人気ブログランキング |
ブログトップ

松山でアウトドアと園芸&研究

paddler.exblog.jp

カヤック漕いだり山登ったり 最近はまった庭弄り    本業は教育と研究ですが。

娘が幼稚園の発表会の演目の練習といって、家で踊っていたのが「パプリカ」。初めて聞いたとき、何か懐かしいようなメロディーと歌詞。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AB_(%E6%9B%B2)
WIKIPEDIAによると「パプリカ」はNHKの2020応援ソングプロジェクトなるものの歌みたいですね。


>米津玄師の作詞・作曲、プロデュースにより製作。
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会により「東京2020公認プログラム」として認証

>2018年7月19日にYouTubeにてダンスミュージックビデオ公開
>8月10日に世界観ミュージックビデオと称したドラマ仕立ての映像が公開
>楽曲は米津玄師がプロデュース、ダンスの振り付けは辻本知彦と菅原小春が担当。
>2018年8月15日にソニー・ミュージックレコーズのMASTERSIX FOUNDATIONレーベルよりシングルリリース
NHK『みんなのうた』で2018年8-9月の期間に放送。

楽曲名はパプリカの可愛らしい恰好から名づけられており必然性はない


半年以上前に公開された歌でも聞いたのは最近になって。
娘がいなかったら多分、知らないままだったかな。

==================================================
【1番】
曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る
遊び回り 日差しの街 誰かが呼んでいる

夏が来る 影が立つ あなたに会いたい
見つけたのはいちばん星 明日も晴れるかな

パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう
ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ

【2番】
雨に燻(くゆ)り 月は陰り 木陰で泣いていたのは誰
一人一人 慰めるように 誰かが呼んでいる

喜びを数えたら あなたでいっぱい
帰り道を照らしたのは 思い出のかげぼうし

パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう
ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ


会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って
手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら

パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう
ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ
かかと弾ませこの指とまれ
==================================================

この歌に合わせて踊っている娘を見ていたら思わず感傷に浸ってしまった。


オリンピックに向けた応援ソングにしては、そういった意味の歌詞がダイレクトに出ないし、いかようにも解釈できる歌。

NHKのサイトによると

https://www.nhk.or.jp/tokyo2020/song/
<NHK>2020応援ソングプロジェクト
>「あしたにたねをまこう!」というキャッチコピーのもと、2020年とその先の未来に向けて頑張っているすべての人を応援していくプロジェクトです!
>テーマソング「パプリカ」は、そんな多くの人たちの夢を応援する歌として作られました。

>米津さん「子どものころを思い返すことがここ最近の音楽活動に於いて、重要なテーマになっていたところに、ダイレクトに子どもへ向けた音楽を作ることになりました。子どもたちが素直に楽しめるものを作るためには、子どもの目線で生活を省みつつ、まず子どもを舐めないところから始めるべきだと思いました。この曲を聴いた子どもたちが、小さな世界を元気に生きていく為の糧になりますように。」


それでも、この歌詞を見ると、どう見ても親目線での子供の成長を喜ぶ歌。

そして、「楽曲名はパプリカの可愛らしい恰好から名づけられており必然性はない」(WIKIPEDIA)とありますが、パプリカの花言葉は、と調べると、この歌詞を解釈したようなサイトばっかりが見つかりますが、同情、哀れみ、海の利益、君を忘れない。


君を忘れない、忘れない君は、娘のこと。

十数年後、娘が巣立っていった後、娘の成長を振り返ってる自分が想像できてしまう。


最初の部分は1番も2番も幼い子どもと一緒に過ごした日々の断片。

>曲りくねり はしゃいだ道 青葉の森で駆け回る
>遊び回り 日差しの街 誰かが呼んでいる

>雨に燻(くゆ)り 月は陰り 木陰で泣いていたのは誰
>一人一人 慰めるように 誰かが呼んでいる

一番は、夏休み、キャンプに連れて行ったのか、泊まりでどこかに出かけたのか、親の実家に帰ったのか。その時の一場面。
二番は、少し大きくなった娘が友達と遊びに出かけて、にわか雨で雨宿り、帰れなくてべそかいてたところをママ友と迎えに行く、そんな場面。
「誰か」は親のこと。自分か、かみさんか。


