ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

HP

学生さんに研究室のホームページを作成してもらいました。
正確には、私が以前つくったのがあるのですが、デザイン的にも、内容的にも、余り面白くないものでしたので、3年生が配属の講座を選ぶ時期になったのを機に、個人でホームページ作ってると以前話していた学生に改めてお願いしてみたのです。10月配属直後に頼んだ時は、「おそれおおい」オーラ全開でしたが、研究室にすっかり馴染んだ今回は喜んで作ってくれました。

出来上がりにも満足。リンクしたいところですが、一応このブログは匿名で運営してることになっているので、内緒にしておきます。

雨も降ってたし、お礼を兼ねてピザを注文。おいしかったですが、その日一日中研究室の中から廊下にピザの濃い匂いが漏れていましたとさ。



PS
このブログでも話題にした裏山登り、学生目線で書いてくれたのも掲載されています。
[PR]
by river_paddling | 2006-12-13 21:03 | 大学での事
EddyCatch(S)さんに誘われた「流の会」に入りました。近く松山CCにも入るつもりですが、今回は流の会の歩危例会にSさんにお願いして同行させていただきました。大歩危を下ったのは、京都に在住していた1996年の夏の終わりから秋口にかけて三週間続けて遠征に来て以来ですから、10年振り、再デビューと言ってもいいかもしれません。

メンバーはSさん、歩危常連のOさん、大歩危久しぶりのYさん、それに私の4名。Yさんの車に船と荷物をつんで、一台で出発。高速を三島川之江で降りてR192→R32をつないで大歩危までおよそ2時間。高速も通勤時間帯割引で半額になるそうです。←そんな制度があるの知りませんでした。

コースは豊永~大歩危(レストランまんなか)。車はタクシーを使って回送し、11時頃スタート。水量は少なめでしたが、水質は最高で、川底、かなり深いところまで透けて見えました。
f0115851_15512952.jpg
三段の瀬入り口付近でルートを見定める先達のOさん
川の透明度にも注目!

f0115851_15522916.jpg
こちら三段の瀬を下るOさん


瀬では、SさんかOさんが先頭をくだって、私やYさんがついていくと言うフォーメーション。水量が少ないとはいえ、瀬の落差はありますから、結構の波があります。やばそうなホールも何箇所か。岩の点在する難所の三段の瀬と国境の瀬では岸からの下見をし、Oさんが、先にくだってルート確認した後にスタート。それでもカヤックの視点だと、上から見たルートがどれか、なかなかわかりづらく、Sさんの後をついて、という感じになりました。

最初は波のパワーに負けてルート取りに苦労しましたが、慣れてくるとなんとかなるもので、国境の瀬に到達することには最低限のコントロールはできるようになってました。Sさんは国境の瀬や三段の瀬でもエディーをキャッチしながら下ってましたので、とてもそこまでは行けませんでしたけど。

f0115851_1602051.jpg
国境の瀬を下るOさん


国境の瀬の下で昼食。あいにくの曇り空に時々薄日が差す程度、雨もぱらついて、午後になると気温もさがったようで、水も冷たく、後半は寒さとの戦いに。ゴールが15時頃。帰りの車中では結構の雨の中走ることになりましたが、15時半頃の出発で17時半松山到着。片道2時間であれだけの流れを楽しめる、いいカヌー環境だと、あらためて。
料金も4人の割り勘で、2300円でした。
[PR]
by river_paddling | 2006-12-03 16:11 | 川遊び
私の大学の研究室は2階で北向きなのですが、秋になり12月に入って木々の葉も落ちてきて空気も澄んでくると、岩登りの練習くらいはできそうな岩場のある、山頂には白い人造物の見える山が気になります。
f0115851_20112165.jpg

冬枯れで展望も開けるのではないかとちょっと期待。

学生を誘って、天気の良い午後に、登ってみました。隣の先生に声をかけると、忙しいから・・・、とのことですが、学生も一緒との話しに、張り切って同行。既に何度か登ったことがあるそうで、案内してあげるよと。登り口がよくわからなくて、適当にあたって見ようという話だったので助かりました。

ちなみに、裁量労働制が採用されてますので、気分転換のこういった中抜けは特別な手続き無しでできるのが大学教員。うらやましい?と思うかもしれませんが、裁量労働制のおかげで、確実に給与のつかない残業時間は増えてますけど。

お寺の裏から山道があって、岩場の基部をかすめて道が続いています。山頂近くになると展望も開けて、ようやく到着した山頂は、鳥居が立ってたり碑が立ってたり。そして予想通りの素晴らしい展望。職場が見下ろせました。
f0115851_2015613.jpg

くだりは裏側から。小一時間のちょっとした気分転換でした。

追伸
---
Tracked from Blog技術委員会 at 2006-12-01 20:20
タイトル : 迷惑トラバでお困りの方へ
委員会では迷惑トラックバックを完全にシャットダウンするネットワーク構築に成功しました、詳しくは当Blogをご覧ください...more
---

こんな感じのTBが入っていましたが、どうも怪しげなので削除しておきました。
リンク先は
hiromumumu.1ch.cx
210.233.74.166

まっとうなTBだったら申し訳ないが、疑われても仕方がないでしょう。
[PR]
by river_paddling | 2006-12-01 20:18 | 大学での事