ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

学生時代、京都の百万遍近辺で過ごした人間の何割かは天下一品のラーメンを食べ、そのまた何割かはその味を痛く気に入ってしまうという・・・。天下一品は他の店ではまずお目にかかれない独特のラーメンを出します。まずその濁ってドロミのあるスープ。野菜やら鳥やらを煮込んで作るらしいのですが、あのスープは嫌いな人は徹底的に嫌いならしく、天下一品の話題が出ると、徹底的に拒絶する方もいらっしゃいます。

私はといえば、・・・京都でラーメン屋めぐりをして、通ったのが天下一品と虎角。

虎角は岩倉にあったラーメン屋で検索してみたらまだ健在の様。「あそこの店おいしいよ」と聞いて行ってみると味が虎角と似てて、地元民に聞くと以前虎角で働いてった人が独立したらしい、といった話も聞きました。

天下一品は本店が近くにあったので、本店に行きましたが、市中いたるところに店舗があってさらに全国にフランチャイズ展開中。本店と言ってもマンションの一階にある普通のラーメン屋でした。今でも京都に行くと、夜食にこっそり天下一品に行ったりしてます(さすがに本店までは行けませんが)。

千葉に在住してた時、浜野の方に天下一品があるのを知って、時々車で片道30分くらいかけて通っていました。残念ながら、潰れてしまいましたが。

松山に来て、9月になって、そういえば松山には天下一品はないのかな?と思ってネットで検索してみると、お店の店舗情報に土居田店が松山市内にあるではないですか。早速場所をチェックして行ってみると、なんとこの9月に開店したところだとか。順番待ちが溢れ返っていたのでその日は引き上げましたが、10月以降は結構空いてきて、時々でかけては懐かしいこってりした味を楽しんでいるのでした。

天下一品のラーメンがどんなものか、熱く語っているページがありました(^^)。



さてと、一仕事終わったことだし、これから天下一品まで出かけてきますか。
[PR]
by river_paddling | 2006-11-25 19:57 | 日常
今朝のフライトで松山に戻りました。
本当だったら夕方の便でのんびり帰ってきたいところですが、午後は講義があるので、新任早々休講もできませんので。学生さんは、出張先で歓迎会もやってもらって、ちゃんと馴染んで、実験もこなしてる様子。こちらは安心して、以前見てた学生さんの指導などやったり。

午前の便に乗ろうと思うと、結構の早起きになるし、通勤電車に揺られて空港まで行く必要があり結構しんどいのですが、前方右側の窓際の席を確保でき、おかげでいい景色に恵まれました。

空港を飛び立つと、右旋回しながら上昇。空港を見下ろすような形になり。羽田空港って空から見るとこんな感じなのね。

f0115851_18575987.jpg


ちょっと画像処理ソフトで弄ってますが。あらためて写真を見てみると東京上空には嫌なモヤがかかってます。



f0115851_18571288.jpg
こちらは、機窓から見下ろした南アルプス。11月、山肌は紅葉で、山頂部分だけ白く冠雪していました。もう3000メートルの山は冬山ですね。ちなみにどこの山かわかりますか?

他にもいい感じで写真撮れましたが、ずらずら並べてもなんなので、この辺で。これからの季節、空気も澄んでくるので、出張の移動はできるだけ翼のかからない位置の窓側で風景を楽しみたいな、などと思いました。
[PR]
by river_paddling | 2006-11-22 18:58 | 出張
出張で学生を引き連れて千葉に来ています。
正確には、全学生に自分と同行程で旅費を出すのはしんどいので、夜行バスで来てもらうことになってます。研究室立ち上げて日も浅いので、セミナーなども学生に対する講義と変わらない状態になってしまいます。研究設備もまだ千葉に残してますので、古巣の研究室との合同セミナーと、実験を行う予定なのです。

研究費から、学会発表以外で学生の出張旅費を出すのは結構つらいのですが、研究の進展や今後の学生のモチベーション向上につながって、安い投資になてくれるといいのですが。

ところで、いい雨が降ってますので、川の水量気になります。国土交通省の水位情報を見に行っても余り増えてないですね。週末に向けてもう少し増えて欲しいですが。
[PR]
by river_paddling | 2006-11-19 20:12 | 出張
雨による水量の回復を期待して四万十川に行ってきました。
今回は艇のフィッティングをきっちりつけて、セミドライも新調したのでその効果を確認するのも楽しみです。

7時半松山出発で10時過ぎに昭和着。早速川を覗いてみると・・・

前日の土曜日に雨が降っていたので多少は水量が増えていることを期待したのですが、残念ながら先週に引き続いての低水量でした。それでも、せっかく来たので、三島に船を下ろして車を回送、歩いてスタート地点に戻ります。

