ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

<   2008年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

最近アウトドア=庭弄り?となりつつある、当ブログ。

毎日暑い日が続き、朝の出勤時には既に猛暑。結局、夜帰宅後に庭に水を遣ることになる。夜の水遣りは暗いので植物のSOSサインが見にくいとか、ナメクジを元気にするとか、マイナス要因もあるのだけど、早起きは無理そうだし、夕方早くに帰るのは無理だし、仕方がないところ。

そんな水遣りを終えて、部屋に入り、山の上で風も通るので窓を開ければ我慢できるのだけどエアコンを付けて快適にビールでも、とくつろいでいると、窓を、コンコンとたたく音。はて?と思いつつ、二階だし人って事は無いよね、何だろう?、とまたコンコン、と。

ベランダに出てみるとひっくり返ってバタバタしてるクワガタが一匹。手ごろな棒(歯ブラシの柄だ!)につかまらせて、家の中にいれてみる。
f0115851_18463392.jpg
こぶりのノコギリクワガタ。子供の頃、近所の林に出かけて、たくさん捕まえていたのを思い出す。ノコギリクワガタは個体によって、色も明るい茶色から黒っぽい色まで変化するし、ノコギリのはさみも湾曲の仕方がことなったりする。こいつは、かなり小型のためか、それほど顕著な形での湾曲は見られない。

ひっくり返ってバタバタやって疲れきったのか、ほとんど動かずじっとしている。翌日林にかえそうと、行方不明にならないようにプラケースに入れておくと、深夜抜け出してガサゴソ。片隅で干からびてもかわいそうなので、音の場所を探って見つけて再度プラケーに。今度はきっちり密封しておく。

f0115851_18513174.jpg
朝、プラケーの滑る底でジタバタしながら一生懸命外に出ようとしている。昨日バルコニーでひっくり返ってバタバタしたときのものか、表面に傷も少々。カシの木の根元に放してあげるとバークチップの下にゴソゴソ潜って隠れてしまった。元気に長生きするんだよ。

まあ、クワガタじゃ樹脂すすってるだけだから、害虫退治はしてくれないんだけどね。
[PR]
by river_paddling | 2008-07-28 19:01 | 日常
今年の春、種を蒔いたのはヒマワリとアサガオ。それに初夏にコスモス。ヒマワリより一足早くアサガオが咲き始めた。
f0115851_15471378.jpg
6月下旬最初に咲いたのが、淡い青を基調に中心がピンク、外周が白の、覆輪筒色の三色咲き。夏にぴったりの涼しげな色合い。
f0115851_1548308.jpg
こちらは白一色。
f0115851_15485594.jpg
家の前面花壇の前にツルを這わしたので二色のアサガオが花壇を縁取るように咲いている。買ってきた種から出た芽を適当に間引きしたり、プランターから植えつけたりとやったので、この色の組み合わせで咲いたのは本当に偶然。三色トリコロールのアサガオはご近所さんにも人気で種の希望が入っていたりする。

ちなみに中庭の花壇には紫に筒白のアサガオ。
f0115851_15521741.jpg

気が付いたら紺色に筒白のアサガオも咲いていた。結構目を引く色合い。
f0115851_15535152.jpg


来年も種を蒔くなら三色トリコロールアサガオかな?と思うのだけど、果たしてトリコロール系の種を間違えずに採取できるかどうか?

7月上旬には早々に梅雨があけ、快晴続き。毎日の庭への水遣りも結構大変。咲いた後の花柄摘みとか、雑草抜きとか害虫チェックとか病気の確認とか、意外と大変な庭弄り。

早明浦ダム:貯水率60% きょうから取水制限というニュース。そういえば松山の水瓶の様子は?、と今朝石手川ダムに寄ってみた。
f0115851_1625369.jpg
今のところまだまだ水位は大丈夫のよう。向うの山の上には白い雲。真夏の風景。
[PR]
by river_paddling | 2008-07-26 16:05 | 庭弄り
今まで全然庭弄りをしていなかった素人が花を植えようと思った場合、小学校を思い出してのアサガオやヒマワリ、そして園芸店やホームセンターに行けば定番のインパチェンスやペチュニア。今日は我が家のペチュニアの話。

tちなみに我が家の花の色は、家全体で白-赤-青系のラインでそろえるようにしている。まあ、ヒマワリは黄色だし、マリーゴールドも買ってしまったし、庭のど真ん中のバラも黄色なんで、結構黄色もあるんだけど、黄色は極力減らすようにしてる。

