ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新聞社の無作為抽出の世論調査で結果が新聞社により全然違うことがあります。何故そんなことが起こるのか、ある一つの事例を元に解説してみましょう。

ここから先は、架空のお話です。

ある大学でAという教材の利用を始めました。Aという教材の利用の実態を調査するためにアンケートを行いました。

B教員の講義で行ったアンケートの結果は?
同じ母集団の学生に対して、「学習内容の理解にAという教材が役立ったか」の設問の解答が
前期では
とても役に立った12%、多少役に立った65%、余り役に立たなかった20%、全然役に立たなかった4%。
後期では
とても役に立った57%、多少役に立った40%、余り役に立たなかった3%、全然役に立たなかった0%。

と、飛躍的に評価が向上しました。

さて、この理由は?
1.前期ではAという教材の利用をほとんどせず、後期の講義ではAという教材の有効利用を進めた。
2.1年を通して、教員が学生の心をつかんで、いいアンケート結果をもらえるようになった。
3.アンケートの設問を工夫した。



タイトルにもあるように、答えは「3.アンケートの設問を工夫した。」です。
実際、A教材の利用頻度は前期も後期も同じだったそうです。
学生との距離感は、こうしたアンケートにどれほど影響を与えるのかよくわかりませんが、後期の方が、多少有利かもしれません。

それでは、どんなアンケート設問にすると、こういった結果が得られるのでしょうか?
まず、設問自体は変えていません。変ったのは設問の流れです。

前期のアンケート調査では

I.あなたは、この授業のA教材をどの程度利用しましたか。
1.良く行った、2.時々行った、3.あまり行わなかった、4.全く行わなかった

II.この授業のA教材は、学習内容の理解に役立ちましたか。
1.とても役立った、2.多少役立った、3.あまり役立たなかった、4.全く役立たなかった


といった設問でアンケートが行われました。

後期のアンケート調査では

I.あなたは、この授業のA教材の利用者登録をしましたか。
1.はい、2.いいえ
II.(IでYesの場合)具体的に、どのような目的で利用しましたか。(複数回答可)
1.定期試験勉強、2.小テスト対策、3.課題・レポート提出のための勉強、4.日常的講義の復習、5.登録したが利用しなかった、6.その他(           )
III.(IでYesの場合)この授業のA教材は、学習内容の理解に役立ちましたか。
1.とても役立った、2.多少役立った、3.あまり役立たなかった、4.全く役立たなかった


といった設問に変更しました。

アンケート評価が向上させるポイントは二つです。
一つ目は回答者を「A教材を利用した学生」に限定したこと。教材を利用していなければ、「A教材は、学習内容の理解に役立」つはずありません。つまり、回答者を限定することで、マイナス評価の回答のみを選択的に無くすことが可能になります。

二つ目は案外見落としがちなのですが、設問の流れです。「どの目的で利用したか?」と問い、選択肢を複数挙げれば、「確かにA教材をあの時利用したな」とか「そういえば今度の試験に利用してみよう」とか、A教材に対して「使った」というプラスの心理を学生に持たすことができます。その上で、「学習内容の理解にAという教材が役立ったか」という設問をすれば、学生のプラス心理に乗っかって、高評価を引き出せる可能性が高くなります。

逆に前期のように「どの程度利用したか」と問うと、全15回の講義で使ったのは数回、「あまり使っていない」というマイナス心理を持たすことになってしまいます。当然「あまり使ってない」から「役立ってない」という印象の流れから、低評価を引き出してしまう、ということです。

一つ目の効果だけなら、マイナス評価を減らせても、プラス評価を増やすことにはなりません。とても役に立った12%から57%への向上は、もちろん学生と教員の関係改善とか、学生のA教材利用に対する慣れとか、別の要因も多少は効いているにしろ、ちょっとした設問の工夫でこれだけコントロールできるということになります。