次のパートは、記憶をたどっていくきっかけ、今のふとした情景が過去の記憶とシンクロし、改めて娘に対する気持ちを実感する。

>夏が来る 影が立つ あなたに会いたい
>見つけたのはいちばん星 明日も晴れるかな

>喜びを数えたら あなたでいっぱい
>帰り道を照らしたのは 思い出のかげぼうし

娘が巣立って残された親、夕方の帰宅時ある時、伸びた影が壁に立ち上がった光景から、娘と過ごした日々がよみがえる。
それは、夏の夕方、影を追うように娘と帰る道すがら、伸びた影が壁に立ち上がり面白いと笑いあった日の記憶。一番星を一緒に探した記憶。

記憶が次々呼び覚まされて、遠く離れた娘に会いたい、その思いを強くする。
そして、記憶をたどると喜びの記憶はいつも娘といっしょだった。
ただのバカ親。


サビは親から巣立って頑張っている娘へのエール。

>パプリカ 花が咲いたら 晴れた空に種を蒔こう
>ハレルヤ 夢を描いたなら 心遊ばせあなたにとどけ

妊娠したという報告を受けてのことなら、種は自分から孫へ世代を超えた命の繋がりをダイレクトに示したものになるし、何か人生の節目のような吉報に対してのエールかもしれない。


>会いに行くよ 並木を抜けて 歌を歌って
>手にはいっぱいの 花を抱えて らるらりら

娘が困ったときはいつでも助けに行く、娘が頑張ることには全力で応援するし、娘にいいことがあったらお祝いに駆けつける、常に子供を応援する親の気持ちそのまま。


>かかと弾ませこの指とまれ

最後に、幼い子供の記憶に戻って終わり。
子どもがどんなに大きくなっても、親の意識の中では幼い昔の姿のまま。

こんな感じのバカ親的解釈。

そして、夜中に持ち帰った仕事をしながら、時々youtubeを聴いてみる。


で、娘が家で踊ってたのは、幼稚園で他のグループのやる演目で、実際に娘がやったのは劇だった、というおち。


# by river_paddling | 2019-02-20 23:39 | 日常 | Comments(0)
XPが比較的安定していたので、研究室では基本XPを利用していました。特にVISTAの評判があまりよろしくないこともあって、VISTAにダウングレードでXPを載せて、利用したり、7に同じくXPを載せて、ということもしたり。

おととしから7のパソコンを7のまま使うようになったけれど、ここにきての研究室のPC事情は、教員は7を使用、学生用PCは7を入れたのが3台で残りはすべてXP。

ただし、このXPのうちいくつかは7のダウングレードしたもの。7のインストールディスクを見つけ、データをすべてバックアップした後で、OS入れなおしで、なんとかXPサポート停止問題を新規買換えなしで対応できました。

PCのOS入れなおし、結構な手間でしたが、データのバックアップのほうがもっと手間だったり。さらに、研究に必要な個別のソフトの入れなおしも結構大変で、シェアウェアの登録キーの確認だったりとか、普段整理していないと結局家探し状態で進めました。

新規買換えはなかったんですが、実は、出先用のPCも画面の小さいノートでは辛くなってきたので、少々重くても画面の大きさを重視したPCに買い替え。8って、従来のWINDOWSとだいぶ設計思想が違うようで、慣れるまでは違和感を覚えまくりでした。
# by river_paddling | 2014-04-13 14:18 | 大学での事 | Comments(0)
最近はPENTAXのK-mという一眼レフカメラを利用していました。

K-mは発売当時「APS-Cサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラとして、世界最小」として登場。ニコンとキャノンが支配するデジ一市場の中でニッチ的な位置付け。

f0115851_23165682.jpg


K-m デジタル一眼レフカメラ RICOH IMAGING

2008年10月に発売されたモノを価格のこなれた2009年に購入。

ダブルズームレンズのキットを買って、それなりに愛用してきたのだけど、娘が生まれて室内で撮影するようになると、不満もいくつか。

標準のレンズが18-55mmでf3.5-5.6と少し暗めで素子はCCD。赤ちゃん相手にストロボをたくことはできないので、屋内の撮影では高感度で遅いシャッタースピードという条件になり、娘が動いてるとすぐぶれるし、ノイズものった仕上がりになってしまいます。