ペチュニアはサフィニアとかプリエッタとか大きく成長することで有名なブランド品が多いけど、ここはあえて78円の安いミニペチュニアを選んでみる。コシヒカリやササニシキよりあえて標準米を選ぶ、みたいな?色は淡いピンク。

5月17日、インパチェンスはあっという間に鉢を覆いつくすほどに成長してしまったので、ペチュニアは鉢に1株だけ植えてみた。
f0115851_18465298.jpg

6月2日、ほぼ植木鉢全面に広がっていく。土も庭土と園芸用の土を混ぜてるので余り良い土じゃないので、良い感じの成長にホクホク。
f0115851_18482226.jpg

6月23日、ほぼ一ヶ月経過。毎日5~10個程度の花が咲いているので余り気にしてなかったところ、ふと上から見ると分岐も少なく、匍匐性がないので余りきれいな成長じゃない。道路から見て後ろ部分だけ摘心して様子を見ることにする。道行く人が見る正面からはそれなりに見られるけれど、裏返しにするとなんとも不格好な状態になる。
f0115851_1851285.jpg

7月7日、後ろの方は摘心したあと、脇芽が出てきて良い感じにこんもりしてきてる。手前の方も摘心して更に様子を見ることにする。
f0115851_1852381.jpg

7月12日、良い感じに鉢全体がこんもりと花で覆われました。
f0115851_18531139.jpg

7月19日、頂き物のサフィニアを門の脇に載せて垂れ下がる姿を見せるように飾ったので、ペチュニアを前に置いてみました。上から見ても花が一面に咲いていて、カーポートのゲート越しではあっても道行く人の目を引きます。
f0115851_18542582.jpg

現在、カーポート正面に、手前から、紅白のポーチュラカ、頂き物のアメリカンブルー、葉っぱが元気に育って花が控えめに咲いている八重咲ゼラニウム、奥がペチュニア。
f0115851_18564544.jpg

植えている本人は、朝の出掛けにちらっと見るくらいで、帰りは真っ暗でほとんど楽しめてないですが、お散歩中の方の視線があるとセキュリティー上も好ましいと考え、余り手のかからない、だけどきれいな花を育てよう、と。ちなみに肥料は固形の緩行肥料を上げたり、液肥を上げたりでそれなりに与えてます。
[PR]
by river_paddling | 2008-07-23 19:03 | 庭弄り
4月に植えたサルスベリ。小さい苗だしほとんど生長してないので今年は花が咲かないだろうと思っていた。ていうか、本当に成長しないので、植えた場所が悪かったか色々心配していた。暑くなって、気が付くと新芽が伸び始めその先に、もしや蕾?そして今朝、一輪咲いてました。
f0115851_1401254.jpg
他にも蕾があるから、しばらく花を楽しめるかも? ところで、写真の上部に毛虫が写ってますねえ。さっそく箸でつまんで庭石の上においてすりつぶし!の刑に。

以前登場したアベリア・エドワードゴーチャー。今年の春、これ以外に別の二種類のアベリアも植えた。
f0115851_1425912.jpg
品種をわからずに買ったので多分だけど、ホープレイズ。明るい葉っぱの色と匍匐性の強さが特徴?花の色も少し紅が入った白です。
f0115851_1442118.jpg
こちらは多分コンフェッティ。花は真っ白。上の品種に比べると枝はしっかりしてます。特徴は
f0115851_1461233.jpg
芽吹きの時の外側にピンク斑入りの葉っぱ。

いずれも地味目に花を咲かせています。特にホープレイズとコンフェッティはエドワードゴーチャーに比べるとかなり小さめの花でした。

花期の長い花木たちなので、今年の暑い夏、しっかりと花リレーのバトンを回してくれることを期待!
[PR]
by river_paddling | 2008-07-21 14:09 | 庭弄り
ヒマワリ、害虫と戦いつつ、なんとか順調に成長中。
f0115851_11493914.jpg
7月10日。一番背が高いので腰の辺りまで。多分1mは越えたかな。
f0115851_1151164.jpg
7月19日、胸の辺りまで。だいぶ引かないと全体が写らないし、ここまで引くと、一本一本がよくわからない。

