ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ネリモーザという品種の小苗を買ったのが昨年。

6号のプラ鉢に植えて、一年、時々水切れをおこしたり、日当たりが悪かったり、雑草が繁殖していたり、色々あってひと夏とひと冬をこして、春になると、大きな蕾が。昨年も一輪さいたのだけど、ちっちゃな花だった。ネリモーザというのは、小輪種なのだ、とその時は思っていたのだけれど、年を越した苗は明るい色の大きな花を咲かせた。
f0115851_13455460.jpg
花弁(ガク)が八枚。冬越しの痛みを引きずった鉢も多い中、庭がぱっと明るくなった。どれだけ、大輪かというと、宿根ペチュニアの「天使のワルツ」と並べてみる。
f0115851_13475665.jpg
蕾は残り三つ。一つの花がどれだけ咲き続けるかわからないけど、明るい春を楽しめそう。

ちなみにネリモーザに気を良くして、新しいクレマチスの苗を2つ買ってきた。
f0115851_135006.jpg
来年までじっくり半分放任しながら待ってると、これらも花を咲かせてくれるかも。テッセンとしか書いてないので花の種類はわからないけど、青い花と白い花のラベル付き。

クレマチスでgoogle

テッセンとかカザグルマとか、の名前でも呼ばれているよう。

p.s.次々に蕾が咲いた。最初の花が一番大きいけれど、三つともきれいに咲いている。
f0115851_1785282.jpg

[PR]
by river_paddling | 2010-04-29 14:02 | 庭弄り
ノルマ=課せられる職務上の達成目標。

中学の同級生が高卒後、大手電器店に就職。営業職として課せられる販売ノルマ。達成できない場合、給与査定に加え、全職員の前での長時間の叱責。店頭で飛び込みの客に売ろうとしても手柄は上司にとられる。ノルマを達成できるか否か、天国と地獄。達成できればボーナスアップにつながるし、達成できなければ叱責。

結局どうするか、人脈をたどっての営業になる。学校の同級生の友達は稼ぎがないのでとても無理。結局、親族に買ってもらうことになる。

しかし、最初の数年はそれで回したとしても、やがて飽和。で、結局ノルマを達成できず、社内での退職圧力がどんどん増して自主退職に。これが典型的な営業職の会社における役割。これって、電器店に限らない。保険なんかもそう。ノルマ達成を自らの営業力で成し遂げる一部の人間が会社に残って猛烈社員として後進にノルマを押し付ける。

そんなことがあったりしたので、学生さんにはそういった職に就くリスクについて、よく話すのだけれど。いわゆるブラック企業といわれてるものと紙一重ですから。で、実は銀行もそうだったという話。就職してまだ10日足らず。与えられたノルマが、新規口座開設○口、クレジットカード契約○口、給与振り込み指定○口、定期預金○円・・・

達成できないと、叱責、泣いても許されない企業社会。

銀行の就職も決して楽な世界じゃない。新入社員はノルマ達成のために親族、友人、それこそあちこちに声をかける。可能な範囲で頑張って、でノルマ達成できなくなって、数年してやめる。銀行は新人採用をどんどん続ける。本人も親も地方とはいえ銀行に就職決まれば喜ぶけれど、採用する新人は持っている人脈分の顧客を集めてくれる使い捨て営業社員というわけ。入社数年の新人は、社内で厳しい叱責を受け、居場所がなくなれば労働争議などやらずに簡単にやめていく。

華やかな内定・就職の裏にはこういった実態があったりする。

でも、これって逆効果じゃないかな。

身内の首切った銀行の口座、いつまでも置いとかない。サッサと解約される。なので、次の顧客探しが必要。という負の連鎖。
[PR]
by river_paddling | 2010-04-10 19:01 | 大学での事
卒業生も追い出して、もとい、無事巣立って行って、新しい4年生をむかえて、新しいテーマを与えて研究をスタートしつつ、のんびりできる時期ですが。講義の開始までの1週間ちょっとのつかの間の休み。それでも、現在の役職だと学内教務関連の仕事が目白押し。ガイダンス関係の担当をやるので、履修の手引きと首っ引きで説明内容を確認する。そして漏れがないように、間違いがないように、これが結構気を使う。

ガイダンスの日程が、履修登録期間が早まって年度明けすぐになってしまったので、休む間が無くなった。ガイダンス資料の作成とガイダンスの説明が終わると、一仕事済んだ気になって、講義開始より大変ですね。

今年は、共通教育の担当が土曜日授業となったので、代休を取らされるらしいのだけど、まだ連絡が来てません。首都圏に住んでた頃は平日に代休取れる、休日はどこに行っても混むので魅力的な面があるけど、松山だと、平日はどこ行ってもガラガラすぎてちょっと不安。休日でも結構川空いてますから。それに、どうせ忙しくて代休と言ってもほとんど大学に出てきてそうだし。

他学部の夜間の学生向けの共通教育の担当なのだけど、何で私に白羽の矢が立ったのかは不明。結構大変そうだ。
[PR]
by river_paddling | 2010-04-02 19:33 | 大学での事