ということで、明るいレンズを買い足すよりも、明るいレンズのコンパクトカメラを探すとよさげなのがいくつか。

f2.0より明るいレンズで裏面照射型CMOS素子のカメラを探すと

OLYMPUS STYLUS XZ-10 いいレンズをつけた望遠域でも明るいコンパクト一眼、ただし素子サイズは1/2.3型
ニコン COOLPIX P330 ニコンのレンズを乗っけたコンパクト一眼、1/1.7型価格もこなれてる
PENTAX WG-3 GPS 防水・耐衝撃機能付き、1/2.3型でもリモコン機能あり 価格的にもこなれてる
CANON PowerShot S110 暗所撮影での高評価の多いカメラ

価格的にはこのくらいがターゲットの中、数年後には娘が使うことを考えると、WG-3が最良と判断して早速購入。

f0115851_23302720.jpg


ちょっと使った感じでは、明るいレンズのおかげと、CMOSの効果、それと5年の時代の流れの中で画像エンジンの進化もあるのか、屋内での撮影は一眼レフのK-mよりもよくなっています。

明るいところでは素子サイズの違いもあるし、K-mのほうがいいだろうけれど、今後は手軽に持ち運べて、レンズも明るいWG-IIIに全面的に移行していくかも。

WG-3GPS RICOH IMAGING

色々機能があるので少しずつ利用していきたいと思います。GPSlog機能も旅行の記録づくりにはよさげです。
# by river_paddling | 2013-12-22 23:37 | Comments(0)
4月、桜の後に咲く花で我が家で一番鮮やかなのがコデマリ。

背丈を超えるような大株になり一面に花をつけてくれました。
f0115851_2153394.jpg


開花時はこんな感じ。
f0115851_2154280.jpg


数十の花が固まって咲いて、それが枝一杯に咲くのですごい華やかになります。
f0115851_2155296.jpg


かみさんも気に入って、通販でほかの植木を買うついでにコデマリも買い足しました。

しかし買い足したコデマリはなぜか八重咲でした。
f0115851_21552012.jpg


八重咲は八重咲でかわいいけれど、かみさんは一重が好みだそうです。

一重については、買い足すのも大変なので挿し木でふやすことにしましょう。
# by river_paddling | 2013-05-03 21:57 | 庭弄り | Comments(0)
f0115851_11431337.jpg

予定日前からもうすぐ生まれそうといわれながら、三週間、予定日を過ぎて少しじれてくるGW、夕方帰るといつもの張りと違う感じ、とかみさん。

夜中に陣痛、となって、病院へドライブ、即入院。

始めのころは、長丁場だから今のうちに休んどこう、などと余裕もあったけど、だんだんと痛みが増してくるようで。

それでもずっとがまんしてるかみさん。

講義で二時間ほど大学に行って戻ってみると、苦しそうなかみさん。

看護士さんを呼ぼうかといっても、いい、といいながらの一時間は横にいて辛くなるくらい。

そのあと、分娩室に移動して、あれよあれよという間に、赤ちゃん誕生、となりまいた。

赤ちゃんは検診のエコー通り女の子。

3000gちょっとで大き目とはいっても、小さい、かわいい。

かみさんも赤ちゃんも元気でした。

そんな赤ちゃんの写真を載せるわけにもいかないので、ピンクに咲いたグランドカバーのクリーピングタイムの写真。

この季節、一面にピンクの花が咲いて絨毯のようになります。
f0115851_11331391.jpg


咲き始めはこんな感じ。
f0115851_11343113.jpg


満開近く。
f0115851_11345374.jpg

f0115851_1135675.jpg


ぼちぼち刈り込まないとどんどん厚みを増していき、また広がっていくのですが、雑草よりはまし、というのがグランドカバーですね。
# by river_paddling | 2013-05-03 11:37 | 庭弄り | Comments(0)
庭いじりを始めて、庭に植えたいなと思ったのがこの花。
f0115851_19591431.jpg