小さい時から継続して発生していたアワダチソウグンバイは、ベニカXを入念にスプレーして、オルトランを撒いて、だいぶマシになったかな?葉っぱをひっくりかえしても、ほとんど見かけなくなりました。ヒマワリの生長に薬害は今のところ発生していない模様。こういった防除剤は余り使いたくないけど、テデトールでの対応も時間の限界があるだけに、仕方がないところ。市販のスプレー剤は余り効果がないとも聞きますが、そのうち耐性を持つものが現れて普通に害をなすようになるのでしょうか。

ヒマワリといえば大輪の花。
f0115851_1202215.jpg
6月30日には小さな蕾らしきものを確認。種を蒔いてほぼ2ヶ月。開花までどれだけかかるかわからないけど、7月中に咲くことを期待してよさそう。

ちなみに小さい写真だとわかりにくいけどヒマワリってかなり毛深いのね。葉っぱがざらざらしてるのはこの毛に原因があったわけね。

f0115851_1213687.jpg
7月10日。プックリと丸々した蕾に成長。

f0115851_1232856.jpg
7月19日。だいぶ大きくなって、黄色いのが覗いてます。ぼちぼち開花かな?どれだけの大きさの花が咲くか楽しみ。ちなみに20本くらい植えた中で、成長速度がバラバラなので、開花も長期間にわたって楽しめるかも。成長が遅れたのはいつまでも貧弱なままかもしれないけれど。
[PR]
by river_paddling | 2008-07-19 12:12 | 庭弄り
GW明けの記事で書いたインパチェンスの鉢植え。(5/4)
f0115851_20101553.jpg

カーポートにアウトドア用の木の机を置いてその上に置いた。カーポートの屋根越しの光の加減が生息に良かったのか5月中旬には鉢を埋めるように一気に花が開き(5/15)
f0115851_20105046.jpg

一通り散った後、一旦切り戻して肥料を与えると再度成長開始。6月に入ると枝も増えて蕾も一杯。(6/2)
f0115851_20151232.jpg

一週間後には花がテンコ盛り(6/8)
f0115851_20174410.jpg

花が机に付きそうになって脚の低い鉢台を入れた(6/22)
f0115851_20195650.jpg

で、これが最盛期の在りし日の姿。

その後、梅雨の合間に一気に気温が上がった時、水切れを起こし、家に帰ると派手にシオシオになっている。慌てて水を上げると次の日の朝には元気に、という事件が発生。

以降、いちおう水切れには気をつけていたのだけど、梅雨明け前後になると、朝水をやっても、夜家に帰るころには、水切れでシオシオに。というのが二日続く。シオシオ状態からの復活はするものの・・・(7/5)
f0115851_20231394.jpg
花もだいぶ落ちて、蕾も減って、葉の色艶も悪くなり斑点まで。

水切れ対策として、多分鉢の大きさの割りに蒸散量が多いのが原因と考え、鉢の下に水受け皿を引いて腰水として水を供給することに。常にジメジメしてると根腐れの心配もあるけど、水切れよりはましかもとの判断。

なんとか復活しつつ、しかし水切れでやられた葉っぱがどんどん黄色くなっては落ちていく。在りし日の花てんこ盛りを再び、はあるのか。

しかし改めて考えると、カーポートの下は半日陰と言えないこともないが、やっぱり薄日だけでも相当に暑い。インパチェンスにも余りよろしくない環境のようにも思え、玄関先の日陰に移動した。
f0115851_20312048.jpg
ここなら多少は涼しいので、根腐れの心配のある腰水をしないでも水切れにはなりにくいだろうし、玄関先の雰囲気も明るくなっていいかも。

一緒においてる鉢はグロキシニア×2とトルコキキョウ×2。こいつらの話はまた別の機会に。
[PR]
by river_paddling | 2008-07-17 20:34 | 庭弄り
ここに来てサツキの様子が微妙。小さな害虫がついてるのかも?

ヒマワリ。直径2mm程度の埃のような茶色い虫。一時期減ったと思ったけどまた復調してどんどん増殖中。ひっくり返すと黒い部分があるし、カイガラムシの一種かと思ったけど、ブチブチやってたら、ポロリと葉から落ちた奴が飛んで別の葉にひっついた!