先週は誰もいなくて完全に一人だけでしたが、今回は10人もの大グループが相前後して川下り。聞いてみると松山カヌークラブ(CC)の例会ということで、なんとご近所様。

EddyCatchさんから流の会などにもお誘いを受けました。

なんと四万十川・川下りマップの作者さんもグループにいたことが判明。意外と狭い世間でした。「四万十川・川下り、川遊び」の該当記事はこちら

リンク先の上の写真で小さい波でサーフィンしてるのが私でした。水量は先週よりも多少増えた位でしたが、先週はすぐに出された波にもちゃんとサーフィンで残れるように。だいぶ勘が戻ってきたようです。

松山CCの方は小さなホールでも艇を立てて遊んでいました。小さい艇の威力発揮です。私がブランク空けてる間に、カヤックのローボリューム・ショート化はますます進み、私の乗ってる艇は川では一番長い部類に入っています。艇が違うと遊び方も違ってきてしまうのも仕方がないことで。

水量が少なかったこともあって、早めの終了。



14時に昭和を出て松山帰着は17時くらい。渋滞無しで帰ってこれるのは地方在住だからこそ。千葉だったら、川からの帰り、渋滞があって自宅到着はいつも21時を回ってましたから。

津野川 水位 -0.45m ~ -0.50m
[PR]
by river_paddling | 2006-11-12 17:53 | 川遊び
9月は学会とその準備、10月は後期が始まり講義の準備や書類作成で忙しく、気が付くとしばらく漕いでないまま秋も深まり。水位が低めでどうしようか迷いましたが、このまま冬眠は寂しいので久しぶりに四万十川へ。

国土省の水位情報で見る四万十川の水位はかなり低下していたので水量は余り期待できませんでしたが、天気もいいのでのんびり下るにはいいでしょう。水位の低い時に岩の様子を見ておくのも、増水時の予想も立てやすくなります。

道中の支流の広見川の水位も低く、江川崎で見る、本流の水位も相当に低く、漕げるだけの水量があるか不安になりましたが、瀬の様子を見るとなんとかなりそうです。小貝の瀬の入り口がひどく浅かったので、三島~十川はやめて、三島~昭和のショートに決めて、三島のスタート地点へ。艇を下ろして一旦ゴールの昭和ふるさと交流センターに車を回送、歩いてスタート地に戻ります。この区間の四万十川は大きく蛇行して道はトンネルでショートカットしてますので、ちょっとの歩きで、それなりの距離を漕げるのです。

f0115851_20585511.jpg


これは三島の瀬(轟の瀬)全景。水量が全然ありません。



この区間を下るのは8月以来、前回は、水着にPFDつけた女の子がラフトに乗って下ってたりして、私もTシャツにPFDでしたが、今回はセミドライを着用です。10年以上も使ったセミドライ、さすがに浸水激しく、ロールをすると冷たいので買い換えようと決心しました。

f0115851_16184139.jpg

スタート地点の沈下橋を見下ろします。天気はいいですし、風も無く暖かですが・・・水は少ないです。

スタートしてちょっとした瀬を下ると、3段に落ちる三島の瀬。前回よりも水位が下がっているので流れの中の隠れ岩に注意しながらルートを決めて下ります。プレイスポットの三段目、私のカヤックではちょっと大きすぎて遊べそうに無いので上の波でサーフィンに入りますが、久しぶりのパドリングで艇のコントロールがままならず、すぐ出されてしまいます。

長い瀞場の後、小さな瀬が続いて、流れがU字型に回ると、エディーから繰り返しエントリーできるサーフィンによさげな小さなウェーブがありました。特にスポットで遊べそうなところも他に無いので、川原での休憩をはさんで、少し練習。艇のリーニングと切り返し、パドルを使ったスターンラダーによるコントロールの感覚がだいぶよみがえりました。

この下、流れの中央に隠れ岩のある大材の瀬があるのですが、今日の水量では、隠れ岩もすっかり水面上に顔を出して特にルート取りの困難はありませんでした。ここを過ぎると小さなざら瀬を底すりながら通過してゴールの昭和。

結局パドラーは誰にも会わずに終わりました。

濡れモノを干している間に交流センターの食堂へ。こちらの管理人も手持ち無沙汰のよう。「カヌーの人来てないね」なんて話も「水がすくないから」と。ラーメンをオーダーしてのんびりと頂いてから出発。

f0115851_16212039.jpg

ちなみに水の少なさはこんな感じ。桟橋のちょっと下流の対岸が水位計。
f0115851_17184620.jpg

四万十川・川下り、川遊びで参考値で出されています。一番下の水位計が80cm~2mの表示。随分と下がってるのが遠めでもはっきりと。

帰り、中山から伊予に下る犬寄トンネル付近で変に渋滞してたので、事故渋滞?、それなら裏道でエスケープと思って山道に入ったら、離合スペースの無い細い道を延々と走ることに。四国の山道をあなどるなかれ・・・。

津野川 水位 -0.60m 位?(欠測)
[PR]
by river_paddling | 2006-11-03 18:06 | 川遊び