シャガという春に咲く花。

里山なんかには自然に生えてるそうですが、ホームセンターやよくいくお花屋さんでもまず売ってません。

結局おととし購入しましたが、花の季節が終わった後。

去年はいろいろと忙しくて開花を楽しむこともなく、ってか、咲いてたっけ?、くらいの感じですぎてしまい。

桜の木の下の株が立派に育って今年は花が次々に。
f0115851_2013471.jpg


アジュガとならんで咲いています。
f0115851_2045086.jpg


一日で終わる花ですが、花茎にたくさん蕾がついて、次々に咲いていきます。
f0115851_2035023.jpg


まあ、なんといいますか、地下茎で、どんどん広がるところは、どうやらミントと同じだそうで。

桜の木の下でよかったかな。

庭に植えて暴走されたら大変だから。

といいつつ、庭の狭い区画に植えた一株は、地下茎から育つ小さい芽があちこちから出てきて、植え替えが必要そうです。

GWはほかの場所も含めて庭仕事で過ごすつもり。

f0115851_2035931.jpg

# by river_paddling | 2013-04-26 20:08 | 庭弄り | Comments(0)
3月下旬から庭も花が咲きだして明るくなってきました。

冬中咲いていたプリムラ・ジュリアン、もうぼちぼちシーズンオフになりそう。
f0115851_21293787.jpg


3月に咲き始めたのがユキヤナギ。真っ白できれいです。正確には庭の外ですが植えたのは私なので。
f0115851_21302098.jpg
f0115851_21302544.jpg

我が家の庭に咲いていると言ってもいい距離感の桜。咲き始めは白い感じだけど
f0115851_21311337.jpg

満開になるとかなりピンクを帯びてくる感じです。
f0115851_21315721.jpg


チューリップもきれいに咲きました。
f0115851_2132315.jpg


ひっそりと咲いているやつもいます。ローズマリーも香だけじゃない・・
f0115851_21363718.jpg

そしてグランドカバーとしてひっそりと咲いているのがツルニチニチソウ。どんどんと広がって結構主張を始めてます。
f0115851_21334841.jpg

そしてアジュガ。庭には根づかなかったけど、桜の木の下に居場所を見つけた模様で濃い青の花を咲かせました。
f0115851_21345974.jpg


昨秋の植え替えでジャノメエリカは根が傷んだのか今年は花を開きませんでしたが、根づいてくれるでしょうか。

それでも4月になって落葉樹が新芽を吹いて、宿根草も芽を出して、そして4月の花が咲き始めています。

今年はどんな花が咲いてくれるでしょうか。
# by river_paddling | 2013-04-17 21:41 | 庭弄り | Comments(0)
研究室の学生がBBQがしたいというので、家で使っていたBBQコンロを持っていきました。

カメラを持って行ったついでにお花の写真をいくつか。

以前、家のゼラニウムを挿し木でふやしたときに、おすそ分けしたもの、立派に大きくなって、本家の自宅のより立派に育っています。蕾もいっぱい上がってるので来週や再来週には花いっぱいになりそう。
f0115851_20185046.jpg


BBQ会場予定地近くのフラワーポットには赤い豪華な花。葉っぱの付き方はチューリップみたい。
f0115851_20161227.jpg


BBQ会場の奥、光を透かしてきれいな花は?、と思って近づくとアイフェイオンが群生していました。こいつも自宅ではなかなか定着してくれなくて、母の家では元気に咲いている・・
f0115851_20212611.jpg


午後から火をおこしてBBQ開始。会場はこんなところ。学生さんが写ってるけど、サイズ小さくして人が識別できないのでいいでしょう。
f0115851_202216.jpg


最初は肉ばっか。若さだね。
f0115851_20225146.jpg


焼けるとわっと群がるのがしばらく続き・・
f0115851_20232857.jpg


焼けても焼けても肉が出てきて、野菜も少々。
f0115851_2024844.jpg


さすがに三時を回るとお肉もつきて、お開きに。

アイフェイオンの群生も日陰になっていました。
f0115851_20245864.jpg


またやりたいというので、BBQコンロは研究室に置いておくことにして、片づけて終了。

酔っぱらった後でバイトに行くという学生もいてちょっと心配をしつつも、暖かく、涼しい風も吹いて、なかなかいい感じで楽しめました。

ちなみに、今回はかみさんは家で待機でした。
# by river_paddling | 2013-04-13 20:28 | 大学での事 | Comments(0)
かみさんがピクニック用のランチを作ってくれて、総合公園のお花見に行ってきました。