羽が生えているというのは結構やっかいで、退治してもどっかから又やってくる。どうもカイガラムシではないらしいということで、お散歩がてら周囲の花壇などを見てみると、町内会の花壇のヒマワリにも発生を確認。

f0115851_17593553.jpg
揺れるヒマワリの葉っぱの上の小さな被写体。拡大で写すのは結構大変で比較的ピントのあってるのがこれ。貝殻のような茶色いものはどうやら頭の横の出っ張りと羽によるもののようで。アップで見ると羽の丸い透明な部分がキラキラして結構きれい。・・・などとのんきな事は言ってられない。ヒマワリの葉っぱは食害でひどい状態。

とりあえずつぶせるだけつぶし、葉の裏もチェックして幼虫のような小さいのがいる葉や相当やられた葉はカットし、最後に消毒液をシュッと。どれだけ効果があることやら?

とりあえずネットで調べてみると、どうやらアワダチソウグンバイという最近北米から侵入してきた害虫らしい。セイタカアワダチソウで多発するらしいものの、ヒマワリやキクなどにも被害を出しているとか。近所の荒れ放題の空き地にはセイタカアワダチソウも繁茂しているわけで、害虫の発生源には事欠かない状態。ちょっとした消毒で手に負えないようだと、ヒマワリ育成は手がかかりすぎるので今年限りで終わりかなあ。

アメリカンブルーもやられるらしいので、頂き物の鉢の管理にもちょっと注意が必要か。

モッコク。よくよく見てると、葉っぱ数枚がひっついてる状態が多数。中はクモの糸のようなものと黒いコロコロした粒、そして茶色く枯れた葉っぱ。そして小さなイモムシ。こちらはモッコクの要注意害虫のハマキムシの発生。ハマキの存在が害虫の自己主張のようなもので、ハマキ部分をひたすら摘み取り敷石の上で靴で踏んでズリズリやって退治。

庭弄りも結構大変。でも観察力が大事というのは、化学の実験と少し似てるところがあるかも?
[PR]
by river_paddling | 2008-07-15 18:11 | 庭弄り
伏線
水曜日の講義で一番前に座っていた学生が妙な咳をしていた。どうしたの?と問うと風邪をひいたとのこと。
木曜日は研究室で納涼ビアパーチー。
金曜日は体調を崩した学生がちらほら。2名が早退。飲みすぎ食べ過ぎで体調を崩したなどと冗談半分だったけど・・・どうも自分も喉にちょっと違和感。

土曜日、昨年家さがしでいろいろ回ったところのその後を見にバイクで回ってみる。たいがいは新しい住人が入っていたようで、松山の不動産の売買はそれなりに進んでいる模様。相変わらず売りに出たままの物件もあるようだけど。そのあと研究室に行ったけど体調が悪い。どんどん悪くなる。金曜日早退した学生が微熱があったとの話。風邪をうつされたことにしてさっさと帰り、寝ればいいものを日が陰っていい感じになっていたので、ここ数週間の懸案の花壇拡張に取り組む。ひと仕切りの庭仕事をしてふと気付くと体長最悪。

咳もひどいし洟も出る、こりゃ本格的な夏風邪だな、と。夏風邪が治りにくいのは暑くて温かくしていられないから。寝ていてもつい布団を蹴とばしてしまい寝冷えしてしまう。ということで、布団ではなく厚着をして寝ることにする。

日曜日朝。「本日は予定通り町内の大掃除を行います・・・」の放送が流れてくる。7時から大掃除とのこと。体長は多少はまし。ということで無理に起きて草むしりに。ご近所さんが話すのを聞きながら草むしりに精を出し。その後は家で寝て過ごすがそうそう寝てもいられないので庭の日当たりチェックなど。シェードガーデンと思っていた部分が予想以上に日が当っていることに気づく。夕方だいぶ体調がよくなって散歩をしてると花姉さんから花苗を少々いただいた。

とりあえず拡張した花壇の一角に植えてから何の花だろうと検索してると、グロキシニアと判明。日向はご法度だよ、ということで急きょ掘り上げ鉢植えに。玄関横、ちょうど「日当たり悪いんですよね」とご近所さんと話していたところだったので、そこに移動。ちょっと小さめの鉢しか無かったけど、根はまわってないし多分大丈夫。鉢が貧弱なのは愛嬌。

