ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

日本化学会の年会と触媒学会の春討論会にハシゴで参加のため大阪に来ています。化学会の年会は阪急千里線沿線の関西大学での開催。触媒討論会は神戸大学。こちらも阪急が便利ということで、梅田に宿をとることにしました。ちょっと出遅れたら、安めの宿は全て空きなし。ちょっと高めの宿ですがおかげでインターネットに接続できるというメリットも。

千葉在住の時は学会で遠出の時は安いツアーを探して結構安く出張できましたが、松山からだと安いツアーはなかなかないし、忙しい時期、いつ何時予定変更があるかもしれないと思うと、便変更の出来ない安いチケットはちょっと不安。繁忙期でビジネスリピートが通常料金と変わらない値段なので、ちょっと高めの出張旅費です。飛行機の中は結構すいていましたけどね。事情通によると、この時期四国から外を結ぶ交通は安いバスが激混みになるとか。大学の出張でバスを使うのがいいのか、もしかしたら問題になるかもしれないという不安があってけっこう微妙、安く上げたいと努力をして、後で不正支出と文句を言われそうなご時世です。

今回は4泊でホテル暮らし。官舎暮らしだとホテルの生活は快適です。
日曜日、H教授の講演を聴いて。
月曜日、依頼講演、化学会での依頼講演はそういえば初めて。夜は懇親会へ。各大学の先生と情報交換。
火曜日、元素戦略のセッションへ。大きな部屋に入りきらないほどの人出。今後の無機化学の方向性の一端が示されている気がします。
水曜日、触媒討論会、神戸大学は噂通り坂の上だった。千葉で指導していた学生の発表を横目に他大の先生や企業の研究者と情報交換。
木曜日、明日の午前は触媒討論会、午後は松山に戻ります。実は午後に、聞きたい講演があるのですが、松山で仕事が待っています。はい、引越しの片付けです。引越しの顛末はまたの機会に。

なかなか盛りだくさんの内容の出張でした。来年の春までには愛媛大の学生さんを学会発表に連れて来れるようになりたいですね。
[PR]
by river_paddling | 2007-03-29 00:07 | 出張
先日、高知空港で胴体着陸した全日空のボンバルディアDHC-8。私も今度の大阪出張で予約を入れた便の機種がこの飛行機でした。トラブルがあったと聞いてちょっと不安になり、トラブルが多発していると聞いて更に不安に。しかし出張の際の時間効率を考えると飛行機の利用が望ましいのは仕方がありません。

これだけ騒ぎになってますから当面は整備などきっちりやって問題が発生する事は無いと思いたいですけど。
[PR]
by river_paddling | 2007-03-18 16:11 | 出張
松山CCの例会で四万十へ。朝の気温は低めですが天気は張れ。今日は松山ICで待ち合わせ、Sさんと乗りあわせで四万十へ。松山を出た時は晴れでしたが進むに従い雲が出てきて昭和につく頃には曇り。参加メンバーは、・・・ボケ常連のSさんとYさんと私の三名でした。

もう少し暖かくなると参加人数も増えるでしょうか。

昼頃三島をスタートして、一段目へ。エディーから繰り返し入れるウェーブが立っていたのでしばらく遊ぶ。流れが強いので、パドル操作や艇の切り返しもより素早く。

f0115851_14491531.jpg
先週撮影、三島の一段目。(10日はこの写真より水位があがっていました)

程よく疲れて二段目へ。入り口の波でSさんが豪快なサーフィン。気持ちよさげ。でその後で私も入ろうとすると、その前段階のエディーを捉えきれず、悲しく後ろ向きに流れていきました。流れの途中の波はダウンリバー中のワンチャンスしかないのでした。

f0115851_14492619.jpg
同じく先週撮影、三島の二段目。


三段目で休憩してまたサーフィン。流れが変ってホールがなめてしまったようで縦系のムーヴは難しいですが、ショートボートでのサーフィンには丁度いい大きさの波です。

f0115851_1575850.jpg
サーフィン中のSさん。
f0115851_1517532.jpg
バウを食わせ中のYさん。


瀬と瀬の間の瀞場ではSさんとYさんは艇を立てて遊んでる。静水でも立てる、いいかも、欲しくなっている自分かいました。近いうちに買ってしまうかも。コケの瀬のしたにあるちょっとした瀬の波と、大材の瀬の下の波でもサーフィン。サーフィンスポットが点在しているので飽きませんが、ホールを期待してとか、ビッグウェーブでのムーヴをしたい向きには物足りないかも?
ちなみに昭和の水位70cmでした。(先週は66cmの記憶)

楽しめて、ボケと違って安心して漕げるのも四万十のいいところでしょうか。

ゴール時には雨もぱらつくようになり。寒い一日でした。



明日は、後期の入試、明後日は、研究室の新人さんの顔合わせです。千葉からの荷物運搬やら、改修工事あけの引越やら色々待ち構えて、更に学会が3っつ。またしばらく忙しくなって漕げそうに無いけど、何とか乗り切っていきましょう。
[PR]
by river_paddling | 2007-03-11 15:01 | 川遊び
〆切仕事が順調に進み、お、休めそう。花粉症の症状も、何とかなりそうだし、気温も高め、ということで川へ洗濯に、・・・違った、漕ぎに行きました。

コースは、四万十川・三島~昭和。8時過ぎに出発し、伊予~内子は通勤時間割引が効いたので高速を使ってみました。順調に走って10時半くらいに三島到着。
f0115851_11431083.jpg
三島は今菜の花が盛り。

f0115851_11443879.jpg
こちらは三島の瀬。少なめとはいえ前々回や前回よりも水位は高め。結構楽しめるでしょうか。

車の回送を済ませ、歩いてスタート地点への戻り、気温が高く結構汗をかきました。冬用の装備でしたが、水温もちょっと高めな感じがします。南国のせいか、春のせいか、暖冬のせいか、ちょっとわかりませんが、暖かいのはカヌーするにはいいこと。

この位の水量になると三島下りも川底の隠れ岩や段差を意識することなく楽にこげるようになります。水のパワーはそれ程無いのではじめての三島くだりにはいいかもしれません。しかし、楽しみにしていた三島の三段目のホール。この水位で既にウェーブ気味になっていました。
f0115851_11535457.jpg
逆に三つ並んだウェーブでサーフィンの練習にはいいかも。漕ぎあがり無しでエディーから繰り返し入れるのと、一人で順番待ちが無いのでしばし遊んでいきました。遊びすぎたのか、この先の瀞場下るのがちょっとしんどかった。

小さい瀬をいくつか過ごして、大材の瀬の隠れ岩の出具合はこんな感じ。
f0115851_1233616.jpg
この隠れ岩、上流から見るとこんな感じ。
f0115851_1203469.jpg
波の加減で岩があると気付きにくいのでした。知ってると簡単によけることができますけどね。

ゴールまで休憩をふくめておよそ3時間、濡れても余り冷たくないし、着替えの時も暖かい、いいカヌー日よりでした。
[PR]
by river_paddling | 2007-03-04 12:05 | 川遊び