうし、植え替えや挿し木で育ててみるのも一興。
[PR]
by river_paddling | 2009-02-24 19:22 | 庭弄り