ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

共通教育の夜間向け講義について、受講者が少ないこともあって、一回を実験日としてた。
内容はいろいろと考えたすえ、夏休みに小学生相手にやる予定のドライアイスの実験の予行演習をやってみた。

1kgのドライアイスがどれほど持つのか。
知識だけの実験について、実際にやってみたときの現実と予想のかい離。
いろいろな小ネタでどれくらい時間を使うのか。

そこらへんの再確認と、リアクションを見ての、やる内容の優先順位の調整。

子供向け実験では割り当てが1時間、その中に、最初の注意を含ませたり、終わりのアンケート調査をしたり、というのがあるので、実質の時間は40~50分程度。さらに終わりに爆発事故への注意喚起をせねばならないので、40分コースの実験と考えたほうがよさそう。



ドライアイス・・・触ってみる、冷たい。何度くらい? 熱電対を接触させて温度をみる。マイナス60度程度。-80度程度のはずだけど? 液体窒素に突っ込んだときは-196度を示してたので、固体との接触で行う温度測定の限界か? それでも十分日常の温度より低いというのは理解できるはず。

金属の接触で音がする。大学生になると、一度くらいはどこぞでドライアイスを触ったことがあるようで、乗りが今いち。コインを立てると、コインが動く。リアクションが低い。

NaOHの希薄溶液にフェノールフタレインを入れてドライアイスを入れ、熱電対を入れる。フェノールフタレインの色はすぐに消えて、0度を指してそこで温度低下が止まる。そこでしばらく放置して、氷ができても全体が凍ることは無さげ。

エタノール+ドライアイス。こちらもPETボトルで作った容器でやったせいか、-60度程度までしか温度が下がらない。気にせずに家から持ってきたペチュニアの花を突っ込んでみる。液体窒素と違って冷たいエタノールの切れが悪いので素手で大丈夫かちょっと心配だったけど、凍った花のパリパリ実験は、それほど心配しないでもよさげ。

バケツ内で発生させた二酸化炭素にシャボン玉が浮くかどうか?、二酸化炭素をためるのが不十分だったのか失敗。もう少し時間をかけて貯めたほうがいいのかも?

シリンジにドライアイスを入れて密封。ドライアイスが溶けて液体になったところを観察させて圧力を解放すると再度ドライアイスに。霜状に固化した後は、数回繰り返し。霜状のドライアイスのほうが液化は観察しやすい。相当の圧力になるということを確認させて、いよいよPETボトルロケット。

リアクションをあえて抑えているようにも見えるが? 全員にやらせてみて、それなりに楽しんだそぶりも感じて、最後に、国民生活センターにあったPETボトル爆発実験の動画を見せる。ついでに外国の映像でブロックをぶっ飛ばす実験も。密閉すると危険! 十分注意してだいたい50分。

いい感じのペースでした。



ついでに、この後、高校生の課題実験があるので、最初に余ったドライアイスでPETボトルロケットをやらせてみる。失敗して濡れても、暑いくらいの日差しですから。若いせいか、キャーキャー言って騒いで、ひとしきり楽しんでから課題研究へ。

先週に比べると、だいぶ進歩してる。意外といい線までいくかもしれない?

SEMのPCを修理したので、さっそくSEM観察もやってみた。光学顕微鏡と違った被写界深度の深い、境界のくっきりした、ピントのあう像にそれなりに感動した様子。リアクションがあるとこちらもやりがいはあるのだけれど、時間がかかるのは難。

最後は時間が過ぎていくのを気にしながら、巻いて巻いて、6時半で何とか終了。

来週はどうなりますか?
[PR]
by river_paddling | 2010-05-29 22:41 | 大学での事
うちの大学で恒例の「親子で楽しむ科学実験」@夏休み企画。