月曜日、風邪の状態はましになったけど学生にうつすわけにもいかないので、かねて懸案の免許更新のために休暇を取り午後から免許センターへ。

途中見かけた怪しげな看板
f0115851_0124473.jpg
どう見ても二頭身のキャラクター。モナー猫の額に「そば」って張り紙。
f0115851_030136.jpg
そば猫!って強烈な印象として頭に焼きつく。お店の人ごめんなさい。でも、狙ってるでしょ。でないと、こんなのいっぱい並べないよね。ふつう。




f0115851_0122230.jpg


免許センターは、・・・やっぱり人口の違いか千葉に比べると格段に空いてる。千葉だと受付順で席が埋まると順次講習が始まってたけど、13時~14時の受け付け全部が入りきっても教室に空きがちらほら。行列の並びに鬼気迫るものがなかったのはこのせいか。
[PR]
by river_paddling | 2008-07-15 00:22 | 大学での事
サクラ→ヤマボウシ→イボタノキ→クチナシ
次の花リレーは地味ーに。
f0115851_165521.jpg
5月下旬の芽吹きの頃のモッコク。
f0115851_165285.jpg
7月にはいって地味ーに花を咲かせました。葉っぱの付け根にひっそりと。なかなか気付かないけど、拡大するとけっこうきれいだったり。

f0115851_1661527.jpg
時を同じくしてキンマサキの花も開きました。下の花壇に小さな丸い粒がたくさん落ちていてなんだろう?と思っていたらキンマサキの花が散った後だったのですね。花壇の花が目立ってなかなかキンマサキの花には目が行きません。

昔は素人がこういった花の拡大写真を撮るのって結構難しかったのだけど、デジカメのシンポとともに手軽に撮れるようになりましたね。デジカメは結構色々と買い換えてきたけど、今使っているPENTAX OPTIO W10。防水仕様なのでカヌー用として買ったのだけど、庭の花を写すと拡大写真はシャープに撮れるし、発色も自然できれい。拡大写真で見る小さな花が意外ときれいだったりしてびっくりします。

もう一台のRICOHのデジカメと比べると断然違いがわかります。もっともRICOHは28mm相当の広角域から対応できるのでその点はgood。単三電池でも動くし。

以前使っていたMINOLTA DiMAGE X20。突然液晶がおかしくなって壊れたのだけど、後々調べてみるとリコール対象だった。小さくてタバコ用の防水ぷらケースにも入るので使ってたのだけど、今更無償修理で直しても多分使う機会は無いよなあ。

f0115851_16194146.jpg
シェードガーデンに植えたオリヅルランからランナーが伸びて・・・

f0115851_16195449.jpg
先端には小さなコヅル♪

f0115851_16201593.jpg
小さな花も咲いたよ♪ これも普通気付かない小さな花。
[PR]
by river_paddling | 2008-07-12 16:20 | 庭弄り
庭弄りをしていると散歩をしているご近所さんと会話する機会も増えます。そんな会話の中、花姉さんが夏用の公共空き地用花苗が大量にあるから好きなのを持っていっていいよ、と。ありがたい申し出ですが、既にうちの庭は色々な苗を植えていてコミコミ状態。地植えで増やすのは難しいなあ、と思っていたら、こちらの鉢をどうぞと、いただいた花鉢2つとポトス。

f0115851_18581772.jpg
吊り鉢に植わった立派なポトス。家の中はカーテン締切りで結構暗いのでとりあえず車庫の日陰に吊るしてみた。

f0115851_18585968.jpg
アメリカンブルー。こちらも吊り鉢に入って本来は吊って楽しむ用だけど、日当りのいいところへ。夏は青い花がいいなあ、と購入を考えていたところ。
f0115851_18595896.jpg
日が差すとこんな感じの青い花がポンポン咲いていて涼しげでいい感じ。

f0115851_1904054.jpg
サフィニア大苗。情熱的な濃い紫の大輪。立派に育ってたくさんの花を咲かせています。駐車場の入り口、暑くなったのでミニバラ×2を日陰に引っ込め、代わりに上のアメリカンブルーとこのサフィニア、そして下の写真の八重咲きのゼラニウムを3つ並べて置いてみた。

f0115851_1924973.jpg
花屋さんで衝動買いしたやつ。ピンクと白の絞り模様できれい。水切れで枯れ書けたけど復活してきれいな花を咲かせています。
[PR]
by river_paddling | 2008-07-10 19:06 | 庭弄り