10時過ぎに出発して、家の周りの桜もきれいなのですが、今日は総合公園へ。

午前中の早い時間に駐車場に着いたので、普通に止めれました。

駐車場から少し歩くと、桜が広がります。
f0115851_19484947.jpg


駐車場もほぼ満車。ちょっと遅れたらとめるのに苦労したかもしれません。
f0115851_19512922.jpg


駐車場回りの桜もきれいですが、ちょっと上って桜の広場手前。
f0115851_1952821.jpg


桜の広場は、外周の遊歩道と生垣に桜がきれい。
f0115851_19525355.jpg


芝生の中に入ると桜の木の下はどこもビニールシートを敷いた家族連れや団体さん。幸いにして端のほうに空いてる桜の木を見つけて、われわれもその下に、ビニールシートを敷きました。

見上げると桜の花の向こうは青い空。
f0115851_1955031.jpg


芝生の緩いスロープが広がってその向こうは桜。ほかの団体さんも適度に遠くで、二人でのんびりとピクニックを楽しみました。サンドイッチうめぇ。
f0115851_1956033.jpg


帰ろうとして敷物を引き上げると早速次の方が我々の跡地に入ってきました。

食後は桜の広場を一周。
f0115851_19564467.jpg


無駄にバカ騒ぎしたりする団体もほとんどいないし、危険な遊びをする若い団体もいない、小さい子を連れたファミリーや爺婆含む三世代連れが多く、妊婦さんも安心して楽しめますし、子どもが小さいうちは安心して遊びにこれそうです。

もっと混雑するかなとも思ったけど、適度な混み具合。

なぜかなというのは帰りにわかって、帰りは、総合公園の入り口から桜の広場の駐車場まで駐車待ちの列ができてました。

駐車場の大きさが公園の人口密度を制限しているのですね。

まあ、午前中から行ってよかったです。

出遅れたら、たぶん、駐車待ち渋滞に巻き込まれ、ピクニックを楽しむどころじゃなかっただろうし。

帰りは、石手川の土手を通って、薄墨桜で有名な西法寺に寄りました。

ソメイヨシノは満開でも、淡墨桜はまだ咲きはじめ。

それでも八重の花弁はなかなかかわいいのでした。
f0115851_20282643.jpg


家ではリビング正面の桜を見ながら夕食。

一日桜を満喫しました。

ちなみに我が家のリビング正面の桜はこんな感じ。意外と桜の名所にも負けてない桜の景色が楽しめるのでした。
f0115851_2023564.jpg

# by river_paddling | 2013-03-30 20:09 | 山登り・旅行 | Comments(0)
昨日、4月から助教として着任予定の若者とかみさんと三人で七折梅林に向かいました。事前情報では満開とのこと。

先週と比べて気温も高く暖か。黄砂の影響かなんか霞んでいますが。

到着したときの道沿いの梅の木もほとんどが満開となっていて華やか。

早咲きの梅はもう盛りを過ぎている感じですが、遅咲きの梅が一気に咲いて梅の花のトンネルがあちこちに。
f0115851_212092.jpg

先週はまだ蕾がほとんどだった白い梅が満開で山の斜面を白く染めます。
f0115851_213610.jpg

人はいっぱいですがちょっとしたタイミングで人の入らない写真が撮れます。
f0115851_214018.jpg

どこまでも続く梅の花。
f0115851_2141985.jpg

上のほうの斜面も
f0115851_2145088.jpg

下のほうの斜面も梅の花。
f0115851_215898.jpg

展望台もなかなかの混雑。山の斜面に広がる梅の花がきれい。
f0115851_2153160.jpg

ちょっとした広場に休憩もできそうな太い切り株。
f0115851_215431.jpg

ぐるっと一周するコースはのんびり歩いても一時間程度。
f0115851_2161057.jpg

素晴らしい景色でした。
f0115851_216318.jpg

枝枝にはたわわに梅の花。
f0115851_2164555.jpg

下に降りると駐車場は満杯で路肩にもずらっと駐車の車が。なかなかの人出でした。

帰りはそのまま伊予市に抜ける峠道へ。のぼりの斜面から、梅林がよく見渡せました。ちょっと霞んでいるのはきっと黄砂のせい。
f0115851_2165863.jpg


途中昼食をたべて、若者を空港まで送り届けて、その後、なんか花粉症がひどくなったので、家で少し寝ることに。

いや、こんなにすごい梅林だとは思いませんでした。先週の寒い中の花見も楽しかったけど、温かく満開の梅林もよかったです。来年も来れるといいな。
# by river_paddling | 2013-03-10 22:14 | 山登り・旅行 | Comments(0)