小学生高学年を対象に、大学で科学実験を実施して、その楽しさにふれて、科学に関心をもってもらう、そんな趣旨だったはず。今年は、担当として白羽の矢が立った。

色々な実験があるなか、いたずらが好きな人間にとって、最も楽しめるのは、多分ドライアイス。

ドライアイスを前にしてると、色々ないたずらのアイデアが浮かんでくる。ネットを見ると、大体が情報載ってるので、多分、昔どっかで触れた内容を思い出しただけなのかもしれないけれど。というわけで「ドライアイスで遊ぼう」に決定。

ドライアイスにコインを押し付けてみる。できた溝にコインを立ててみる。机の上でドライアイスを滑らしてみる。平らなお皿を手で持って、ドライアイスをひとかけら乗せて止まるようにコントロール。熱伝導や昇華の理解にいい実験になる。

フェノールフタレインで赤くした溶液にドライアイスを入れてみる。酸塩基の理解につながる。

気化したガスの上にシャボン玉を載せると?、気化したガスをローソクの火に流すと?、二酸化炭素ガスの性質の理解につながる。

水や、お酒を冷やしてみる。アルコール度数を高くしていくと?ドライアイスの寒材としての性質の理解。ドライアイス-アルコールの液体寒材を使えば、花を凍らしてパリパリしてみるなんてことも可能。バナナで釘が打てますはちょっと古いか?

PETボトルにドライアイスと水を入れてゴム栓で密閉して発射台へ。シュポーンと飛ぶ、簡易のミニペットボトルロケットに。圧力変化を理解。

食べない、触らない、閉じ込めない、ドライアイスを扱う注意点を説明した後、サイダーを作ろうとして起きた事故例とかを紹介。ついでにコーラにメントスやっても面白いかも?

ドライアイスでアイスクリームなんてネタもあるので、やってみたいけど、衛生上の問題があるしちょっと微妙。

というわけで、ネタはつきず。
それでも予備実験をやって一番楽しかったのは、ペットボトルロケットが予定通り飛んだこと。注意不十分で通行人がいてあわや、の惨事になりかけたことは内緒。ま、ヒラヒラおちてくるペットボトルが当たっても、大人ならそれほどのことにはなりそうにないけど。
[PR]
by river_paddling | 2010-05-20 18:27 | 大学での事
色々な花がありますが、青い花が一番好きなのです。青い花、少ないですけどね。昨年トライして気に入ったのがロベリア。小さい花をびっしりと咲かせてくれる、吊り鉢にも良く合う花です。

昨年度のロベリア
f0115851_1642479.jpg
アップすると
f0115851_1643390.jpg
真中は白の濃い青の花。

今年度のロベリアは吊り鉢と外机の上の木の組鉢に、濃淡二色
f0115851_16435538.jpg

f0115851_1645982.jpg
下の写真の左の白い花はアレナリア・モンタナ。

全景はこんな感じ。
f0115851_1647831.jpg
ピンクを基調にしたゼラニウムが多い中で吊り鉢のロベリアの濃い青がアクセントになります。まだ、花の咲かないアイビーゼラニウムも蕾があがってきました。

来週末位が、春のピークになりそうな予感がします。

まあ、表の花壇はチューリップが終わって、ビオラも弱ってきて、ボチボチ模様替えの時期ではあります。何を植えるか、と悩む前に、撫子がとっても元気を継続中。全部抜いて土を耕して堆肥をすき込んで、というのがやりにくそう。

花壇の話はまた別の機会に。
[PR]
by river_paddling | 2010-05-16 16:51 | 庭弄り
ふと思いついて、1cmマクロ撮影のできるデジカメで撮影した写真。
f0115851_20485333.jpg
さて、何の写真でしょう?





