世論調査も同じ原理が働きます。
「○○総理を支持しますか」の設問の前に、○○総理が具体的にどのような政策を進めてきたのか、プラスイメージを持たす何かがある場合、マイナスイメージを持たす何かがある場合、数十%の支持率の差を生み出す可能性があるということです。

これを余り露骨にやって、「法の改悪に賛成しますか?」とやると真理的反発くらって、逆に結果が悪くなったり、アンケート結果報道の後で世論誘導と叩かれることになりますが、自然な形での印象操作、心理誘導というのは、世論を作って社説につなげるとかの目的では普通にありそうです。
[PR]
by river_paddling | 2009-01-22 19:43 | 大学での事
一昨年の夏、非常勤講義のためにお世話になった先生を松山に呼んだことがあります。当初は、さっと講義をやって、その後はのんびり温泉につかってもらって、いろいろと議論をしたり、ということを計画していましたが、実態は、7.5回分の講義を二日でまとめてやるという、ああ、確かに集中講義だ、というものでした。
結果的に騙したわけで、非常に恐縮したものですが、こういったのはお互い様、今年も受けてもらうことになりました。

お互い様、というのは、先方も集中講義を依頼する立場になり、私も集中講義を引き受ける立場になった、ということで。

正月休み明け、先方の大学とうちの大学で開講カレンダーに隙間のある1月6,7日に出かけてきました。

5日の夕方、最終便はとれなかったので、その一本前の飛行機はお馴染みのボンバルディア。偏見というか、先入観というか、故障で胴体着陸したという悪いイメージが残ってるこの機体。今回は大丈夫でしょうか?
f0115851_15285316.jpg


との不安をよそにさっと飛んで、無事大阪に到着。バスで梅田に出て、コテコテのお好み焼きを頂いて、たこ焼きとビールを持ってホテルにチェックイン。講義資料の準備をしながら、のんびりたこ焼きつまんで、ビールを飲んで。

次の日、JRで南彦根まで移動。バスに乗り換えて、滋賀県立大学へ。
f0115851_1531445.jpg
これは二日目の朝の写真ですが、テーマパークのような建物に、一面の緑。海外の大学みたいな雰囲気が漂います。
f0115851_15312325.jpg
こんな掘割もあったり、まあ、端的に言うとバブル時代の遺産、ってわけで。

学生時代の指導教官がここの学長をやっていたり、学生時代にお世話になった先生がいたり、以前の勤務地で共同研究をやっていたり、という経緯もあって、5年位前までは時々訪問していたりもしていたのだけど、比較的規模の小さい大学で、これだけの敷地を管理しきれるのか、ちょっと不安もあったのだ。ボロボロだったらどうしよう、という。

案外すっきりしていて安心しました。もっとも先方の先生に話を聞くと、草刈する頻度が減った、夏のひどい時は背丈ほどの草が生い茂っている、とか。


講義のほうは、大学院向けなので、受講者は10名ちょっと。松山でやってるのと同じ位の数が相手。材料系の学科で、環境関連の話題を、と求められていたので、ちょうど、学部でやった環境化学の講義の内容をそのまま流用してみた。ちょっと視点の違う環境化学、ということで、意外と新鮮に聞いてもらえたよう。

夜は、学長の恩師も交えて軽く一杯。酒豪で鳴らした先生ですが、最近は年でひかえられているとか。数えてみると、70を軽く過ぎてる。まだまだ元気でした。

二日で1単位分の講義をやって、結構疲れて、研究室を見せてもらって出発。また次もお願いしようかな、という本気とも冗談とも社交辞令ともつかない言葉に見送られて帰って来ました。
[PR]
by river_paddling | 2009-01-18 15:44 | 出張
ニュースで思い出しましたが阪神大震災から14年経過ですね。

当時、京都で博士課程の学生でした。夜寝ているときに、ズシンというベッドから飛び上がるような衝撃で目を覚ましました。しかし、そのまますぐに睡眠。朝起きて、結構の地震だったなあ、研究室の試薬とか倒れてたら面倒だなあ、などと考え大学に登校。幸い京都での被害はほとんどありませんでしたが。

どうやら京都では震度4とか5とか、どうも神戸ですごい地震があったようだとか、当時は今ほどネット情報も発達していませんでしたからよくわからないまま、高速の橋脚が倒れたみたいな情報もある反面、ラジオなんかでは死者数名といった数字で、どうも被害の規模がよくわからない。

もうずいぶん昔のことなのでどうやって情報を取っていたか、ちょっと思い出せませんが、午後になって続々と増えていく死亡者情報を見てただ事ではないということを理解しました。同時に、阪神間に住む知り合いの安否が気になり。水道が止まって、とか、家じゅうめちゃくちゃとか、の状況はありましたが、知り合いの範囲では死亡とか家屋の全壊全焼とかの被害は発生しませんでした。

天災は忘れた頃にやってくる。

新潟での地震被害とか、結構阪神大震災以降も地震による被害は発生しています。巨大地震に対しては人間は無力、しかし、震災を受けた地域の被災者同士の相互扶助や若者の滅私のボランティア活動などは人間の力を改めて示しているようにも思います。

実家も大概のボロ家ですから、地震で地域の住宅が崩壊するくらいの揺れがあれば、まっさきに崩壊するような気もします。親はどうもそれも運命と考えているようですが、遠く過ごす家族のことを思い出す日でもあります。

亡くなられた方に合掌。
[PR]
by river_paddling | 2009-01-18 00:24 | 日常
ということで、新しい年になりました。

去年は土日の関係で12月26日が仕事納めになったので、27日から海岸伝いにぐるっと時計回り、四国一周一人旅を計画。
27日、松山ICから香川県に入り鳴門の渦潮を見て徳島県南部の海岸の宿へ。鳴門海峡は、海峡いっぱいに結構の流れ、船に乗ったり、展望台から眺めたり。宿はうみがめ荘という古い国民宿舎。施設は古くて廊下やトイレが冷えたり、微妙なところもあったけど、部屋から日の出が見れたし、食事もそこそこ、展望風呂からの朝日もきれい、と、まあ、値段相応。

28日は室戸岬を経由して、高知の龍河洞を見て、足摺岬まで。結構の移動距離になったけど、明るいうちに足摺岬に到着。宿は足摺園というところ。海の見える部屋を用意してくれていい感じの景色が窓から。夕食前、ちょろっと散歩に出て白山洞門などを覗いて、岬からの夕日を見る。その後屋上の展望露天風呂へ。夕焼けを眺めながらのお風呂もなかなか。脱衣所も吹きさらしなので季節がらお湯から出ると寒いのは寒いのだけど。豪華食事に満足。

29日、朝食も満腹でリバウンドを気にしつつ、チェックアウト。小雨の中足摺岬を再度散策して竜串をぶらりと。海中展望塔は、・・・ちょっと微妙。グラスボートに乗ってサンゴを見て回り見残しへ。ぐるっと散策。カメラの電池切れで写真を撮れなかったけど奇岩ときれいな海がなかなかいい感じ。展望台からの景色もgood。小雨の中傘をさしながらの散策だったので次回は天気のいい日に来たいね。竜串の海岸もぐるっと回って帰り道。宇和島あたりで少々道が混んだけど順調に走って明るいうちに松山へ帰着。

ガソリン価格が100円を切るようになった。松山市内で安いところで95円。今後安定するのか、さらに下がるのか。NY原油チャートを見ると底を打った感じには見えるけれど。

30日は久しぶりに家の中を掃除して年末年始は実家に帰省。夜行バスにて松山に戻ってきたら、・・・集中講義の準備をしなくてはいけないなあ。

年末四国一周旅行は写真を付けておいおいアップしていくつもり。

今年もよろしく。

P.S.
H様、年賀状ありがとうございました。
blogからの返信で失礼します。元気なご活躍を期待しております。
[PR]
by river_paddling | 2009-01-02 09:56 | 日常