答えは、携帯電話の液晶表示部でした。

最近の大学はサービス精神旺盛です。高大連携といって、高校生の課題研究の受け入れなんてのもやっています。こういった仕事は、「断れない人」にまわってきます。

とりあえず、ミクロの世界をかんさつする、ということで、LABの電子顕微鏡やら光学顕微鏡やら、色々あるのを使って、身近にあるものを拡大観察する、なんていうお題で、課題研究の計画を立ててもらうために、いくつか観察して面白そうなものの観察実演をやってみました。

実体顕微鏡 携帯カメラの液晶 表示ピッチがモデルごとに異なるのを、生徒の持つ携帯を題材に拡大画像をPCに取り込んで計測して確認する

液晶モニターって、赤青緑の光の三原色が縦横ならんで、適宜透過する光の量を調整して色を出しています。人間の目の分解能以下になると、個別の色を識別できなくなって、合成された色を認識するわけですね。上の写真は、通常のデジカメでのマクロ撮影ですが、ピッチサイズはともかく、いちおう、個別の色の点に分解することはできました。

その他の観察対象は。

ハエとか、ダンゴムシとか、葉っぱの裏とか、紙とか、布とか、結構拡大して表示される絵って説得力を持っています。金属中の成長の様子を拡大してみる、なんてのもやりました。

液体窒素を使う体験実験なども通じて、実験を楽しく、のモットーの下で、初回は軽く。二回目以降は勉強もしつつの難しさがあります。さて、生徒たちはどんな研究計画を立ててくるでしょうか? 楽しみ半分、不安半分です。ゴキブリ観察とかちょっと勘弁だし、それぞれの機器に得意不得意がありますからね。
[PR]
by river_paddling | 2010-05-09 21:01 | 大学での事
f0115851_10564718.jpg
黄色いバラの花が満開。前のオーナーが植えていたバラ。今年で三年目の開花を迎えますが。一年目は蕾があまり上がらなかったけど、昨年と今年はにぎやかに開花してくれています。特にシーズン最初のバラは栄養状態がいいのか大輪の花を咲かせてくれます。シーズンが早いとまだ病害虫の影響もそれほど出ていませんしね。
f0115851_10592019.jpg
開いたばかりの花のアップ。木漏れ日が当たって、背景が暗く沈んでくれて花だけがハイライトされています。

バラの花は結構花持ちしないので、一週間もしたら一旦全部散って、適当に切り戻すと二番花、ってことになります。昨年は、黒星病が広がって、咲くごとに花も小さくなっていきましたので、今年は、消毒を定期的にしたり、肥料を与えたり、蕾の数を適切に制御したりして、うまくコントロールしたいですが、どうなりますか。

ちなみに、ミニバラは一番花が咲く前から黒星病がはびこっています。あまりにひどい鉢は、一旦全部切り戻しましたが、さて、うまく回復してくれるでしょうか。冬の間の消毒は必須なのかもしれませんね。ミニバラに比べると、このバラの木は昨年の台風での枝折れその他、色々ありますが、まだしも強健です。そういった品種なのかもしれませんね。

残念ながら、バラの品種が多すぎて、この木の品種が何なのかは、まったくわかりません。
[PR]
by river_paddling | 2010-05-08 11:07 | 庭弄り
ゴールデンウィークは結局五連休、全部天気が良かったですね。気温もあがって、絶好のアウトドア日より。今年も、仕事が気になって大学にでてきたので、庭弄りが気分転換になりました。

今年の冬は去年より冷え込みが厳しかったでしょうか。冬越しのダメージからの回復がまだボチボチです。それに4月中低温で雨が多かったのも、植物には余り良くなかったかも。

今日はゼラニウムの成長の記録。

f0115851_11342526.jpg
二年前の6月、植えたばかりのゼラニウム。品種もわからず、ゼラニウムというのがどんな花かも良く知らず、とりあえず植えてみた、位の勢い。

f0115851_11355423.jpg
去年のGW。日当たりの関係か、キンモクセイの陰になる手前が成長が遅れがちですが、こんもりと良く成長中。

f0115851_11365653.jpg
去年の最盛期。塀の上のサフィニアとあわせて、明るい花色で演出。

f0115851_11375648.jpg
今年のGW。成長の遅い右端をピンクの鉢植えにしていた株と入替。冬越しで傷んだ葉も枯れた葉とともに整理して。輪紋の丸い葉の品種が三つ。3種の大きさのバランスが良くなりました。

雨がつづいたため、花の痛みが続いていたけど、ここにきてきれいな花が咲いてきました。痛んだ花も整理して。

ちなみに左の二つは品種不明、右端はブラッシングブライド。

f0115851_11511819.jpg
左端はサーモンピンクの花を咲かせます。この写真だけでも蕾がたくさん上がってるのが確認できますね。

f0115851_11521858.jpg
中央のレッド。今のところ一番小さい株になって両端からもおされぎみ。

f0115851_115358.jpg
右端のブラッシングブライド。咲きはじめは白っぽく、日を追うごとに色が濃くなる。ということで、同じ花茎の中に、色違いの花が咲いています。植え替えで成長が止まることも無く、蕾がたくさん上がっています。

中旬には昨年のような最盛期を迎えてくれると期待。
[PR]
by river_paddling | 2010-05-05 12:03 | 庭弄り
我が家の裏は地域の公共の土地があって、コンクリートのよう壁上のコンクリートのテラスと排水溝、細い土の露出した部分。桜の木が植えてあって、ある意味、裏庭ってことになるのだけど、桜って開花時はきれいでも、昼間家にいないし、夜桜見るには寒いし、すぐに散ってしまう。フェンスの向こうで手入れも行き届かず、結局雑草生え放題。

一年目の春はとりあえず、出入りが楽なようにフェンスを取っ払って、降りる段を作り、ヒマワリを植えた。
f0115851_16524460.jpg

排水溝があって殺風景。肥料不足もあって?、害虫の影響も受けて立派とまではいかなくてもそれなりに開花を楽しめた。
f0115851_16402275.jpg

しかし、土は痩せてるし、かたいし、排水溝のおかげで細長く、また排水溝に向かって傾斜してもいる。コスモスの種をまいたら全部水やりの際に流れたらしく、まったく芽が出ず。

で、改造第一弾は、ブロックで排水溝を覆っての、雑草生え放題の隙間の地面の花壇化。ヒマワリの後キバナコスモスを植えた秋の風景。
f0115851_1643225.jpg


さらに、降り口の手前と向こうで雰囲気を変えてみた。桜の咲いてる頃の写真。これは二年目の春。
f0115851_16472051.jpg
手前は花壇として新しい土を入れるのでブロックを土止めにした。奥はカラープレートで溝をふさいで、色のアクセントをつけた。当初この部分何を植えるか悩んだけど、やはり日蔭はシェードガーデン、ということで雑草を抜いて、レンガで土止めを並べて日陰に合う植物を植えたのが、三年目の現在。
f0115851_16562769.jpg
手前の白はスィートアリッサム。昨年まいた種から育った苗からのこぼれダネ。日当たりが悪いのと栄養不足のせいか、それとも手入れが悪いからか、分枝も少なくひょろ長くアップするには不格好すぎるけど、とりあえず咲いている。

クリサンセマム・パルドサム(ノースポール)もほとんど分枝もせずにパラパラと咲いている。

当初イネ科の雑草と思っていたのはどうやらユリらしい。というのに昨年気付いた。一年目一生懸命抜いていたけど根が深く球根なので、頭の草しか毟れない。二年目管理をほったらかしたら大きく伸びて何だろうと思ってるうちに、ユリが咲いた。その種が落ちたのか、今年はユリの芽が多く出てる。

挿し木で根付いたアベリアの斑入り品種と日陰でもひと夏咲いてくれるはずのインパチェンス。それにギボウシやらツルニチニチソウの苗をせっせと植えて、サニー花壇で芽吹いてるキバナコスモスの芽をこっちに移植。どんなガーデンになるのやら?
[PR]
by river_paddling | 2010-05-03 17:05 | 庭弄り